岸辺の旅(2015)

カンヌが称賛!監督賞受賞作

湯本香樹実による同名小説を黒沢清監督が映画化し、深津絵里と浅野忠信が主役となる夫婦を演じたドラマ。3年前に夫の優介が失踪した妻の瑞希は、その喪失感を経て、ようやくピアノを人に教える仕事を再開した。こうして人生に再び生きがいを取り戻しかけた、ある日、突然帰ってきた優介は「俺、死んだよ」と瑞希に告げる。「一緒に来ないか、きれいな場所があるんだ」との優介の言葉に瑞希は混乱をしながらも2人で旅に出る。それは優介が失踪からの3年間にお世話になった人々を訪ねていく、過去をめぐる旅だった。旅の中でお互いの深い愛を改めて感じていく2人だったが、瑞希が優介に永遠の別れを伝える時は刻一刻と近づいていた。

原題:岸辺の旅(Journey to the Shore) / 製作:日本・フランス(2015年) / 日本公開日:2015年10月1日 / タイム:128分 / プロダクション: / 配給:ショウゲート 

映画『岸辺の旅』予告編

(C)2015「岸辺の旅」製作委員会/COMME DES CINEMAS


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】
LINK9【Gyao】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▼Gyao(登録必要なし)

▼『岸辺の旅』の無料動画は見れる?▼

様々な葛藤や苦悩を抱えながら前を向いて生きていこうとする主人公を描く作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんな個性の強いドラマチックな映画をフルビデオでシネマ体感するなら、動画配信サービスを活用してみましょう。ネット配信はメリットも多く、レンタル店でDVDを借りるようにわざわざ店に行かずともOK。加えて貸し借りの煩雑な作業もありません。ウェブサイトにアクセスして確認するだけです。中には登録も要らないサービスもあります。

お金の心配はそこまで必要はないです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法サイトは使ってはいけません。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

号泣必須な作品からハイテンションな作品までVODは感情をグラつかせます。見過ぎて眠れなくなっても知りません。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「岸辺の旅」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「岸辺の旅」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。決済方法は自由に選択可能。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

配信終了日時はおおまかにわかりますので、フリムビ2でも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。「岸辺の旅」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

『岸辺の旅』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『岸辺の旅』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:黒沢清(関連作品:『Seventh Code』)
脚本:宇治田隆史、黒沢清
撮影:芦澤明子
音楽:大友良英、江藤直子

★俳優(キャラクター)
深津絵里(薮内瑞希)、浅野忠信(薮内優介)、小松政夫(島影)、村岡希美(フジエ)、奥貫薫(星谷薫)、赤堀雅秋(タカシ)、千葉哲也、藤野大輝、松本華奈、石井そら、星流、いせゆみこ、高橋洋、深谷美歩、岡本英之

★『岸辺の旅』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.3 57% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.2 ??? 3.4
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『岸辺の旅』の受賞
第68回カンヌ国際映画祭のある視点部門で監督賞を受賞。

★『岸辺の旅』の反応

●無料ホームシアター 
カンヌの受賞も当然だと思うくらい美しいラブ・ストーリーだといえるでしょう。物語の根底に愛を重んじた心が存在し、その切なさと儚さを丹念に描き、お得意の視覚的な映像表現も駆使する。家族の崩壊しうる脆さを描くという点では、ある意味、いつもの黒沢清監督らしさでもある恐怖映画とも解釈できる。この絶妙なバランスが今作は非常に良い。監督の個性が最も落ち着きながらもにじみ出るような作品は、これが初ではないか。
●Cレポーター 
この映画がカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した時、これは外国人には理解できるのかという意見がありました。しかし、こういう作品こそ国や宗教の枠を超えて、人の心に刺さると思います。どんな国にも家族は存在します。家族を重視しない国は存在しません。そんな家族の最小構成である夫婦を描くわけですから、共感はされるでしょう。しかも、深津絵里と浅野忠信のセリフなどの説明的ではない演技によって言葉を超えて伝わる共感性を増している。
●VIDEOEYNY 
観るのに集中力が必要です。普通の家族ドラマではありません。ポスターの浅野忠信と深津絵里が寄り添う写真。2人の人間の愛のストーリーなんだろうと感じたら予想外の展開でびっくりです。色鮮やかな服を着ている死者の夫と対照的に、妻はグレーの服を着ているあたりに、メッセージ性がある気がしますし、これは日本の死生観を反映しているところも多いので、海外では理解されるのかと思ったのですが、ちゃんと評価する声があるようですね。