現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

貞子(2019)

来る、きっと来る…また来ました

映画『貞子』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『貞子』の動画リンクへ。

Jホラーブームの火付け役となった世界的ヒット作「リング」シリーズに登場するホラーアイコン・貞子が巻き起こす恐怖を、シリーズ第1作などを手がけた中田秀夫監督のメガホンで2019年に再び描いたホラー。恐怖はいつの時代もやってくる。心理カウンセラーの茉優は、警察に保護された1人の少女を担当することになるが、その子は重度の心理的閉鎖状態にあり、時間がかかりそうだった。全ての記憶を失い自分の名前すら言えない空白を抱えた少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女の周囲で不可解な出来事が起こり始める。一体何が起きているのか、原因はさっぱりだった。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介の薦めで流行のYouTuberとなった茉優の弟・和真は移ろいの早い流行に乗り遅れないように再生回数を稼ぐため、注目を集めることをしようとする。そこで考えたのが心霊スポットめぐり。5人の死者を出したいわくつきの団地の火事跡に忍び込んで、インパクト大の心霊動画を撮ろうとするが…。

原題:貞子 / 製作:日本(2019年) / 日本公開日:2019年5月24日 / タイム:99分 / プロダクション: / 配給:KADOKAWA 

映画『貞子』本予告/呪いは、投稿動画から

(C)2019「貞子」製作委員会


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞

●無料で見るなら!

  • 大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。ポイントの量にもよりますが、最大で映画1本を無料鑑賞できるので、実質フリーな気持ちに。

●安く見る方法は他にも!

  • コレを見ると自分の中であらかじめ事前に決まっている。そんなときは「ムビチケ」。通常料金よりもお得な価格でチケットを事前に購入できます。確実に観たい映画には便利です。
  • 鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズ・レディースデイ、ポイントサービスもあり、常に何かしらの割引を受けられることが多いです。劇場によって異なるので事前の確認を忘れずに。

▼『貞子 2019』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
退屈な日常に飽き飽きしている人はいませんか。それだったら怖い気持ちになれる刺激的な映像でお楽しみ時間を満喫しましょう。そんなセンセーショナルな恐怖映画をフルビデオでシネマ体感するなら、動画配信サービスをネット上でじっくり鑑賞するのもいいです。さすがに劇場でこういう映画を観るのは人目を気にするので嫌だという人もいます。でもネットなら安心。スマホ、パソコン、テレビ、自由な視聴スタイルで鑑賞できるので無問題でOKです。

「無料」で感謝!
しかも、希望のコースがここに。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

これは危険!
違法サイトは使ってはいけません。それで「貞子2019」の再生はダメです。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

どれを選べばいい?
NEWな作品からOLDな作品までVODは勢揃い。配信作品数もどんどん増加中で目移りするほどです。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信スタートする新鮮な作品から、終了するものまで実にガラリと変わってしまいます。「貞子2019」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示バナー画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

登録情報は最小限
登録は素早く、簡潔に。あとはクレジットカードの支払い情報を入力するのみですが、これを登録したからといってすぐに料金が発生するわけではなく、あなたが初回お試しの条件を満たしているなら、そのまま無料で使い始めることができます。思っている以上にお手軽。あとは「貞子2019」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

広告ブロックに気をつけて
広告ブロックはトラブルも多いです。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「貞子2019」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを普及させることの方が、有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「貞子2019」合法視聴方法を拡散しましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「貞子2019」の鑑賞体験をSNSで拡散してみんなで大盛り上がりできます。

『貞子 2019』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『貞子』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:中田秀夫(関連作品:『殺人鬼を飼う女』)
脚本:杉原憲明
音楽:海田庄吾

★俳優(キャラクター)
池田エライザ(秋川茉優)、塚本高史(石田祐介)、清水尋也(秋川和真)、姫嶋ひめか(少女)、桐山漣(藤井稔)、ともさかりえ(祖父江初子)、佐藤仁美(倉橋雅美)

★コメント 
・池田エライザ「監督は一つ一つ演出される方で、叫ぶにしても監督がまず先にお手本をやってくださるんです。ずっと部屋の隅で泣いていても誰も話しかけずに放っておいてくれて、すごくやりやすかったです」

★『貞子』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
2.2 ??? 2.6
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『貞子』の反応

●無料ホームシアター 
貞子さんはなんでもやる人。アイドル活動もするし、タレントとしてテレビにも引っ張りだこ。何をさせても文句を言わずに黙々と仕事をする。できることはなんでもやる。それがこの貞子のワークスタイル。そして、久しぶりに自分がホラー映画出身だと思いだした。2019年に映画に帰ってきたのである。それにしても懲りない。定番すぎてギャグに近いのにまたあの曲で歌で、やらかしてしまったのである。これはもう一度芸能活動してくれないとな。
●Mコメンテーター 
田秀夫が監督だから期待したが「貞子3D」や「貞子VS加代子」よりもグッとドラマ重視になったぶん、弾けてはいない。ノーマルになった。大げさに音楽と効果音であおり、わざとらしいシーンを連発するのは、それしか芸はないのかも。無惨に貞子に登場人物が殺されていく理由がよくわからない人はアホだ。理由なんてあるか。これはそういう義務なのです。私たちが呼吸するように貞子はIT時代にも対応して好き勝手できるのです。働き方改革です。
●Bジャーナリスト 
物語のキーとなるのはYoutube。みんな知っているあの動画サイトがターゲット。きっと動画拡散は容易だろう。貞子のデビュー作となった「リング」が98年。世の中の様相も変化したのに、誰にも言われることなく、シリーズは続々と作られ、怪談は生き続けるというエンドレス。池田エライザがみれればOKというよこしまな気持ちもズバリ言い当てられ、しかしエロ方面はないので、そこはセーブしつつ、オーソドックスなホラームービーになった。
●VIDEOEYNY
この映画のプロモーションで、貞子のパロディ化がより進んで、なんかそれが悪い方向に階段を落ちるように滑っている気がしてならない。主役を演じた池田エライザさんは、なんと風疹に罹患して、舞台挨拶等のイベントを全部欠席することになってしまうという、貞子の呪いと言いたい現象も起きたし、とりあえず場を整った。声を上げるほどではない恐怖なので、きっと初心者でも大丈夫。でもマニアにはキツイかもしれないので、そこは生暖かい目で。