LBJ ケネディの意志を継いだ男

ケネディ暗殺後、アメリカを任された男

ウッディ・ハレルソンが、第36代米大統領リンドン・ジョンソンを演じた政治ドラマ。リンドン・B・ジョンソンは民主党の院内総務として懸命に仕事をこなしていたが、1960年の大統領予備選挙で、党の大統領候補としてジョン・F・ケネディが選出され、その注目を集めたケネディは米大統領に当選を果たしてトップに立つ。43歳の若きライバル、ケネディの副大統領となることを認め、その職に就いたジョンソンだったが、副大統領の執務が国政の蚊帳の外に置かれているという立場に複雑な思いを抱く。しかし1963年11月22日、ダラスで暗殺されたケネディ大統領に代わり、ジョンソンは大統領に昇格。自分の望んだ形ではないがトップに立った彼は、ケネディの遺志を尊重し、公民権法を支持していき、長い間敵対していたロバート・F・ケネディ司法長官や、師弟関係にあったリチャード・ラッセル上院議員と争うことになる。

原題:LBJ / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2018年10月6日 / タイム:97分 / プロダクション: / 配給:ツイン 

『LBJ ケネディの意志を継いだ男』予告編

(C)2016 BROAD DAYLIGHT LLC ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼U-NEXT(31日間無料)
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▼dTV(31日間無料)

▼『LBJ ケネディの意志を継いだ男』の無料動画は見れる?▼

アメリカの政治を描くポリティカル・ドラマは難しそうに見えますが、実はハマると面白いジャンルの作品です。そんな映画をたっぷり鑑賞したいときは、動画配信サービスがオススメです。意外に知られていない便利な機能もあります。そのひとつが、ダウンロード機能です。普通、スマホで外出先で観ると通信量を消費しますが、事前に端末にダウンロードしておけば、WiFiのない環境でも通信制限を気にすることなく、楽しむことができます。

しかも、フリーお試しは嬉しいです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「LBJ ケネディの意志を継いだ男」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『LBJ ケネディの意志を継いだ男』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『LBJ ケネディの意志を継いだ男』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ロブ・ライナー(関連作品:『最高の人生の見つけ方』)
脚本:ジョーイ・ハートストーン
撮影:バリー・マーコウィッツ
音楽:マーク・シェイマン

★俳優(キャラクター)
ウッディ・ハレルソン(リンドン・B・ジョンソン)、マイケル・スタール=デビッド(ロバート・F・ケネディ)、リチャード・ジェンキンス(リチャード・ラッセル)、ビル・プルマン(ラルフ・ヤーボロー)、ジェフリー・ドノバン(ジョン・F・ケネディ)、ジェニファー・ジェイソン・リー(レディ・バード・ジョンソン)

★『LBJ ケネディの意志を継いだ男』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.4 57% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? ??
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『LBJ ケネディの意志を継いだ男』の反応

●無料ホームシアター 
いやはや目ががっつりと映像から離せなくなった。これまでいろんなアメリカ大統領が映画で描かれた。しかし、それはどれも著名な華のある人ばかりだった。例えば、ケネディだ。一方でこの映画はその次の人にスポットを当てる。混乱の中で次にリーダーはどんな壁にぶち当たるのか。社会福祉や教育制度改革、人権擁護を推進した政治家として、ここまでの成果を上げているのに、なぜ扱いは弱かったのだろうか。今思うと本当に謎である。
●Cレポーター 
これは面白い政治映画であり、伝記映画だろうか。良家の生まれでハーバード大卒、おまけにハンサムという三拍子揃った「パーフェクトな」ケネディに対し、テキサス州中央部の農村で生まれ、公立学校を経て教員養成大学を卒業し、しっかり教師をしていた「素朴な」男。この対比はとても大事で意味があるのかもしれない。政権終盤にジョンソン大統領は大きな過ちを犯したかもしれないが、その引き際も見事で、日本の政治家も見習ってほしい。
●STREAMANGO 
トランプ大統領に共感できる人はいないと思う。それくらいずば抜けて常人離れしている。けれども、LBJの葛藤と人間性は共感しやすい。誰でもこれは投影しやすいはずだ。前大統領JFKの意思を自分なりに継承し、公民権法の制定に尽力した「ひとかどの」人物として彼に脚光を浴びせた点は、完全に今のアメリカに欠けている。奇妙なことだが、あの大国は頂点に立つ指導者の存在感と姿勢がコロコロ180度変わるのがまるで仕掛けられたようで劇的だ。