オペラの怪人(1925)

オペラの怪人

伝説となった恐怖が開幕する

ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」を原作に、映画史に残る名作となったサイレント・ホラー映画。パリ国立オペラにてシャルル・グノーの「ファウスト」公演から新たなシーズンが開幕した。フィリップ・シャニュイ伯爵と弟のラウル・シャニュイ子爵がそれを観劇していたが、ラウルは恋人クリスティーヌ・ダーエが歌うのを聴くためだけに来ていた。オペラ座史上最高の評判となったものの、経営陣が突然退任する。彼らは新たなマネージャーたちに5番ボックス席を占有する怪人「オペラ・ゴースト」などについて語るのだった。

原題:The Phantom of the Opera / 製作:アメリカ(1925年) / 日本公開日:1925年9月 / 上映時間:107分 / 製作会社:Jewel Productions / 配給:ユニバーサル・ピクチャーズ 

【無料動画】
Public Domain


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV
VOD9【Archive】パブリックドメイン

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

名作として批評家からも高く評価され語り継がれている作品はそれだけの価値があるもの。そんな王道の傑作としても面白い映画をお得に観るなら、いろいろな方法があります。そのひとつが、パブリックドメインかどうかを確認すること。そうであれば著作権を気にする必要はないので、ネットにアップロードされた無料の動画を好きに観ることができます。もちろん、日本語のサポートが必要ならば、動画配信サービスを利用するのもありです。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「オペラの怪人」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

『オペラの怪人』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:ルパート・ジュリアン
撮影:ミルトン・ブライデンベッカー、ヴァージル・ミラー、チャールズ・ヴァン・エンガー
音楽:グスタフ・ハインリヒ

★【キャスト】
ロン・チェイニー、メアリー・フィルビン、ノーマン・ケリー、アーサー・エドマンド・ケアウィ、ギブソン・ゴウランド、ジョン・セント・ポリス

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.7/1091%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●映画FUN
その後、いくつもリメイクが生み出されることになったレジェント級の映画ですが、今こうして見られるのも嬉しいです。当時のメイクアップや撮影テクニックを垣間見られるのもなかなか興味深いですし、当然、今のブロックバスター大作と比べるのは論外ですが、やはりクラシックな創造物に浸っていると心が洗われる。まるでオーケストラの名曲を聴いているような気分だ。独特の味わいを楽しむも良し、過去を回想するも良し。楽しみは人それぞれ。
●映画フリー 
パブリックドメインだったので無料で視聴してみました。こういう作品はどうしたって古いものだからという理由で、なめてしまう人もいますが、やはりそこは名作といわれるだけあって、ふむふむと納得のクオリティ。これをあの時代の観客が観た時、さぞかし驚いたのではないかと思います。エンタメの中に潜むフィクション的な異次元の恐怖という題材は今で言えばネットの世界にあるスリルに近いのかもしれませんね。
●DAILYMOTION 
まさに原点。大成功によってユニバーサルは「ユニバーサル・モンスターズ」としてホラー映画製作に本腰で力を入れるようになり、『魔人ドラキュラ』、『フランケンシュタイン』、『狼男』、『透明人間』、『ミイラ再生』およびそれぞれの続編などが製作されたという経緯があります。アメリカ国立フィルム登録簿に選定されてしまうほどの名作になっていくクラシック・ホラーの魅力というのは計り知れないと痛感するばかりです。