現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

ヘイト・ユー・ギブ / The Hate U Give

私は闘うと決めた

アルジー・トーマスが2017年に発表した小説「ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ」を原作とした、白人社会の中で生活してきた黒人少女が、黒人の幼馴染が警官に射殺されたのをきっかけに立ち上がるドラマ。16歳のスター・カーターは2つの世界で暮らしていた。カーター家のあるガーデン・ハイツは低所得者層の黒人が多く暮らす地域だったが、スターの通う私立学校は富裕な白人たちが多く通う学校であり、全く環境は違った。ある日の夜、スターは近所のパーティーに参加し、そこで親友のカリルと歓談した。パーティーの後、スターはカリルの車で帰宅することにするが、道中、カリルは警官に呼び止められる…。

原題:The Hate U Give(「ザ・ヘイト・ユー・ギヴ」) / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2019年4月(DVDスルー) / タイム:129分 / プロダクション:State Street Pictures / 配給:20世紀フォックス 

『ヘイト・ユー・ギブ』3.13[デジタルロードショー]スタート

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼『ヘイト・ユー・ギブ』の無料動画は見れる?▼

さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら社会に立ち向かうために動き出す人間にスポットをあてた作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信であれば、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単というのは認知されていますが、実は作品のバラエティも充実していて、ここでしか見られないような珍しい作品も揃っているので要チェックです。

失望することはありません。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

号泣必須な作品からハイテンションな作品までVODは感情をグラつかせます。見過ぎて眠れなくなっても知りません。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ヘイト・ユー・ギブ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が記録されたサービスをレコメンドしてバナーで掲示しています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

試写はマニアには狙い目の方法です。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。

VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ヘイト・ユー・ギブ」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。そこまで難しくもないです。

『ヘイト・ユー・ギブ』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ヘイト・ユー・ギブ』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ジョージ・ティルマン・ジュニア(関連作品:『ロンゲスト・ライド』)
脚本:オードリー・ウェルズ、ティナ・マービー
撮影:ミハイ・マライメア・Jr
音楽:ダスティン・オハローラン

★俳優(キャラクター)
アマンドラ・ステンバーグ(スター・カーター)、レジーナ・ホール(リサ・カーター)、ラッセル・ホーンズビー(マーヴェリック・カーペンター)、KJ・アパ(クリス)、アルジー・スミス(カリル)

★『ヘイト・ユー・ギブ』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.9 96% 82
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? ??
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『ヘイト・ユー・ギブ』の反応

●無料ホームシアター 
リアル社会でのホワイトウォッシングに焦点を当てた黒人女子高校生の話で、日本では全然なじみがないだろうが、これは今の世の中に確実に起こっている問題なのだ。そして、きっと形を変えて今の日本社会にも存在している。だから常に自分の周りならどうするかを考えるべきだ。2pacの歌詞の引用など、人種という根深い問題が提示されて、しっかりその社会に刻み込むだけの力になっているのがこの映画の素晴らしさだ。私たちに届いている。
●Cレポーター 
ヤングアダルト小説が原作ながらも、ライトなことは全くない。設定は実にリアルかつ重いし、何も感じていない心にずしんとくる。非常に見た後は深く思考させられた。差別したことがない、差別されたことがない、そんな人間がこの世界にいると思うだろうか。もしそんな夢みたいなことを思っているなら、その無知な視野を破壊したほうがいい。「どうしたらこの暴力の連鎖から逃れられるか」という問いかけにつながっていく先の答えはここにはない。
●STREAMANGO 
名演だった。本当に拍手したい。良いものを見せてもらった。ありがとう。ヒロイン演じるアマンドル・ステンバーグの表情の繊細な変化だけで、このテーマを語るのにじゅうぶんだし、複雑な社会環境な変遷が浮き彫りになる前半1時間が素晴らしいとしか言いようがない。クライマックスでの誰もがハッとさせられる帰結には確かな、それこそ銃弾で撃たれたようなインパクトで心を揺さぶられた。私がバカだった。これからはマシでいたい。