オーソン・ウェルズ IN ストレンジャー

オーソン・ウェルズのナチス追跡

「市民ケーン」でおなじみのオーソン・ウェルズ監督による戦後第1作となる、ナチス残党狩りの攻防を描くフィルムノワール・サスペンス。ナチ残党狩りに人生をかけて執念を燃やす戦犯聴聞会委員長ウィルソンは、故意に収容所所長だった“青い目の小男”マイネックを釈放して泳がすことを企む。目的は収容所の考案者で米国に潜入している高官フランツ・キンドラの逮捕であった。偽造パスポート屋にその所在を訪ねた小男は、コネチカットの田舎町ハーパーを訪れる。

原題:The Stranger(「謎のストレンジャー」「ザ・ストレンジャー」) / 製作:アメリカ(1946年) / 日本公開日: / タイム:95分 / プロダクション:International Pictures / 配給: 

Public Domain


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】
LINK9【Archive】パブリックドメイン

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▼Netflix(1か月無料)

▼『オーソン・ウェルズ IN ストレンジャー』の無料動画は見れる?▼

名作として長年語り継がれている映画はそれだけの価値があることが観ればすぐにわかります。そんなレジェンド級の映画をお得に見る方法は色々あります。まずはそれがパブリックドメインかどうかを確認しておきましょう。そうであれば著作権が切れているので、ネットにアップロードされた動画を合法的に観れます。日本語サポートが欲しいのならば、動画配信サービスを使うのも手でしょう。安定した再生環境で比較的画質の良い状態で視聴できます。

利用料は親切設計。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法サイトは使ってはいけません。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

号泣必須な作品からハイテンションな作品までVODは感情をグラつかせます。見過ぎて眠れなくなっても知りません。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「オーソン・ウェルズ IN ストレンジャー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

こんな方法があるのは知っていますか。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。

お試し期間はフル1か月か、月末か。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「エドワード・G・ロビンソン」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

『オーソン・ウェルズ IN ストレンジャー』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『オーソン・ウェルズ IN ストレンジャー』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:オーソン・ウェルズ(関連作品:『偉大なるアンバーソン家の人々』)
脚本:オーソン・ウェルズ、アンソニー・ヴェイラー
撮影:ラッセル・メティ
音楽:ブロニスラウ・ケイパー

★俳優
エドワード・G・ロビンソン、オーソン・ウェルズ、ロレッタ・ヤング、フィリップ・メリヴェイル、リチャード・ロング、バイロン・キース、ビリー・ハウス

★『オーソン・ウェルズ IN ストレンジャー』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.4 96% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? ??
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『オーソン・ウェルズ IN ストレンジャー』の反応

●無料ホームシアター 
白黒の映像が本当に綺麗。キンドラーが電話ボックスのメモ帳にハーケンクロイツの落書きをしているのがちょっとした笑いを誘うなど、第2次世界大戦後の対立構造の名残を感じる。息を飲ませる程のフィルムノワールらしい陰影の使い方を魅せ、演技面では名優オーソン・ウェルズ演じるランキンやエドワードGロビンソン演じるウィルソンが対峙していく緊迫のストーリーに酔いしれることができるので、今みても存分に楽しめるのは間違いない。
●Mコメンテーター  
影の使い方とか長回しとかカメラワークとかオーソン・ウェルズの映画はなんとなく考えることなく見てるだけでも面白い。犯罪について語ったエマーソンの名言という、展開を暗示させる名言をさりげなく出すところがオーソンウェルズらしい。鏡や時計台を使っての暗示もあるように思えて、映画を分析して考察するのが好きな人は頭をフル回転できるのではないか。息を飲む程のシルエット演出に見惚れるなど、芸術的なセンスに何度も唸らされる。
●OPENLOAD  
大量虐殺理論を打ち立てたナチス党員キンドラー。オーソン・ウェルズ自身が、アメリカの田舎町に隠れ住むナチの残党を演じている。彼を追う戦犯委員ウィルソンとの攻防を描く当時のことを考えればリアルもあったであろうサスペンス。とくに冒頭は光と影をつかったフィルムノワールっぽい映像が時代を超えても魅力を放つ。オーソン・ウェルズの本気じゃない感はあるが傑作なのは疑いようがないし、ストレンジャーのとおり、不思議なテイストもある。