トレジャーハンター・クミコ

トレジャーハンター・クミコ

菊地凛子主演、謎の日本人を描く

2001年、ノースダコタ州で凍死体となって発見された日本人女性にまつわる都市伝説「タカコ・コニシ事件」を、菊地凛子主演で映画化。東京で暮らす29歳のOLクミコは、親しい友人も恋人もおらず孤独な人生のなかでただ息をしていた。そんな彼女の唯一の楽しみは、コーエン兄弟の映画「ファーゴ」を鑑賞すること。冒頭の「本作は実話に基づく」というテロップを信じ込み、スティーブ・ブシェーミ演じる登場人物が大金を埋める場面を繰り返し見てはその場所を想像するというのが、退屈な人生を豊かにさせてくれた。ある日、会社のクレジットカードを預かったクミコは、そのカードを使って旅費を支払い、映画の舞台となった都市ファーゴへと足を運ぶ。

原題:Kumiko, the Treasure Hunter / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2017年4月(DVDスルー) / 上映時間:104分 / 製作会社:Ad Hominem Enterprises / 配給: 

【無料動画】

『トレジャーハンター・クミコ』2017年4月26日(水) DVDリリース/ 同日レンタル開始

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼無料動画を見る方法▼

社会で必死に生きている人間の心の内に隠れている感情を丁寧に描いた作品は見ごたえがあります。そんなヒューマンドラマを観たいときは、動画配信サービスを活用してお得に見ましょう。これは有名作や大作もネット配信していますが、その中にはマイナー作品も扱っています。ビデオスルー作品や劇場未公開作品など映画ファンなら見逃せないものがラインナップにあるので、それらをしっかりおさえておくとさらに新しい体験もできるでしょう。

しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「トレジャーハンター・クミコ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『トレジャーハンター・クミコ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:デビッド・ゼルナー
脚本:デビッド・ゼルナー、ネイサン・ゼルナー
撮影:ショーン・ポーター
音楽:ジ・オクトパス・プロジェクト

★【キャスト】
菊地凛子、勝部演之、河北麻友子、東加奈子、シャーリー・ベナード

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.6/1088%68
映画.comYahoo! 映画Filmarks
2.8/5.0???/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
生きている意味を探して映画の世界にやってきた。コミュ障の独身で干物女であり、社会とのつながりである会社でも疎ましい存在になりつつある。社長からは事実上のクビを宣告され、自分を愛してくれるはずの母親からは将来性もないし、結婚しないなら地元に帰って来いと言われる。話し相手は家で飼うウサギのブンゾーだけ。行き場はない。だから彷徨う。そんな人間のうつろいが描かれるこのクミコは切ない、でもどこか温かい話だった。
●映画FUN  
ストーリーは予想以上に単純だが、クミコのピュアさと、時に顕われる大胆さが時に笑えるので、面白いタッチだ。クミコ演じる菊地凛子の泣いたり、怒ったりする姿が妙にかわいく、魅力が一番目立つ作品になっている。菊地凛子を見る映画だと思うし、そのためにも視聴の価値はあり。なのに日本では全然扱いが小さいのは本当に日本映画業界の冷たさだ。異国で頑張る俳優に全く注目していない日本社会。これもこの作品とシンクロするようだ。
●STREAMANGO 
ファーゴが大好きで、ファーゴ愛が高まって、聖地巡礼に行ってしまった女性の話…ではないです。クミコは要するに社会から蹴落とされて居場所のない女性。ここに共感できるかが大事だと思う。世の中で楽しみを見出し、それなりに満喫している人間がこの映画を観たら「コイツ、意味不明だな、気持ち悪!」の一言で片づけてしまうだろう。そういう人は別に帰っていい。この作品はそうじゃない、同じ感情を抱く人のための物語だからだ。