現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

銃(2018)

銃を持ってしまった

芥川賞作家・中村文則の同名デビュー作を武正晴監督のメガホン、村上虹郎と広瀬アリスの主演で映画化。友人たちと青春を謳歌していた大学生の西川トオルは、ある日、雨が降りしきる河原で一丁の拳銃を偶然拾った。それは普通では考えられない出会いだった。銃を手に入れたことで、トオルの心は言い知れぬ高揚感を覚えるようになっていく。大切に家に保管してある銃を持ち歩き、外の街に出る。その緊張とスリルはトオルに今までにない満足感を与えた。トオルは同じ大学のヨシカワユウコにも興味があったが、いつしか銃の存在感がトオルの中で圧倒的な位置を占めるようになっていく。そんなある日、トオルのもとに刑事が突然やってくる。

原題: / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年11月17日 / タイム:97分 / プロダクション: / 配給:KATSU-do、太秦 

映画「銃」予告編<館回り・テアトル新宿版>
広瀬アリス、善悪がわからなくなってしまった!? 映画『銃』単独インタビュー

(C)吉本興業


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞

●無料で見るなら!

  • 大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。ポイントの量にもよりますが、最大で映画1本を無料鑑賞できるので、実質フリーな気持ちに。

●安く見る方法は他にも!

  • コレを見ると自分の中であらかじめ事前に決まっている。そんなときは「ムビチケ」。通常料金よりもお得な価格でチケットを事前に購入できます。確実に観たい映画には便利です。
  • 鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズ・レディースデイ、ポイントサービスもあり、常に何かしらの割引を受けられることが多いです。劇場によって異なるので事前の確認を忘れずに。

▼『銃』の無料動画は見れる?▼

喧騒に満ちた社会の中でさまざまな葛藤や苦悩を抱えながら生きている人にスポットをあてた作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信といえば、有名作や大作ばかりが注目されがちですが、実はこのサービスには他にもメリットがあります。例えば、出演俳優の関連作を事前に視聴しておけば、さらに映画を楽しめる視点が増えて、楽しさが倍増するでしょう。

しかも、希望のコースがここに。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

違法サイトは使ってはいけません。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全部同一ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「銃」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『銃』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『銃』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:武正晴(関連作品:『嘘八百』)
脚本:武正晴、宍戸英紀
撮影:西村博光
音楽:海田庄吾

★俳優(キャラクター)
村上虹郎(西川トオル)、広瀬アリス(ヨシカワユウコ)、日南響子(トースト女)、新垣里沙(隣の母)、岡山天音(ケイスケ)、後藤淳平(警官)、中村有志(ヤマネ)、日向丈(トオルの実父)、片山萌美(トオルの実母)、寺十吾(萩原啓一郎)、サヘル・ローズ(駅前のウエイトレス)、山中秀樹(テレビキャスター)、リリー・フランキー(刑事)、村上淳

★コメント
・武正晴監督「普通なら“電車の中で人を撃ってもいいの?”となるところを、鉄道会社さんもニコニコしながら“どうぞ~!”って協力していただいたので、そういう方たちに対してもちゃんと報いたいという思いもあって。キャストもスタッフも本当に頑張ってくれました」
・広瀬アリス「クランクイン前から武監督に、“この作品のなかで唯一、彼に救いの手を差し伸べてくれる天使のような存在であってほしい”と言われていました」

★『銃』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.2 ??? 3.5
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『銃』の反応

●無料ホームシアター 
村上虹郎ってやっぱり存在感がものすごいし、カリスマ性がある。これは才能だな。ただのカッコいいアイドルみたいに振る舞っているそこらへんの俳優とは違うもの。凶器って存在自体がやっぱり人の命を奪うことに特化した合理的な物体だと思うのは明確なので、それを美しいとかかっこいいとかある種の信仰的な対象に格上げしてしまうのはやっぱり機能美的な意味で当然といえるだろうな。これはあくまで日本の銃に対する思想あってこその映画です。
●Mコメンテーター 
痺れた。最後の、色付く現実や崩れ歪んでいく音。「もう少しなんだけどな…」という絞りだした言葉。それでも尚、笑顔で銃に弾を詰めようとする赤く染まった無気力で意志の一定化した手の動き。衝動、好奇心、狂気、達成感。そして暗転後の普段の日常と変わらないアナウンスが流れる静かな余韻。映画としての面白さと魅力が満たされている空気感だった。こういう緩急の付け方が考えさせる余韻をつくるのであり、邦画では珍しいシリアスさだった。
●VIDEOEYNY 
変なタイトルですが、まさに「銃」なのです。じゅう、GUN。‪もともと感情を表に出すタイプではなく少々拗らせ自分を達観気味に見ていた、社会から浮いていた主人公・西川が銃を手にし欲や衝動に溺れ抑えが効かなくなる様子がとてもリアル。言わば彼の人間らしさを引き出し糧を与えたのがたまたま銃であったというだけで、銃の危険性とか、そういう社会問題の話ではありません。銃が人の心を映す鏡のアイテムになっているのです。銃の新しい切り口でした。