現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

空母いぶき(2019)

それは今、日本で起こるかもしれないこと

映画『空母いぶき』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『空母いぶき』の動画リンクへ。

かわぐちかいじ原作のベストセラーコミック「空母いぶき」を、西島秀俊と佐々木蔵之介の共演で実写映画化。国籍不明の軍事勢力から攻撃を受ける中、それぞれの立場で国民の命と平和を守るためにギリギリの瀬戸際で奔走する者たちの姿を描く。美術は原田満生と江口亮太。世界が再び「空母の時代」に突入した20XX年。海は国の均衡を最前線で見守る、空母の戦場でもあった。その平和の静けさはいきなり消えてしまう。日本の最南端沖で国籍不明の軍事勢力が領土の一部を占拠し、それだけでなく、海上保安庁の隊員を拘束する事態が発生。かつてない緊張感が増していき、関係各所は状況の変化を見つめるだけでなく、選択も迫られる。未曾有の緊張感に包まれる中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とした護衛艦群を、渦中の現場に派遣するが、その艦内でも一触即発の人間模様が起こっていた…。

原題:空母いぶき / 製作:日本(2019年) / 日本公開日:2019年5月24日 / タイム:134分 / プロダクション: / 配給:キノフィルムズ 

『空母いぶき』新予告映像【90秒ver.】(5月24日 全国ロードショー)

(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞

●無料で見るなら!

  • 大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。ポイントの量にもよりますが、最大で映画1本を無料鑑賞できるので、実質フリーな気持ちに。

●安く見る方法は他にも!

  • コレを見ると自分の中であらかじめ事前に決まっている。そんなときは「ムビチケ」。通常料金よりもお得な価格でチケットを事前に購入できます。確実に観たい映画には便利です。
  • 鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズ・レディースデイ、ポイントサービスもあり、常に何かしらの割引を受けられることが多いです。劇場によって異なるので事前の確認を忘れずに。

▼『空母いぶき』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
いつ何が起こるかわからないのが戦争の怖さであり、その恐怖を植え付ける映画はとても大事な意味があります。そんなセンセーショナルで話題騒然の映画をフルビデオでシネマ体感するなら、非常に便利な動画配信サービスを駆使しましょう。ネット上で映画を観るのは体験が劣ると心配するかもしれませんが、今ではハイクオリティで楽しめるので無問題。むしろスマホからテレビまで自由自在の再生環境で満喫できるのでマッチしやすい意味では劇場より上です。

「無料」は全て初心者のため!
しかも、ユーザーにはハッピーです。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

これは危険!
違法サイトは使ってはいけません。それで「空母いぶき」の再生はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

どれを選べばいい?
NEWな作品からOLDな作品までVODは勢揃い。配信作品数もどんどん増加中で目移りするほどです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者の「これを観たい」と熱望する作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「空母いぶき」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。情報は基本的に記事更新日(ページ上部に記載)の状況をベースにしていますので、目安にするにはじゅうぶんな材料です。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フリムビ2は無意味な誘導リンクはゼロです。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「空母いぶき」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。意外に簡単に解決するかもしれません。

邪魔な広告は無し!
他サイトでは嫌な思いをすることもあります。その点、フリムビ2は安心安全をモットーに、「空母いぶき」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

原作もついでに見よう
漫画や小説を映画化した作品動画を見た後に「原作も見てみたいな~」と思ったことはありませんか? でもわざわざ本屋に足を運んで原作を探したり、ネットオンラインショップで漁るのも面倒だったりします。そういうシチュエーションでもVODは大きなサポートができます。動画を鑑賞したら、そのままの流れで原作も電子媒体で読むことができる機能を備えたものも登場。すべての動画と電子書籍を作品ごとに紐付けることでシームレスなエンタメ体験を実現しているので、経験すれば病みつきに!

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「空母いぶき」の鑑賞体験をSNSで拡散してみんなで大盛り上がりできます。

『空母いぶき』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『空母いぶき』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:若松節朗(関連作品:『柘榴坂の仇討』)
脚本:伊藤和典、長谷川康夫
撮影:柴主高秀
音楽:岩代太郎

★俳優(キャラクター)
西島秀俊(秋津竜太)、佐々木蔵之介(新波歳也)、本田翼(本多裕子)、小倉久寛(田中俊一)、高嶋政宏(滝隆信)、玉木宏(瀬戸斉明)、戸次重幸(淵上晋)、市原隼人(迫水洋平)、堂珍嘉邦(有澤満彦)、片桐仁(藤堂一馬)、和田正人(岡部隼也)、石田法嗣(葛城政直)、平埜生成(柿沼正人)、土村芳(吉岡真奈)、深川麻衣(森山しおり)、山内圭哉(浮船武彦)、千葉哲也(山本修造)、金井勇太(井上明信)、中井貴一(中野啓一)、村上淳(中根和久)、吉田栄作(沢崎勇作)、佐々木勝彦(沖忠順)、中村育二(城山宗介)、益岡徹(石渡俊通)、斉藤由貴(晒谷桂子)、藤竜也(湧井継治)、佐藤浩市(垂水慶一郎)、伊達円祐(和田正幸)、岩谷健司(一ノ瀬隆)、今井隆利(飯野智司)

★コメント
・佐々木蔵之介「これは戦争映画ではなく、平和を守るための作品とプロデューサーから言われて参加を決めました。撮影中は、戦闘と戦争の違いや専守防衛の難しさなどを考える機会があって。自分の普段の生活では、いろいろなことが見えていなかったんだなと気付きました」

★『空母いぶき』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.0 ??? 3.5
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『空母いぶき』の反応

●無料ホームシアター 
もし戦争が間近に迫ったら映画を観ている暇ではないかもしれないが、その映画で戦争を疑似体験して、このシチュエーションでの判断の難しさを頭悩ますことも可能。それぞエンターテインメントの強力な武器であり、ミサイル以上の破壊力を持っている。世論を壊して、その土台から揺さぶる力が映画なのだ。爆弾など使わなくても、私たちは劇場でその怖さをわかる。抑止力は要らない。その恐ろしさを痛感できる方法はいくらでもあるのだから。
●Mコメンテーター 
ナショナリズムが高まるこのご時世、「いざ」という時が来たらどのように行動すべきかという考えたくない問題にしっかり向き合わせる。そういった思考を巡らすという意味ではこの映画が公開された意義はあったのかもしれないし、今でも例の飛翔体がポンポン飛んでくるし、トップ会談も行われているし、いつでも何かが動き出すことはある。そんな事態を見せつける価値でじゅうぶんじゃないか。この空母は揺れ動く日本の縮小版なのだろうか。
●VIDEOEYNY 
論争の多い作品ですが、少なくとも言えるのは実在の総理をバカにはしていませんでしたよ。見もせずに批判した人たちは土下座すべきです。むしろ総理が常識人になっているぐらいです。別の問題は、あれ。色々言われているコンビニシーンに対して、最初は私も正直「?」と思いましたが、これもこれでOKか。国民の様子と表情を描くために必要だったのではないかという気持ちになるし、なんだかああいうしょうもないことしているのも日本ですよね。