ガンジスに還る

映画祭で絶賛されたインド映画

インドの新鋭シュバシシュ・ブティアニ監督が弱冠27歳で手がけ、ベネチア国際映画祭などで賞賛された、雄大なガンジス河を背景に誰にでもいつか訪れる「死」というテーマをユーモアと人情味を交えて描いたヒューマンドラマ。ある日、不思議な夢を見たことがきっかけで自らの死期を悟った父ダヤは、ガンジス河の畔の聖地バラナシに行くと宣言する。家族は反対するが微塵も決意を曲げないダヤに、やむを得ず息子ラジーヴが付き添うことになる。安らかな死を求める人々が集う施設「解脱の家」にたどり着き、ダヤは残された時間を施設の仲間とともに心穏やかに過ごそうとするが、付いてきたラジーヴとはぶつかり合うばかりで距離ができる。しかし、雄大なガンジス河の流れが、次第に父子の関係を解きほぐしていく。

原題:Hotel Salvation(「ホテル・サルベーション」「ガンジスにかえる」) / 製作:インド(2016年) / 日本公開日:2018年10月27日 / タイム:99分 / プロダクション: / 配給:ビターズ・エンド 

『ガンジスに還る』予告編

(C)Red Carpet Moving Pictures


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞

●無料で見るなら!

  • 大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

●安く見る方法は他にも!

  • コレを見ると事前に決まっている。そんなときは「ムビチケ」。お得な価格でチケットを事前に購入できます。
  • 鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズ・レディースデイ、ポイントサービスも。

▼『ガンジスに還る』の無料動画は見れる?▼

社会の喧騒で生きていると忘れてしまいがちな大切なことを思いださせてくれるヒューマンドラマはじゅうぶん満足できるでしょう。そんな記憶に残る映画を観たいときは、動画配信サービスを利用してお得に見ましょう。実はこのサービスはネット配信だけでなく、劇場で使える割引クーポンをもらえるサービスもあります。毎月もらえるポイントでクーポンと交換し、映画館のチケット代をタダにすれば非常に大助かり。嬉しい体験です。

しかも、ユーザーにはハッピーです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

NEWな作品からOLDな作品までVODは勢揃い。配信作品数もどんどん増加中で目移りするほどです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者の「これを観たい」と熱望する作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ガンジスに還る」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

『ガンジスに還る』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ガンジスに還る』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:シュバシシュ・ブティヤニ
脚本:シュバシシュ・ブティヤニ
撮影:マイケル・マクスウィーニー、デビッド・フーラー
音楽:タジダール・ジュネイド

★俳優(キャラクター)
アディル・フセイン(ラジーヴ)、ラリット・ベヘル(ダヤ)、ギータンジャリ・クルカルニ(ラタ)、パロミ・ゴーシュ(スニタ)、ナブニンドラ・ベヘル(ヴィムラ)、アニル・ラストーギー(ミシュラ)

★『ガンジスに還る』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.2 100% 80
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 3.6
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『ガンジスに還る』の反応

●無料ホームシアター 
今、私は静かな満足感に満たされています。こんなにも心に染み入るインド映画が今まであっただろうか。避けることはできない人間の「死」について描かれた作品なのだが、端々に感じられる独自のユーモアと妙に迸る人間臭さで、観た後になぜか無性に遠くを見つめたくなる。騒がしい街を離れて、何もない平原をずっと見ていたいような気分というべきだろうか。心のステージが一段上に上がったような感覚は観た人にしかわからない。
●Mコメンテーター 
インド映画だが、これ見よがしの「踊り」のシーンは出てこない。賑やかなパフォーマンスはないから、エンタメ要素は低い。とはいえ、主人公たちが赴く、インドの聖地バラナシ(ベナレス)の祝祭の様子は、しっかりと作品中に収められており、その少し現実から逸脱した瞬間に、それが物語のターニングポイントともなっている。とにかくうまい構成だ。作品はそれほど暗くはない。むしろ、希望さえ感じさせるのだから、不思議なバランスの映画だ。
●STREAMANGO 
インド映画って煌びやかな衣装を着た集団が盛大に歌って踊る派手なシーンが必ず入ると思ってたけど、そういうシーンの無いインド映画って初めてで、とてもフレッシュな体験ができた。しかも、日本人でも共感できる物語なのがまたいい。生まれ変わったらカンガルーになりたいって言うお父さんのセリフが、世界にいる世の親の気持ちを凄い表現しているのではないかなと。どこか明るく送り出す葬儀というのも良いのかもしれない。