母さんがどんなに僕を嫌いでも

母さんがどんなに僕を嫌いでも

母の愛を諦めなかった

小説家・漫画家の歌川たいじによる同名コミックエッセイを太賀、吉田羊の共演で映画化。タイジは幼い頃から大好きな母に愛されることなく不条理な環境で育てられた。母からの本来は当然の愛の欠乏、さらに壮絶な家庭環境に耐えかね、17歳で家を飛び出し、庇護のない世界で1人で生きることを選択したタイジだったが、友人の言葉に動かされて母ときちんと向き合う覚悟をする。大人になってもタイジを拒絶する母の姿は変わらず、気持ちが砕けるタイジ。そんな母からの愛を取り戻すため、タイジは母に真っすぐ立ち向かっていく。

原題:母さんがどんなに僕を嫌いでも / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年11月16日 / 上映時間:104分 / 製作会社: / 配給:REGENTS 

【無料動画】

【予告】映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」2018年11月16日(金)全国公開

(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

社会の中で人には言えない苦悩や葛藤や苦悩を抱えながらも懸命に生きる人々にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを駆使しましょう。旧作を見るためのサービスという印象を持たれがちですが、ネット配信だけでなく、劇場公開作をお得に見ることにもつながります。映画館で使える割引クーポンをポイントと交換できるので、どうしても見たい映画があるならぜひ。

しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:御法川修(関連作品:『泣き虫ピエロの結婚式』)
脚本:大谷洋介
撮影:板倉陽子
音楽:YOSHIZUMI

★【キャスト(キャラクター)】
太賀(タイジ)、吉田羊(光子)、森崎ウィン(キミツ)、白石隼也(大将)、秋月三佳(カナ)、小山春朋(タイジ/幼少期)、斉藤陽一郎(タイジの父親)、おかやまはじめ(婆ちゃんの弟)、木野花(婆ちゃん)

★【インタビュー】
・吉田羊「ひとつ大事にしたいと思ったのは、光子さんは未成熟なまま母親を強いられた人だけど、決してエクスキューズ(弁解)はしないこと。育児放棄も虐待も絶対に肯定したくない。彼女が未熟であればあるほど、それでも母を愛している、求めている息子の愛が、より深く濃く見えるのではないかと思いながら演じました」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.0???/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
ボロボロ泣いた。これはマズいと思うくらいの号泣だった。苦しい部分も、楽しい部分も、裏に含んでいる想いが伝わってきて涙が止まらない。太賀の演技がものすごく良くて、どうしても嫌いになれない、恨むに恨みきれなさの想いが痛いほどに伝わってきて、画面から撃たれたように苦しかった。同じような境遇の人がタイジのように向き合えるのか。本当に難しいことだと思う。だからこそ真っすぐとこうやって直視するのも大切なのではないか。
●映画FUN 
悲しい場面も暖かい場面もあったけれど、自分が1番強く感じたのは、やっぱり良くも悪くも子は親に似てしまうんだなということ。それは遺伝子がどうのこうという話じゃない。殆どの親が自分自身や自分等夫婦の問題をどこかで子供のせいにしたり、八つ当たりしたりしたことがあるからであり、それは単純な悪ではない。あえて言うなら弱さ。その自分の醜い弱者の部分をどうやってけりをつけるのか。それはひとりひとりが答えを出さないといけない。
●BILIBILI 
2018年ベスト級に入る作品でした。太賀が遭う幼少期の散々な仕打ちや、家を出るきっかけとなった出来事に、大変胸が痛みました。それは残酷だし、法的には悪いこと。倫理的にもね。けど、それを断罪するのではなく、悪いとなじるのでもない。愛を得るためにコミュニケーションする。これは今のなんでも批判して叩き潰すネット社会には眩しい行為かもしれない。偽善という人もいるかもしれない。でも私はこの登場人物の気持ちを理解したいと強く思った。