現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

斬、ざん(2018)

なぜ人は人を斬るのか

塚本晋也監督が、池松壮亮と蒼井優を迎えて描いた自身初の時代劇で、海外でも高く評価された作品。250年にわたって続いてきた争いのない平和が、開国か否かで大きく揺れ動いた江戸時代末期。江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄される浪人の男と周囲の人々の姿を通し、容赦なく突きつけられる生と死の問題に迫る。

原題:斬、 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年11月24日 / タイム:80分 / プロダクション: / 配給:新日本映画社 

映画『斬、』予告編

(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞

●無料で見るなら!

  • 大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。ポイントの量にもよりますが、最大で映画1本を無料鑑賞できるので、実質フリーな気持ちに。

●安く見る方法は他にも!

  • コレを見ると自分の中であらかじめ事前に決まっている。そんなときは「ムビチケ」。通常料金よりもお得な価格でチケットを事前に購入できます。確実に観たい映画には便利です。
  • 鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズ・レディースデイ、ポイントサービスもあり、常に何かしらの割引を受けられることが多いです。劇場によって異なるので事前の確認を忘れずに。

▼『斬、ざん』の無料動画は見れる?▼

日本人にとってのスピリットともいえる要素が詰まった時代劇はそれだけの魅力がキャラクターや世界観に詰まっているものです。そんなエネルギッシュな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するのが良いです。ネット配信なので便利さを痛感している人は多いですが、実は劇場公開作を観るうえでも役に立ちます。割引クーポンをポイントで交換できるものもあり、最大でタダで映画館チケットが手に入るのでチャンスは見逃せません。

しかも、ビギナーにもラッキーです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

違法サイトは使ってはいけません。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

NEWな作品からOLDな作品までVODは勢揃い。配信作品数もどんどん増加中で目移りするほどです。でも、少し注意です。「思い切って登録したけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないように充分に慎重に留意しけなければなりません。「斬、」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

こんな方法があるのは知っていますか。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「斬、ざん」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。意外に簡単に解決するかもしれません。

『斬、』&他作を確かめるには上記のリンクへ

★『斬、ざん』の受賞
第75回ベネチア国際映画祭でコンペティション部門に出品。

★『斬、ざん』の反応
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑鋭い批評が炸裂。

●無料ホームシアター 
一文字のタイトルに全てがこもっている。人を斬らねばならぬという生まれながらの運命をうまく受け入れることができず、恐れ、葛藤するというシチュエーションにおかれた侍の話。これは現代に置き換える意味もある。戦うのか、戦わないのか、戦争の火が近づいている雰囲気を感じると監督も語るように、世界は選択を迫られている。侍は今の時代にこそいるのだ。あなたの手にも刀がある。人を斬ればその手は血で汚れる。その意味をわかっているか。