まほろ駅前多田便利軒

バツイチ男二人、なんでもひきうけます

三浦しをんによる直木賞受賞作を、大森立嗣監督が映画化し、瑛太と松田龍平が主演したドラマ。東京・町田市をモデルとした架空の地方都市“まほろ市”を舞台に、便利屋を営む多田と同級生の行天が、一筋縄ではいかない顧客たちからの無理難題を痛快に解決する日々を描く。2人は、ある事件に関わることで自らの抱える忘れられない過去と正面から向き合うことになる。

原題:まほろ駅前多田便利軒 / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年4月23日 / タイム:123分 / プロダクション: / 配給:アスミック・エース / 次作:『まほろ駅前狂騒曲』

映画『まほろ駅前多田便利軒』予告編

(C)2011「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】
LINK9【Gyao】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▼Netflix(1か月無料)
▼Gyao(登録必要なし)

▼『まほろ駅前多田便利軒』の無料動画は見れる?▼

色々な葛藤を乗り越えながらも自分なりに生きていく姿を描く作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのは今ではスタンダードではなく、ネット配信が主流になっています。店にいかなければいけない理由はもうありません。ウェブサイトにアクセスして動画を見るだけ。動画サイトと同じような感覚で自由にいつでも利用できます。

しかも、ユーザーにはハッピーです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者の「これを観たい」と熱望する作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「まほろ駅前多田便利軒」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「まほろ駅前多田便利軒」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。決済方法は自由に選択可能。クレジットカードを1枚も保持していない人でも残念がる必要はなく、代替手段も用意されています。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

お試し期間はフル1か月か、月末か。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「松田龍平」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

『まほろ駅前多田便利軒』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『まほろ駅前多田便利軒』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:大森立嗣(関連作品:『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』)
脚本:大森立嗣
撮影:大塚亮
音楽:岸田繁

★俳優(キャラクター)
瑛太(多田啓介)、松田龍平(行天春彦)、片岡礼子(ハル)、鈴木杏(ハイシー)、本上まなみ(三峯凪子)、柄本佑(山下)、横山幸汰(由良)、梅沢昌代(山下の母)、大森南朋(囲炉裏屋亭主・山田)、松尾スズキ(シンちゃん)、麿赤兒(岡)、高良健吾(星)、岸部一徳(早坂)

★『まほろ駅前多田便利軒』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.5 ??? 3.6
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『まほろ駅前多田便利軒』の反応

●映画の無料動画で夢心地 
瑛太と松田龍平の雰囲気でなんとか持ち堪えた印象で、バランスがかなりグラつくものの、悪くはない。というか彼らのオーラを思う存分味わうためにある作品なのだとしたら最高の逸品ですし、じゅうぶん需要に答えている。「美しい肺を汚してしまえ、それが生きるということだ」多田はその信念の通り、美しい青空の下、薄暗い事務室、軽トラックの中、どんな場所でも彼らは気持ちよさそうに自分の意志でタバコを吸い続け、すなわち生きるのです。
●Cレポーター 
大きな事件が起きるわけではなく、いかにも連作短編を原作にした映画という感じで、ドラマ性は弱いかもしれないが、好きな人はハマる。相変わらずセリフ回しが独自路線を突っ走る松田龍平は雰囲気だけで強引に押し切った感じ。そんな彼の異様な存在感が映画を支配しています。この俳優の魅力に気づけない人は、目がないですね。今は実力派になっているのに。それに対して瑛太は実に普通。そこが彼の上手いところなんだろうなと痛感できます。
●Sアナリスト 
お困りごとはアフターケアも万全の多田便利軒へ。映画版の続編として、まほろ駅前シリーズ第2作「まほろ駅前番外地」をテレビドラマ化したのが2013年。そこから戻ってこの映画を知った人もいるのでは。映画が先行しているのは今では変わった事例かも。高良くん演じる星くんの活躍がもうちょっと欲しかったけど、原作の雰囲気はまったくといっていいくらい壊されてなかったと思う。そして多田さんのラッキーストライクにはやっぱりしびれるね。