きみの鳥はうたえる

きみの鳥はうたえる

この夏がいつまでも続くような…

作家・佐藤泰志の同名小説を、柄本佑、染谷将太、石橋静河ら若手実力派俳優の共演で映画化した青春ドラマ。函館郊外の書店で働く“僕”と、一緒に暮らす失業中の静雄、“僕”の同僚である佐知子の3人は、夜通し酒を飲み、気ままに踊り、互いに笑い合う。微妙なバランスの中で成り立つ彼らの幸福な日々は、決して永遠ではない。いつも終わりの予感とともにあった。

原題:きみの鳥はうたえる / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年9月1日 / 上映時間:106分 / 製作会社: / 配給:コピアポア・フィルム 

【無料動画】

「きみの鳥はうたえる」 予告編

(C)HAKODATE CINEMA IRIS


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら懸命に生きようともがく人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く使いましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信のほうが動画を簡単に見れるのも事実。パッケージディスクを手にする前に、一度下調べとしてウェブサイトにアクセスするというステップだけで時間の無駄を省けます。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「きみの鳥はうたえる」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。ご存知のとおり、比較的扱いの大きい作品では試写が開催されており、事前に申し込んでおけば抽選でウォッチする機会を手に入れることができます。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。

VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フリムビ2でも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。忘れないようにしましょう。

『きみの鳥はうたえる』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:三宅唱(関連作品:『密使と番人』)
脚本:三宅唱
撮影:四宮秀俊
音楽:Hi'Spec

★【キャスト(キャラクター)】
柄本佑(僕)、石橋静河(佐知子)、染谷将太(静雄)、足立智充(森口)、山本亜依(みずき)、渡辺真起子(直子)、萩原聖人(島田)、柴田貴哉、水間ロン、OMSB、Hi'Spec

★【インタビュー】
・三宅唱監督「この小説で僕が一番魅力的だと感じたのは、行きつけのバーで、みんなでサッカーをしたりしながら過ごすものすごく長い一夜だった。どこにでもありそうだけど特別な夜が描かれているんですけれど、それを説明的に撮ることはしたくなかった。そこにあるかけがえのない時間の手触りみたいなものを映画ならではの手法でどう表現するかを考えた時に、自分ならクラブで踊っている時間が撮れると思えたんです」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.0???/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
日本邦画界がここまでガラパコス化してしまったなんて嘆く人もいるが、生命の多様性を象徴する島の価値をわかっていない人間が、この映画の魅力を理解できるわけはなかった。普段はずっと家畜かペットとしか過ごせていない現代人には手が届かないような、純真な映画がここにあった。もっとこの世界を知りたい、もっとこの感情を理解したい、そうやって願いたいと思った想いをどこか心の奥にしまっておきたい。大切な一本になった。
●映画の無料動画で夢心地 
映像に美しさはつきものだが、この作品は別格だった。薄青の夜空、オレンジ色の街灯なんてのも素晴らしいが、決定的に痺れたのは石橋が染谷たちと自由に遊んだ夜、終電か何かで帰る夜の、道路に設置された誘導灯という何気ないライト。気の置けない関係だからこそ生まれる、饒舌に尽くしがたいささやかな幸福感とふわふわと漂うように生きる3人の気負わない佇まいは映画にしか再現できないものであり、記憶に残る。年間ベストに入る映画。
●VIDEOEYNY 
アートと呼ぶのは恥ずかしい蛾、でも芸術としての日本映画が産業としての日本映画にマネーパワーで押し潰されないために、日本映画が世界と真摯に戦っていくために、そんな指針を提示されたような気がした。日本映画の本来の良さってこういった"何気無さ"にあるのだ。そこには安直な評価をはねのけるような未踏の自然な原生林が広がる。そこに暮らす鳥に私は惹かれている。モラトリアムな映画とは表現できない何かだ。不思議な体験でした。