チャトラパティ / Chatrapathi(Chhatrapati)

「バーフバリ」監督&主演がおくる隠れた名作

インド映画で日本でも大好評で人気を集めた「バーフバリ」のS・S・ラージャマウリ監督と主演のプラバースが2005年にタッグを組んで作られたアクション・ドラマ・ムービー。スリランカの海岸で暮らす、同じ父を持つ二人の男。彼らには激動の運命が待っていた。

原題:Chatrapathi / 製作:インド(2005年) / 日本未公開: / タイム:165分 / プロダクション:Sri Venkateswara Cine Chitra / 配給:Kalpi Creations 


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼『Chatrapathi』の無料動画は見れる?▼

個性がとにかく際立ち、一度観たら忘れられない体験を与えてくれる映画はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するのがよいかもしれません。ネット配信ならばレンタル店でDVDを借りる苦労も必要なし。場合によっては公式で一般の動画サイトにフル動画がアップロードされているものもごくまれにあります。ただ、高画質で鑑賞するのならばやはり再生環境のあるサービスが一番です。

失望することはありません。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法サイトは使ってはいけません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信スタートする新鮮な作品から、終了するものまで実にガラリと変わってしまいます。「Chatrapathi」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示バナー画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フリムビ2は無意味な誘導リンクはゼロです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

こんな方法があるのは知っていますか。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。

フリムビ2は作品リスト機能も完備。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「ウォッチリストに登録」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。「Chatrapathi」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

『Chatrapathi』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『Chatrapathi』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:S・S・ラージャマウリ

★俳優
プラバース、シュリヤ・サラン

★『Chatrapathi』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.6 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? ??
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『Chatrapathi』の受賞
「Nandi Awards」で助演女優賞と音楽監督賞を受賞。

★『Chatrapathi』の反応

●無料動画ワールドシアター 
「マガディーラ 勇者転生」「あなたがいてこそ」「マッキー」「バーフバリ 伝説誕生」「バーフバリ 王の凱旋」といった名作という名の伝説を次々と打ち立て、国境を超えて日本人さえも魅了してしまう魔法のパワーを持ち、その名をとどろかせたS・S・ラージャマウリ監督が2005年に製作したこの映画は、やはり共通するプロットと精神性を持ちながら、圧倒的な善と立ちふさがる悪の対立を通して、観客の心を湧き立たせる力を秘めていました。
●Mコメンテーター 
あのプラバースがサメと戦っているのですよ。映像はひと昔前のアニメでもないような超シュールな絵面になっていますが、でもサメであることには変わりありません。こんなサメバトルを繰り広げていたのか。サメ映画もびっくりですね。それ以外はそこまでの意表を突くようなセンスはない…と思いきや、まあいろいろでてくるのです。映像的なインパクトはそこが一番かもしれないですし、最終的に記憶に残るのはそれが全てであったとしてもね。
●Bジャーナリスト 
これは監督のスキルに完全に頼っている映画です。全部のフィルモグラフィがそうかもしれませんが。その褒めるべき瞬間はあるのですが、後半には速度が落ちるスクリプトが観られたとしても、優れたバックグラウンドスコア(これまでで最高のものの1つと断言できます)と主演俳優による非常に良いパフォーマンスによって補われたことで、プラスマイナスゼロです。振付、戦いの順序、そしてセットは息をのむようなもので、一見の価値ありです。