現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

食べる女(2018)

もっと美味しくなる

小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、鈴木京香ら豪華女優陣が共演し、「食」と「性」をテーマに8人の女たちの日常を描いた筒井ともみの短編小説集「食べる女 決定版」を映画化。雑文筆家のトン子こと餅月敦子は、古びた日本家屋の古書店「モチの家」の女主人で、誰よりも料理をこよなく愛する人だった。彼女の家には、恋や人生に迷える女たちが夜な夜な集まってくるという変わった状況があった。トン子を担当する編集者で男を寄せつけないドドこと小麦田圭子、ドドの飲み仲間であるドラマ制作会社の白子多実子、求められると断れない古着屋店員の本津あかり、妖艶で惑わす魅力を振りまくごはんやの女将・鴨舌美冬ら、年齢も職業も価値観もバラバラな彼女たちを、おいしい料理を作って迎え入れるトン子だったが…。

原題:食べる女 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年9月21日 / タイム:111分 / プロダクション: / 配給:東映 

映画『食べる女』 本予告

(C)2018「食べる女」倶楽部


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞

●無料で見るなら!

  • 大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。ポイントの量にもよりますが、最大で映画1本を無料鑑賞できるので、実質フリーな気持ちに。

●安く見る方法は他にも!

  • コレを見ると自分の中であらかじめ事前に決まっている。そんなときは「ムビチケ」。通常料金よりもお得な価格でチケットを事前に購入できます。確実に観たい映画には便利です。
  • 鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズ・レディースデイ、ポイントサービスもあり、常に何かしらの割引を受けられることが多いです。劇場によって異なるので事前の確認を忘れずに。

▼『食べる女』の無料動画は見れる?▼

女性視点で作られた作品はたくさんありますが、どれも生きる希望を沸かせてくるような愛しい映画があって定期的に観たくなります。そんな映画を探しているときは、動画配信サービスを活用しましょう。お得に観られるのは旧作だけではありません。劇場公開作もポイントで交換できる割引クーポンで安く見られます。その最大額はなんと無料。映画館でチケットをタダで手に入れる機会はなかなかありません。

しかも、フリーお試しは嬉しいです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「食べる女」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『食べる女』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『食べる女』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:生野慈朗(関連作品:『余命』)
脚本:筒井ともみ
撮影:柳島克己
音楽:富貴晴美

★俳優(キャラクター)
小泉今日子(餅月敦子)、沢尻エリカ(小麦田圭子)、前田敦子(白子多実子)、広瀬アリス(本津あかり)、山田優(茄子田珠美)、壇蜜(米坂ツヤコ)、シャーロット・ケイト・フォックス(豆乃・リサ・マチルダ)、鈴木京香(鴨舌美冬)、ユースケ・サンタマリア(タナベ)、池内博之(豆乃修治)、勝地涼(白石)、小池徹平(友太)、笠原秀幸(矢々田)、間宮祥太朗(シノザキ)、遠藤史也(哲太)、RYO(米坂トキヲ)、PANTA(お客さん)、眞木蔵人(淳)、小島聖(桃井はる)、宇田琴音(桃井由有羅)、鈴木優菜(米坂ミドリ)、瀧福之助(米坂リュージ)

★『食べる女』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.2 ??? 3.4
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『食べる女』の反応

●無料ホームシアター 
世の多様な女性の生き方・食・性を描いていて、どれも共感を刺激されるばかりでした。時代はどんどん変化していますが、こういうウーマン・ムービーは作られ続けるでしょう。人は美味しいものを食べているときに幸せになるといいますが、今作は性に焦点をあてているのが特殊なパターンだと思います。きっとその部分がフィーチャーされるでしょうが、全体的に女性の素の在り方を描いているので、そこまで下世話なものにはなっていません。
●Cレポーター 
満腹中枢と性欲中枢が同じ位置にあるのは女性脳だけらしいけど、それが本当かどうかは置いといて、作品の方向性は嫌いではありません。劇中に美味しそうな料理が色々と出てくるのお腹が鳴りそうになりますから、事前に腹ごしらえをしておくことを強く推奨します。沢尻エリカを独特に過ぎる言葉責めで絶頂に誘うユースケ・サンタマリアが観られるので、それだけでも一見の価値あり。そして壇蜜の静かなぶっ壊れ感もさすがの貫禄でした。
●Sアナリスト 
オムニバス的な恋愛話を食と絡めて展開しているのは定番。グルメ・LGBT・豪華女優・子供・SEX・猫と全部詰め込んだ感じは闇鍋を思わせる。そのため贅沢なゴージャスなフルコースというよりは、味付けにこだわらないネタありきの山盛りだたと思って食べることにしましょう。本作のテーマはスローフーズ・スローセックスであるがそれ以上にスローなライフという要素のアピールさが邦画の変わらないスタンダードなんだなと痛感する一作。