現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが欠落しています。2019年8月1日にサイトリニューアル予定です。

いつだってやめられる 闘う名誉教授たち

シリーズ完結

落ちこぼれのインテリ教授たちが合法ドラッグ生成で人生の大逆転を狙ったことから巻き起こる騒動を描いたイタリア発の風刺コメディ「いつだってやめられる」のシリーズ最終章となる第3作。ドラッグ生成の罪で刑務所に服役中の神経生物学者ピエトロ・ズィンニは、合法ドラッグの製造者を探る中で、とんでもない情報を知る。ある男が神経ガスによる大規模なテロを引き起こそうとしているというのだ。ピエトロは危険なテロを阻止するべく、各地に収容されているかつてのドラッグ製造仲間たちを集めて、この閉じた世界から脱獄を企てるが…。

原題:Smetto quando voglio: Ad honorem / 製作:イタリア(2017年) / 日本公開日:2018年11月16日 / タイム:102分 / プロダクション: / 配給:シンカ / 前作:『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち

『いつだってやめられる 闘う名誉教授たち』予告編

(C)2017 groenlandia s.r.l. / fandango s.p.a.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼『いつだってやめられる 闘う名誉教授たち』の無料動画は見れる?▼

退屈な日常を笑顔で吹き飛ばして精神を爽快にさせてくれるコメディはそれだけで見る価値があります。そんな気持ちのいい映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。関連作品を観るのにも適していますし、同様のジャンルを表示してどんどん合わせて鑑賞するのも便利。スマホでも見れるので、好きなタイミングで自由に場所を問わずに視聴できるという、現代人には助かる嬉しいサービスとなっているのも、支持される理由です。

しかも、ビギナーにもラッキーです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法サイトは使ってはいけません。「スマホに悪影響があるなんて絶対に嫌だ」と拒否するのは当然です。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。「まず絶対にこれはハズレのないものがいい」という慎重派にも強くVODは推奨できます。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。「あまりにも多すぎてもうどれがどれだが混乱する~」とお手上げになる心配は卒業できます。「いつだってやめられる 闘う名誉教授たち」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったらこのページを参考にしましょう。「どれがいいのだろう?」という迷いにアンサーを提示できます。「どれも同じサービスしか紹介していないのでは?」という疑問はノープロブレム。個別に違います。「やった、これで好きに鑑賞できる!」と安心する前にサイトにて最終確認しましょう。

『いつだってやめられる 闘う名誉教授たち』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『いつだってやめられる 闘う名誉教授たち』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:シドニー・シビリア
脚本:シドニー・シビリア、フランチェスカ・マニエーリ、ルイジ・ディ・カプア
撮影:ブラダン・ラドビッチ
音楽:ミケーレ・ブラガ

★俳優(キャラクター)
エドアルド・レオ(ピエトロ・ズィンニ)、グレタ・スカラーノ(パオラ・コレッティ)、バレリア・ソラリーノ(ジュリア)、バレリオ・アプレア(マッテリア・アルジェリ)、パオロ・カラブレージ(アルトゥーロ・フランティーニ)、リベロ・デ・リエンゾ(バルトロメオ・ボネッリ)、ステファノ・フレージ(アルベルト・ペトレッリ)、ロレンツォ・ラビア(ジョルジョ・シローニ)、ピエトロ・セルモンティ(アンドレア・デ・サンクティス)、マルコ・ボニーニ(ジュリオ・ボッレ)、ロザリオ・リスマ(ヴィットリオ)、ジャンパオロ・モレッリ(ルーチョ・ナポリ)

★『いつだってやめられる 闘う名誉教授たち』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.9 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? ??
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『いつだってやめられる 闘う名誉教授たち』の反応

●無料ホームシアター 
これはシリーズものなのでそこのところは気を付けてください。今作から見ると「あれっ?」となります。そこまで問題ではないですが、一応忠告するに越したことはないですから。本国でメガヒットを記録し、ようやく日本でも劇場公開が決まった本シリーズですが、この最終章も間違いなく抜群にユーモア全開なのはお約束しましょう。あらゆる社会を風刺しつつも、笑いと根性は忘れない。そんな教授たちが世の中にいるなら、世界はまだまだ捨てたものじゃない。
●Mコメンテーター 
お腹がいっぱいになった。笑いで空腹が消えて、また食べたくなる。もはや依存症かも。ひたすらに爆笑の渦に巻き込んできた前作の続きから少し序盤はシリアスになるも、メンバーが揃った時点で一気にネタの連発が容赦ない連射で襲ってくる。まだまだあのコミカルな学者集団のアホすぎる掛け合いを見ていたい。そう思わせてくれたこの作品も今回で3作目。名残惜しいという感情が出てきてしまうのですが、これもいつかくるものでしょうがないのか。
●VUDU 
新たな強敵が出現。強敵はヤバい犯罪を計画し、窮地に立たされるズィンニたち。それを防ぐべく知恵を絞り奔走するが…。これはあと10作は作ってほしい。そうじゃないともったいない。主演のエドアルド・レオが来日した際、続編があることと、2作目と3作目を同時に撮影していて、トリロジーの3作目は、そこまで待たせないと言っていたが、いざ来てみればこれでエンドは嫌になる。ポスドクなメンバーの頭脳をふんだんに使ったある計画もフレッシュだ。