ソーリー・トゥ・ボザー・ユー/Sorry to Bother You

Sorry to Bother You

超クレイジーなブラックコメディの傑作

ヒップホップ・ミュージシャンとしても活躍しているブーツ・ライリーが初めて脚本と監督を務め、一部で熱狂的に話題となった奇想天外なコメディ。カリフォルニア州オークランド。カシアス・グリーンは叔父の家の車庫に暮らしながら職探しを地味に続けている日々をおくっていた。なんとか電話営業の職に就くことができたが、黒人特有のアクセントが原因で客の獲得に難儀するという、ここでも壁が立ちはだかる。しかし、白人特有のアクセントを身につけたことで、キャッシュは営業成績トップに躍り出る。成功の喜びは一瞬で終わり、その成功が原因で恋人のデトロイトとの関係が悪化してしまう。デトロイトにはバンクシー風の芸術家集団の一員として活動していたという秘密があった。その芸術家集団はキャッシュの会社を標的として抗議活動を展開しており…。

原題:Sorry to Bother You / 製作:アメリカ(2018年) / 日本未公開: / 上映時間:111分 / 製作会社:Significant Productions / 配給: 

【無料動画】

SORRY TO BOTHER YOU | Official Trailer

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

残念なことに世の中の映画は全て劇場で公開されるとは限りません。そういうときは動画配信サービスを使って見れないか検討してみましょう。これはネット配信で、大作も扱っていますが、マイナー作品も揃っています。ビデオスルー作品、インディペンデント系の小規模作、ここでしか配信していない作品。とにかく選り取り見取り。映画好きなら必見のサービスなので、味わうならすぐさま登録するくらいのことをしても損はありません。

しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「Sorry to Bother You」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『Sorry to Bother You』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:ブーツ・ライリー
脚本:ブーツ・ライリー
撮影:ダグ・エメット
音楽:ザ・クープ、メリル・ガーバス、ブーツ・ライリー、チューン・ヤーズ

★【キャスト】
ラキース・スタンフィールド、テッサ・トンプソン、ジャーメイン・ファウラー、オマリー・ハードウィック、テリー・クルーズ、パットン・オズワルト、デビッド・クロス、ダニー・グローバー、スティーブン・ユァン、アーミー・ハマー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.2/1094%81
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
とにかく凄い。でもどうやって言葉に表せばいいのやら。とりあえず基本的なあらすじは忘れた方がいいです。常識という壁をあっくなく突破していますから。最初は普通のコメディなんだと舐めていました。そしたら「えっ、えっ、え~~~!」という衝撃が全身を走り抜ける。そのまま地球一周です。久々にびっくりする映画体験をしたなと。生きている間にこれくらいのサプライズはそうそうないだろうから、満足はするけど、動悸が凄い。
●映画FUN  
これは絶対に日本では公開されないでしょう。ですよね? だってこのネタわかりますか? いや、百歩譲って理解できる人がいるとしても、だったら翻訳できますか。訛りとか一番難しい和訳の問題ですし、それをギャグにされるとお手上げですよね。皮肉と風刺の乱れ撃ちで文字化けしたかのような、異次元のコメディマシンガン。これはスタンダードな笑いの映画ではありません。黒人観客さも「なんだこれ」と驚いた、びっくり箱レベルです。
●STREAMANGO 
もしもし、凄い映画を見ちゃったのですが、感想はここで言えばいいのでしょうか。はい、では名前を言いますね。私は…えっ、よく聞こえない? まあ、いいですよ。観た映画というのは「Sorry to Bother You」です。いや、謝っていないです。これがタイトルなんです。題名です。だからわかってます? 内容は、ひとりの黒人がですね、なんか雑音が酷いですけど、大丈夫ですか。まあ、大変なことになるという…あっ、もう時間ですか?