ボヘミアン・ラプソディ(2018)

ボヘミアン・ラプソディ

伝説を超えた「彼」の物語

世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用するという豪華さでも話題になった。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざる人生の全てをストーリーとして描き出していく。

原題:Bohemian Rhapsody(「ボヘミアンラプソディ」) / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年11月9日 / 上映時間:135分 / 製作会社:20th Century Fox / 配給:20世紀フォックス 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!
BOHEMIAN RHAPSODY (2018) | Behind the Scenes of Queen Biopic Movie

(C)2018 Twentieth Century Fox


▼動画リンク▼

※ All Legal VoD Service

VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞

●無料で見るなら!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にも見逃せません。
  • 大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。
  • クーポンを手に入れておしまいではなく、ネット配信で関連作を合わせて鑑賞するのもGOOD。

●安く見る方法は他にも!

  • コレを見ると事前に決まっている。そんなときは「ムビチケ」。お得な価格でチケットを事前に購入できます。
  • 鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズ・レディースデイ、ポイントサービスも。

▼『ボヘミアン・ラプソディ』の無料動画を見る方法▼

実在の人間の生き様をエネルギッシュにアツく描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな思わず盛り上がってしまう人生に酔いしれるなら、人気も増えている動画配信サービスをうまく活用しましょう。「それってネット配信だから映画館の公開作には意味ないのでは?」と思っているなら安心してください。実は劇場で使える割引クーポンを交換することができるポイントをもらえるサービスもあります。最大でタダになるので便利です。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ボヘミアン・ラプソディ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

『ボヘミアン・ラプソディ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ボヘミアン・ラプソディ』の作品動画をさらに知る▼

★スタッフ
監督:ブライアン・シンガー(関連作品:『X-MEN:アポカリプス』)
脚本:アンソニー・マッカーテン
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽:ベッキー・ベンサム

★キャスト(キャラクター)
ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー)、ルーシー・ボーイントン(メアリー・オースティン)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョセフ・マッゼロ(ジョン・ディーコン)、エイダン・ギレン(ジョン・リード)、アレン・リーチ(ポール・プレンター)、トム・ホランダー(ジム・ビーチ)、マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター)、アーロン・マカスカー(ジム・ハットン)

★『ボヘミアン・ラプソディ』の評価

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.460%49
映画.comYahoo!Filmarks
??4.744.4
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★『ボヘミアン・ラプソディ』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
とにかく曲がいいのでその他の脚本というか、実写だからしょうがない話の穴の部分が気にならないでいいという美味しい一作。それぐらいの熱量が曲にあるから強いし、無敵。これぞ応援上映に向いていると思う。もしくは絶叫大合唱上映とか。スクリーンで見れば完全にライブ。なるべく大勢で見たいので、満員の映画館で観るべき。もし自宅で見るのであれば、これはなるべくたくさんの友人を集めて上映会をしないとダメだと思う。
●映画FUN 
多くの著名なスターと同様に、フレディは悲劇のヒーローだった。孤独に殺されたスター。みんなから愛されたのに誰にも愛されていないという自暴自棄な底なし沼にハマり、抜けだせない男の生き様と終わり。タイトルにあるボヘミアン・ラプソディはその一つを語る叫び。ステージに立てば彼はスターであることは誰でもわかり、ラスト20分のライブなんかは本当に圧巻で、鳥肌が立ちっぱなし。これが人生なら全然悪くないではないか。
●STREAMANGO 
Queenの曲はよく聴いていたものの本人達のことはほぼ知らなかったという素人なのでフレディの孤独や苦悩、またそのカリスマ性や生き様、人間らしさに大変感銘を受けて、人生観を変えるほどのインパクトで震えた。ラミマレックがクセあるフレディマーキュリーの仕草、ステージの見せ方をしっかり演じ切っているので、フィクションの映画だとは全然思えない。タイムスリップしてあの時代に戻ったようだ。これを見たら熱唱するしかない。