キックボクサー ザ・リベンジ

リブート第2弾

ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演による1989年の「キックボクサー」から始まったアクションシリーズの7作目。闇試合で命を落とした兄の遺志を継ぎ、全米格闘技界の覇者となったカート・スローンだったが、その栄光も一瞬で奪われる。極悪プロモーターのムーアによる策略にはまり、遠くタイの刑務所に投獄されてしまったのだった。妻を人質にとられ、賭け試合に出場を強制されたカートは、同じ監獄の囚人ブリッグスの力を借り、かつての師匠デュランドのもとで厳しいトレーニングを積んで試合にのぞむが…。

原題:Kickboxer: Retaliation(「キックボクサー リタリエーション」) / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年11月5日 / タイム:110分 / プロダクション:Our House Films / 配給:ハーク / 前作:『キックボクサー リジェネレーション』

映画『キックボクサー ザ・リベンジ』予告編

(c)2017 by kickboxer II Retaliation, LLC. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞

●無料で見るなら!

  • 大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。ポイントの量にもよりますが、最大で映画1本を無料鑑賞できるので、実質フリーな気持ちに。

●安く見る方法は他にも!

  • コレを見ると自分の中であらかじめ事前に決まっている。そんなときは「ムビチケ」。通常料金よりもお得な価格でチケットを事前に購入できます。確実に観たい映画には便利です。
  • 鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズ・レディースデイ、ポイントサービスもあり、常に何かしらの割引を受けられることが多いです。劇場によって異なるので事前の確認を忘れずに。

▼『キックボクサー ザ・リベンジ』の無料動画は見れる?▼

世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力がぎっしり詰まっている証拠です。そんなエネルギッシュな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。これはネット配信であり、旧作をデジタル配信で見るものですが、劇場公開作をお得に見る方法も用意されています。割引クーポンをポイントと交換して入手することで、最大でタダで映画チケットが手に入ります。知らなかった人はぜひとも活用しましょう。

しかも、フリーお試しは嬉しいです。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「キックボクサー ザ・リベンジ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

『キックボクサー ザ・リベンジ』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『キックボクサー ザ・リベンジ』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ディミトリ・ロゴセティス
脚本:ディミトリ・ロゴセティス、ジェームズ・マクグラス
撮影:ヘラルド・マドラソ
音楽:アダム・ドーン

★俳優(キャラクター)
アラン・ムーシ(カート・スローン)、サラ・マルクル・レイン、マイク・タイソン(ブリッグス)、ジェシカ・ジャン、ハフソー・ユリウス・ビョルンソン、スティーブン・ソードリング、サム・メディーナ、マイルズ・ストロメン、クリストファー・ランバート(ムーア)、ジャン=クロード・ヴァン・ダム(デュランド)

★『キックボクサー ザ・リベンジ』のREVIEW

IMDb RT Mt
5.0 92% 54
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 2.6
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『キックボクサー ザ・リベンジ』の反応

●無料ホームシアター 
さあ、始まりました。世紀の一戦。今回はシリーズものの続編ですが、そんなことは気にしなくても構いません。観てください、この観客のボルテージ。誰も期待していないかと思いましたが、意外に見に来るものがいるのです。そして、誰もがそこまでのことは渇望していません。全員がポップコーン片手に少し目を楽しませる映像を流してくれればいいくらいとしか思っていないレベル。それでもこの男たちは闘うしかないのです。それが人生ですから。
●Mコメンテーター 
マイクタイソンやヴァンダレイ・シウバという、そこらへんで生まれてしまった、知る人ぞ知る有名人を連れてきて派手さを追加した一作。タイトルにあるキックボクシングはほぼ関係ないので、題名は変えた方がいい。「ドリーム・バトル・ロワイヤル」みたいな感じに。何をリベンジするのかもあやふやになっているので、視聴者には広い心を保つ余裕が必要になる。敵ボスキャラに何が出てくるかを見守る映画といっても差し支えないだろう。
●SPACEMOV 
これが21世紀のキックボクシングだ。まずはどつく、そして投げ飛ばす。キック? それはいいじゃないか。とにかく目の前の屈強な男を倒そう。ヴァン・ダム師匠は名だたる著名人のゲスト出演に存在感がフェードアウトしていないか。そういう部分では目立つ人ではないから、しょうがないのかもしれないが。前作から主人公となったエリックは総合格闘家になって、「キックボクシング? 知るか!」となっているので、このシリーズも迷子である。