現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

クリード 炎の宿敵

「クリード」シリーズ第2弾

「ロッキー」シリーズを新たな主人公アドニスの物語として復活させた「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。ロッキーの指導の下、世界チャンピオンに上り詰めたアドニスは順調に勝ち進めていた。しかし、かつて父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターと対戦することになり、気持ちが揺らぐ。結果、ヴィクターの反則行為により試合は終わったものの、納得のいく勝利を飾ることができなかったアドニスは、さらに精神を乱していく。やがて婚約者のビアンカが出産して父親になったアドニスは、ロッキーから父親という存在の大切さを諭され、しばらく一線から遠のくことにする。そして「ボクシングこそが自分そのもの」とはっきり気づいたアドニスは、ヴィクターとの全てを決める再戦を決意する。

原題:Creed II(「クリード2」) / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2019年1月11日 / タイム:130分 / プロダクション: / 配給:ワーナー・ブラザース / 前作:『クリード チャンプを継ぐ男

映画『クリード 炎の宿敵』本予告【HD】2019年1月11日(金)公開

(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞

●無料で見るなら!

  • 大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。ポイントの量にもよりますが、最大で映画1本を無料鑑賞できるので、実質フリーな気持ちに。

●安く見る方法は他にも!

  • コレを見ると自分の中であらかじめ事前に決まっている。そんなときは「ムビチケ」。通常料金よりもお得な価格でチケットを事前に購入できます。確実に観たい映画には便利です。
  • 鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズ・レディースデイ、ポイントサービスもあり、常に何かしらの割引を受けられることが多いです。劇場によって異なるので事前の確認を忘れずに。

▼『クリード 炎の宿敵』の無料動画は見れる?▼

熱狂的なファンを抱えて絶大な支持を集めているような作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんな燃えたぎる熱さを持ったホットな映画をお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信は旧作を見るのに最適。シリーズを一気に振り返ることができますし、一挙配信していることもあるので便利。さらに劇場公開作品の映画館料金を安くすることも可能。なかにはタダになる割引クーポンをもらえるものもあります。

利用料は親切設計。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法サイトは使ってはいけません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

NEWな作品からOLDな作品までVODは勢揃い。配信作品数もどんどん増加中で目移りするほどです。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「クリード 炎の宿敵」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

字幕でも吹き替えの悩みはこれで終わり。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「クリード 炎の宿敵」の面白さの発見につながるかもしれません。

試写はマニアには狙い目の方法です。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。

『クリード 炎の宿敵』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『クリード 炎の宿敵』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:スティーブン・ケイプル・Jr.
脚本:シルベスター・スタローン、ジュエル・テイラー
撮影:クレイマー・モーゲンソー
音楽:ルドウィグ・ゴランソン

★俳優(キャラクター)
マイケル・B・ジョーダン(アドニス・クリード)、シルベスター・スタローン(ロッキー・バルボア)、テッサ・トンプソン(ビアンカ・テイラー)、フィリシア・ラシャド(メアリー・アン・クリード)、ドルフ・ラングレン(イワン・ドラゴ)、フロリアン・“ビッグ・ナスティ”・ムンテアヌ(ヴィクター・ドラゴ)、ウッド・ハリス(トニー・“リトル・デューク”・バートン)、アンドレ・ウォード(ダニー・“スタントマン”・ウィーラー)、ブリジット・ニールセン(ルミドラ・ドラゴ)、ラッセル・ホーンズビー、マイロ・ビンティミリア

★『クリード 炎の宿敵』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.7 83% 66
映画.com Yahoo! Fm
4.0 4.03 4.1
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『クリード 炎の宿敵』の反応
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑鋭い批評が炸裂。

●無料ホームシアター 
こんなもん泣くに決まってんだろうがぁぁ! 感動なんてレベルじゃない。体中の水分が欠乏する。脱水症状が危機的な深刻さ。私はロッキーにどれだけH2Oを奪い取られればいいのだろうか。ロッキーの物語でもあり、クリード家の物語であり、ドラゴ父子の物語。ロッキーシリーズで何度も何度も語られてきたテーマが作品を重ねるごとに重度の重さを帯びてくる。これはただのファンムービーではない。完全な伝説であり、神話だ。見届けろ!
●Cレポーター 
シリーズをたくさん続けると、一般の映画館客がついてこれないこともある。でもこの作品はそうなってはいない。ロッキーの歴史とか、クリードの背負うものとか、ドラゴの因縁とか、そんなものはわりと知る必要はない。なぜなら映画内でじゅうぶんに濃厚に語られているから。知識として知る必要はない。この映画に考察は必要ないのである。だからこれは「ロッキー8」という一作ではない。完璧に独立したひとつの対決として理解すればいい。
●STREAMANGO 
泣いた、震えた、雄たけびをあげた。文句を言う奴はかかってこい。映画時間が長いって? じゃあ、さっさと映画館を出ろ。殴り合いに耐えきれない根性のないやつは床で倒れていればいい。過去作を観るのは面倒くさいって? 誰が見れと言った? その前にこの一作と真剣に向き合え。黒人が主人公は嫌だって? お前の肌を白く塗ってろ。ハンカチやティッシュが足りないって? 私もだよ! 全国のクリードファン、ロッキーファンよ、雑魚は殴れ!