斬、ざん(2018)

斬、

なぜ人は人を斬るのか

塚本晋也監督が、池松壮亮と蒼井優を迎えて描いた自身初の時代劇で、海外でも高く評価された作品。250年にわたって続いてきた争いのない平和が、開国か否かで大きく揺れ動いた江戸時代末期。江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄される浪人の男と周囲の人々の姿を通し、容赦なく突きつけられる生と死の問題に迫る。

原題:斬、 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年11月24日 / 上映時間:80分 / 製作会社: / 配給:新日本映画社 

【無料動画】

映画『斬、』予告編

(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

●劇場公開映画を無料で見るならコレ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。

●劇場公開映画を安く見る方法は他にも!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼無料動画を見る方法▼

日本人にとってのスピリットともいえる要素が詰まった時代劇はそれだけの魅力がキャラクターや世界観に詰まっているものです。そんなエネルギッシュな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するのが良いです。ネット配信なので便利さを痛感している人は多いですが、実は劇場公開作を観るうえでも役に立ちます。割引クーポンをポイントで交換できるものもあり、最大でタダで映画館チケットが手に入るのでチャンスは見逃せません。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「斬、」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

動画配信サービスを使わなくても映画を合法的に無料で見られる場合があります。これはその作品がかなり昔の映画の場合に限って使える手法です。その作品がパブリックドメインであれば、実はネットにアップロードされたフル動画を視聴しても何ら問題はありません。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更するのも効果的な手です。

『斬、』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:塚本晋也(関連作品:『野火』)
脚本:塚本晋也
撮影:塚本晋也、林啓史
音楽:石川忠

★【キャスト(キャラクター)】
池松壮亮(都築杢之進)、蒼井優(ゆう)、中村達也(源田瀬左衛門)、前田隆成(市助)、塚本晋也(澤村次郎左衛門)

★【インタビュー】
・塚本晋也監督「構想自体は20年ぐらい前からあったのですが、具体的にそろそろ作りたいなと思ったときから、池松さんしか頭にはなかったです」
・池松壮亮「3週間ご一緒して、まさに真のインディペンデント作家だと思いました。塚本さんの人生、発言からモノづくりまで。そこにセクションはなく、みんなで映画作りのことを考える。モノを作る重みを感じざるを得なかった」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.0???/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第75回ベネチア国際映画祭でコンペティション部門に出品。

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
一文字のタイトルに全てがこもっている。人を斬らねばならぬという生まれながらの運命をうまく受け入れることができず、恐れ、葛藤するというシチュエーションにおかれた侍の話。これは現代に置き換える意味もある。戦うのか、戦わないのか、戦争の火が近づいている雰囲気を感じると監督も語るように、世界は選択を迫られている。侍は今の時代にこそいるのだ。あなたの手にも刀がある。人を斬ればその手は血で汚れる。その意味をわかっているか。
●映画FUN  
刀はカッコいいものではない。殺しの道具だ。肉体が壊れるグロテスクさに真正面から向き合い、その工程が持つ本来の生々しさ、死の空気を漂う不気味さを突きつけてくれるのが前作「野火」であり「斬、」であるように思う。人を斬ること」を本当の意味でしっかり理解していたら、杢之進くらいの拒否反応がある方が正常なんだろうし、ひとつの防衛本能ともいえる。いつも私たちに現代の暴力性を直視する覚悟があるのかと問いかけるのだ。
●VIDEOEYNY  
本物の時代ドラマだった。劇と呼ぶのはふさわしくない。幾度の時代劇の中で刀を使うアクションを起こした所でわざとらしい「ニセモノ」のフィルターがかかってしまい「対決」も単なる「チャンバラ」に見えるというのは経験がある。邦画の剣ごっこには観飽きた。オープニングからタイトルが表示され、そこからはもう身動きひとつできないままに映画の魔力に釘付けになる。そんな凍り付いた殺人の世界へあなたを誘うこの映画はやはり本物だ。