現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

ここは退屈迎えに来て

青春の後にあるものは?

地方に暮らす女性たちの心情を描いた山内マリコの同名連作小説集を橋本愛、門脇麦、成田凌の出演、廣木隆一監督のメガホンで映画化。東京で就職したが、10年経って地元にまたもや帰ってきてしまった27歳の「私」。実家で暮らしながらタウン誌で記事を書く地味な仕事をこなす日々を送っていた。そんなある日、高校時代の仲間と久しぶりに会った流れで、高校時代に憧れの存在だった椎名くんと会いに行くこととなった。「私」の中に、椎名くんとの忘れられない過去が去来する。そして、東京への憧れと怖さを抱きながら地元を出ないまま、元彼である「椎名」を忘れられずに暮らしている「あたし」。日常に確かな意味を見出せない2人の女性と彼女たちが足りない「何か」を埋めてくれると期待されている1人の男性のそれぞれの思い、そして現実が動き出す。

原題:ここは退屈迎えに来て / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年10月19日 / タイム:98分 / プロダクション: / 配給:KADOKAWA 

10/19公開 映画『ここは退屈迎えに来て』予告

(C)2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞

●無料で見るなら!

  • 大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。ポイントの量にもよりますが、最大で映画1本を無料鑑賞できるので、実質フリーな気持ちに。

●安く見る方法は他にも!

  • コレを見ると自分の中であらかじめ事前に決まっている。そんなときは「ムビチケ」。通常料金よりもお得な価格でチケットを事前に購入できます。確実に観たい映画には便利です。
  • 鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズ・レディースデイ、ポイントサービスもあり、常に何かしらの割引を受けられることが多いです。劇場によって異なるので事前の確認を忘れずに。

▼『ここは退屈迎えに来て』の無料動画は見れる?▼

社会や日常は楽しいことばかりではなく、そんな世の中で生きる人間のリアリティを重視した心の機微を描いた作品を見るのは不思議な余韻を与えるものです。そんな映画を観たいときは、動画配信サービスを活用してお得に見ましょう。これはネット配信ということで、出演俳優の関連作を調べるのに役に立ちます。事前に他の関連作も見ておけば楽しさも倍増。監督の過去作などもチェックして作品の世界にさらに入りこみましょう。

しかも、スタートはラクチン。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ここは退屈迎えに来て」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『ここは退屈迎えに来て』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ここは退屈迎えに来て』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:廣木隆一(関連作品:『ママレード・ボーイ』)
脚本:櫻井智也
撮影:水口智之
音楽:フジファブリック

★俳優(キャラクター)
橋本愛(私)、門脇麦(あたし)、成田凌(椎名くん)、渡辺大知(新保くん)、岸井ゆきの(山下南)、内田理央(森繁あかね)、柳ゆり菜(サツキ)、瀧内公美(まなみ先生)、亀田侑樹(遠藤)、片山友希(なっちゃん)、木崎絹子(椎名朝子)、マキタスポーツ(皆川光司)、村上淳(須賀さん)

★『ここは退屈迎えに来て』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
2.8 ??? 3.4
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『ここは退屈迎えに来て』の反応

●無料ホームシアター 
部屋のシーンなのに手持ち長回しで撮っているからか、手ブレがすごくて酔う場面もあるので、画面に釘付けになっているとダメな人もいると思う。年代が頻繁に変わるのが最初は困惑する一方だったりと、とにかく初見は混乱の多いものでそこも人を選ぶかなと。しかし、よく見ていればとても素晴らしいドラマであることは明白。田舎と都会、現代と過去、それぞれの視点から描いたことで、味わい深さがグッと増した噛み応えのあるドラマです。
●Mコメンテーター 
どこか退屈で、色々あるようで何も無くて、結局辻褄があってしまうのが底なし沼のような地元で生きるってことかな。日本の映画では田舎を美しく描くこともありますが、これはそのネガティブな側面をあえて退屈に描いているような気さえしてくる。この作品が地味だとか面白くないと思ったのならば、それは田舎という世界の現実をしっかり観客として理解できたという証拠なんじゃないか。そういう境地に達した私は満足しています。
●VIDEOEYNY 
最後の妹ちゃんの皮肉のこもったセリフ、それが全て。あんなに人気だった椎名くんが最終的にはどこにでもいるフリーターの女の子と結婚する。そういうものだよね。理想は全然達成できないけど、そこにある事実は別に悪いわけじゃない。ただ想像とは違っただけ。門脇麦の長まわしシーンやプールのシーン等良さげなシーンなど、切り取るとグッドな場面も複数あってワクワクしたのも本音。一部を「いいじゃん!」と思えればOKかな。