バッド・タイムス・アット・ジ・エル・ロワイヤル

Bad Times at the El Royale

集結すれば何かが起こる…

『キャビン』のドリュー・ゴダードが監督を手がけた、クリス・ヘムズワースやダコタ・ジョンソンら豪華キャストが共演した、ホテルを舞台にしたノワール・サスペンス。1969年のカリフォルニアとネバダの州境にある「エル・ロイヤル・ホテル」。ここに集まった7人の客。ある運命的な夜、それぞれ内に隠した秘密を抱えた客たちが、最後の救いを得ることとなる。

原題:Bad Times at the El Royale / 製作:アメリカ(2018年) / 日本未公開: / 上映時間:141分 / 製作会社:Goddard Textiles / 配給: 

【無料動画】

Bad Times at the El Royale | Official Trailer [HD] | 20th Century FOX

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスを楽しむなら映画は最高の素材。そんなスリルを満喫するなら、動画配信サービスは味方になってくれます。人気も増えているサービスですが、有名作や大作ばかりでなく、マイナー作品も揃っています。あまり知られていませんが、そういう映画の中に隠れた名作があったりするので、映画ファンは見逃せません。スマホ、パソコン、テレビ、タブレットでも視聴可能なので便利です。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「Bad Times at the El Royale」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『Bad Times at the El Royale』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ドリュー・ゴダード(関連作品:『キャビン』)
脚本:ドリュー・ゴダード

★【キャスト】
ジェフ・ブリッジス、シンシア・エリボ、ダコタ・ジョンソン、ジョン・ハム、カイリー・スパイニー、ルイス・プルマン、ニック・オファーマン、クリス・ヘムズワース

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.4/1073%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
こんなにも手に汗握った映画も久々。これはどうなるんだという注目が温度計のメーターのようにじわじわと上がっていく。そしてある臨界点に達した時、心が解放されたような気分になる。ホテルを舞台に繰り広げられる群像劇と書けば普通。でも嘘はつきません。これが面白いのです。やっぱりこの監督は才能ありますね。ちゃんと有名俳優を使いながらもその知名度におんぶだっこにならず、ハッキリストーリーでユニークにさせるのですから。
●映画フリー 
観客がざわめきだつのがわかった。これは面白いぞと。上映時間が長いのにスリリングな展開にずっと夢中になっていられる。メリーゴーランドでいえば、一生ぐるぐるまわっているようなものだ。ジェットコースター級のスピードになったりするからそこもいい。、あの特有の時代(70年代)の設定と映画のトーンで予想を超える勢いで結構スタイリッシュな感じで突っ走る。誰にもこの装置を止める手段は知らない。映画というアトラクションだ。
●FANDANGONOW 
まったく意味の分からない映画だし、もう超どうでもいいし、まじでアホなんだけど、それをシリアスにやるし、何気にシリアスだし、頭がごちゃごちゃになる。少しタランティーノ系で癖が強い作品と言えばいいのかな。あくどいタイミングで集まってしまったアンラッキーな集団のクレイジードラマ。クリヘム好きならこれでも全然OKだが、そうでなくともシンプルに「ナイス!」と言えてしまうと思うから、目を傾けてみるといいでしょう。