サンジュ/Sanju

Sanju

「きっと、うまくいく」「PK」の監督作

インドの有名な俳優サンジャイ・ダットの激動の人生を描いたドラマ。ボリウッド俳優サンジャイ・ダットは1993年に起きたムンバイ連続爆弾テロ事件における武器不法所持の罪で2013年に禁固5年を求刑される。しかし、現在撮影中の作品があることが考慮され、収監までに1カ月の猶予が与えられた。サンジャイと妻のマーニヤターは数年前から計画があったサンジャイの伝記を作ることを決意し、完遂に向けて動く。その作り手として著名な伝記作家のウィニー・ディアズの名が挙がる。ウィニーは最初こそ依頼に躊躇するが、伝記の執筆を承諾し、とりかかる。サンジャイはウィニーに彼の驚くべき半生を語り始める。

原題:Sanju / 製作:インド(2018年) / 日本未公開: / 上映時間:155分 / 製作会社:Rajkumar Hirani Films / 配給: 

【無料動画】

Sanju | Official Trailer | Ranbir Kapoor | Rajkumar Hirani | Releasing on 29th June

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

実在の人物のドラマチックな人生を克明に描いた伝記作はそれだけの魅力が詰まっている面白いものです。そんなヒューマンドラマを観たいときは、動画配信サービスを利用してお得に見ましょう。これはネット配信なので、作品の検索性に優れているのが大きな特徴です。また、視聴メディアを自由に選べ、とくに家にテレビやパソコンがない人が今は増えているなか、スマホで鑑賞できるのは大切。ダウンロード機能があるものもあります。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「Sanju」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『Sanju』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ラージクマール・ヒラーニ(関連作品:『PK』)
脚本:アビジャート・ジョーシー、ラージクマール・ヒラーニ
音楽:A・R・ラフマーン

★【キャスト】
ランビール・カプール、ソーナム・カプール、アヌシュカ・シャルマ、ボーマン・イラニ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.2/1050%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
ラージクマール・ヒラーニというヒットメーカーの次なる挑戦は、サンジャイ・ダットという俳優の伝記だった。これはかなり意外な選択肢でびっくりした人も多いと思う。今までは荒唐無稽なエンターテインメントに徹するために、結構自由な題材であった。振り幅の広い世界観だからこそ好きにやれたこともあった。なのに伝記? 実在の人物? ところがどっこい、これがまた最高に面白い。こんなにも愉快でクリエイティブに溢れた作品はない。
●映画FUN 
フィクションとノンフィクションの配合は半分程度でバランスの良さが売りなのだろう。もしかしたらもっと調べれば意外なリアルとの共通点があるのかもだが、そこも含めて精査できる材料がなかった。個性あふれる登場人物、愛情や友情のオンパレード、そして途中で沸き起こる謎めいたミステリーサスペンス、相変わらず観客が望むものは全部並んでいる。サンジャイ・ダットを演じたランビールの演技が絶妙で完コピ具合も見事です。
●DAILYMOTION  
テロリスト扱いな俳優の知られざる実話みたいな感じですね。1993年のムンバイで起きた連続爆弾テロ事件というキーワードを事前におさえておくといいと思います。インド映画といえば、お気楽というイメージを持たれる人も多いのですが、今作はそこに現実の人間をテーマにしているので、「ああー楽しかった!」という安易な軽さでは済まないのかなと最初は身構えていました。でもちゃんと上手い具合に着地するので大丈夫です。