現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

バグダッド・スキャンダル

国連史上最悪の政治事件の全貌が明かされる!

元国連職員の作家マイケル・スーサンが自身の体験を基に執筆した小説を原作に、国連史上最悪の政治スキャンダルといわれる汚職事件を描いたポリティカルサスペンス。2002年、国連事務次長の特別補佐官に任命されたアメリカ人青年マイケルは、国連が主導する「石油・食料交換プログラム」の担当を任せられる。それは、クウェート侵攻に対するイラクへの経済制裁が原因で、貧困に苦しむ罪のないイラクの民間人を救うための大切な人道支援計画で、国連の管理下でイラクの石油を販売し、食料という形でイラクの国民に配るという慈善的なプロジェクトだった。しかし、そこにはフセイン自身や、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構が深く関わっており、それがやがて巨額の汚職事件へと拡大していく。

原題:Backstabbing for Beginners / 製作:デンマーク・カナダ・アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年11月3日 / タイム:106分 / プロダクション:Creative Alliance / 配給:アンプラグド 

映画『バグダッド・スキャンダル』予告編

(C)2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞

●無料で見るなら!

  • 大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。ポイントの量にもよりますが、最大で映画1本を無料鑑賞できるので、実質フリーな気持ちに。

●安く見る方法は他にも!

  • コレを見ると自分の中であらかじめ事前に決まっている。そんなときは「ムビチケ」。通常料金よりもお得な価格でチケットを事前に購入できます。確実に観たい映画には便利です。
  • 鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズ・レディースデイ、ポイントサービスもあり、常に何かしらの割引を受けられることが多いです。劇場によって異なるので事前の確認を忘れずに。

▼『バグダッド・スキャンダル』の無料動画は見れる?▼

ある業界を描き、次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスを見せてくれる作品は新鮮なサプライズと衝撃が病みつきになります。そんなスリルを楽しむなら、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信というメリットを最大限に活かしつつ、劇場で使える割引クーポンと交換できるポイントをもらえるサービスもあるのが嬉しいです。これでぜひ見たいと思っているあの映画をタダで映画館で鑑賞するのも夢ではありません。

しかも、フリーお試しは嬉しいです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは危ない要素だらけです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。でも、少し注意です。「思い切って登録したけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないように充分に慎重に留意しけなければなりません。「バグダッド・スキャンダル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『バグダッド・スキャンダル』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『バグダッド・スキャンダル』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ペール・フライ(関連作品:『ストックホルムでワルツを』)
脚本:ダニエル・パイン、ペール・フライ
撮影:ブレンダン・ステイシー
音楽:トドール・カバコフ

★俳優(キャラクター)
テオ・ジェームズ(マイケル・サリバン)、ベン・キングズレー(コスタ・パサリス)、ベルシム・ビルギン(ナシーム・フセイニ)、ジャクリーン・ビセット(クリスティーナ・デュプレ)、ロッシフ・サザーランド、レイチェル・ウィルソン

★『バグダッド・スキャンダル』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.2 41% ??
映画.com Yahoo! Fm
4.1 ??? 3.6
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『バグダッド・スキャンダル』の反応

●無料ホームシアター 
驚きのストーリーが待ち受ける!と書くと嘘っぽいですがマジです。本気でびっくりしました。ノンフィクションだからリアルで迫真に迫る内容なのは予測していましたが、ここまでの深みで観客を夢中にさせるとは。あまり難しい話でもなく、政治がわからなくても基本は安心してください。映画として楽しめます。ベン・キングズレーの存在感と力業のおかげで、飽きずに最後まで鑑賞はできるし、硬派な社会派としての変な硬さもないのが逆にいいです。
●Mコメンテーター 
石油・食料交換プログラムまわりのスキャンダル。国連だってあんだけ大物が集まれば権力者の歪みを起きるよねという話。これを観てしまうと、たぶん本当に正義のために弱者のために世界を良くしようとする人たちはああいい舞台には立たないのではないかと思ってしまう。平和の使者、国連の闇をしっかり描くという意味でも必見なのは間違いない。個人的な好みとしては、もっとゴリッゴリの社会派が見たい気分でもあったが、これはこれで。
●シネマソムリエ 
イラク戦争直前のフセイン政権時代、国連の石油・食料交換プログラム絡みの汚職を大胆に描いた実話ベースの物語。権力と金が集まる所はなぜ必ず汚れていってしまうのか。きっとそれは必然の現象なのか。部屋がいつのまにか埃にまみれていくように、放置すれば食品にカビがはえるように、権力も腐っていく。投じられた莫大な投資にハイエナのように群がる亡者たちのおぞましさのリアリティは直接見ないとわからないのかもしれない。