現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

ハード・コア(2018)

不器用だけど真っすぐな男です

山田孝之と佐藤健が兄弟役を演じ、伝説的コミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を実写映画化。あまりにも純粋で不器用なために世間になじめずに生きてきた男・権藤右近。そんな損をしている彼は、群馬の山奥で怪しい活動家の埋蔵金堀りを手伝って日銭を稼ぐのが日課。心優しい仕事仲間・牛山だけが心を許せる相手だった。右近の弟でエリート商社マンの左近は、そんな2人の無為で自由な日々を歯がゆい気持ちで眺めるだけであった。ある日、右近と牛山は、牛山が暮らす廃工場で、古びた1体の変わったロボットを見つける。多少は工学に詳しい左近が調べると、実は現代科学すらも凌駕するハイテクなロボットであることが判明。彼らはロボットと不思議な友情を築いていく一方で、その技術の高い能力を使って巨額の埋蔵金を密かに発見してしまう。

原題:ハード・コア / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年11月23日 / タイム:124分 / プロダクション: / 配給:KADOKAWA 

映画『ハード・コア』11/23公開 予告編

(C)2018「ハード・コア」製作委員会


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞

●無料で見るなら!

  • 大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。ポイントの量にもよりますが、最大で映画1本を無料鑑賞できるので、実質フリーな気持ちに。

●安く見る方法は他にも!

  • コレを見ると自分の中であらかじめ事前に決まっている。そんなときは「ムビチケ」。通常料金よりもお得な価格でチケットを事前に購入できます。確実に観たい映画には便利です。
  • 鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズ・レディースデイ、ポイントサービスもあり、常に何かしらの割引を受けられることが多いです。劇場によって異なるので事前の確認を忘れずに。

▼『ハード・コア』の無料動画は見れる?▼

日々の日常の中でいろいろな葛藤や苦悩を抱えつつも懸命に泥臭く生きる人間模様に焦点をあてた映画はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスがオススメです。ネット配信なので、旧作を見るのに使っている人は多いはず。でも実は劇場で映画を観るのにも便利です。毎月貰えるポイントで割引クーポンと交換して映画館のチケットを最大でタダにできるサービスも存在するのでお見逃しなく。

しかも、ビギナーにもラッキーです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法サイトは使ってはいけません。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

NEWな作品からOLDな作品までVODは勢揃い。配信作品数もどんどん増加中で目移りするほどです。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全部同一ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「ハード・コア」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

『ハード・コア』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ハード・コア』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:山下敦弘(関連作品:『映画 山田孝之3D』)
脚本:向井康介
撮影:高木風太
音楽:Ovall

★俳優
山田孝之(権藤右近)、佐藤健(権藤左近)、荒川良々(牛山)、石橋けい(水沼多恵子)、首くくり栲象(金城銀次郎)、康すおん(水沼)、松たか子(バーの女)、藤原季節

★コメント
・山田孝之「原作を読んで、話や展開が単純に面白いなぁと思ったんです。実は僕が知った時にはもう絶版になっていたので、こんなに面白いものがあるんだよって、友だちとかに勧めるような感覚です」

★『ハード・コア』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.3 ??? 3.4
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『ハード・コア』の反応

●無料ホームシアター 
山田孝之は好きだと自信を持って言える人のために贈る、完全な山田孝之色全開のムービーです。こういう作品が本当に似合っているし、映画のキャラに寄せるというよりは、キャラを自分から生み出してしまうタイプですよね。これぞ天才型。「家族なんていらねえ、俺たちは空だって飛べるんだ」の言葉どおりの奔放さで閉塞感を打開しているようなしていないような、そんなどっちつかずの中途半端の男たちをしかとその目で見届けよって感じです。
●Mコメンテーター 
山田孝之のやりたいこと詰め込んだ感じ満載。謎に濡れ場が多いのは趣味なんですか。青年漫画の実写にしてはクオリティも青年漫画って感じで個人的には好きだし、変に大作ぶらないのがいい。奇想天外なストーリーもさることながら、こんなの無理だと観客も匙を投げるような救いのない悪趣味な笑いのセンスがいちいちツボにハマるので本当にこれはピンポイントすぎる。イケメン佐藤健も会社のオフィスで女子社員をバックから突きまくるゲスさを発揮。
●Sアナリスト
主人公たちの顔が笑えるくらい原作にそっくりそのまま似ているので、漫画読んでない人はぜひ試しに読んでみてほしい。もう瓜二つだから。セックスシーンで笑いが起きるという奇抜な体験を初めてしました。連載時から愛読者だったと語る山下監督。映画化の企画も5年越しというから、昨今の舐めた漫画実写化とは覚悟が段違い。自らプロデュースしている山田孝之ともども原作への情熱が窺われて、狩撫麻礼への追悼としてふさわしい作品だろう。