閃光少女 Our Shining Days

中国の青春音楽学園ムービー

上海国際映画祭メディア大賞で最優秀作品賞をはじめ主要部門を総なめにした、中国民族音楽を学ぶ少女の奮闘を描いた青春音楽ドラマ。高校の伝統音楽部に所属する、元気が取り柄の少女ジン。彼女は、西洋音楽部のリーダー的存在であるイケメンのワン先輩に一目惚れし、部活仲間のヨウとともに作戦を練る。そこで学校で除け者扱いされているコスプレ集団と協力してバンドを結成する案を思いつく。いまいち意欲のないメンバーたちだったが、バンド活動を通して少しずつ自分たちを見つめ直すと同時に、伝統楽器の素晴らしさを内外に示していく。ジンとヨウは、容姿ではなく心や強い意志が自分たちを輝かせるということを音楽で表現できるのか。

原題:閃光少女 Our Shining Days / 製作:中国・香港(2017年) / 日本公開日:2018年8月18日 / タイム:103分 / プロダクション:Edko Films / 配給:武蔵野エンタテインメント 

閃光少女



(C)2017 Edko Films Ltd. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞

●無料で見るなら!

  • 大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。ポイントの量にもよりますが、最大で映画1本を無料鑑賞できるので、実質フリーな気持ちに。

●安く見る方法は他にも!

  • コレを見ると自分の中であらかじめ事前に決まっている。そんなときは「ムビチケ」。通常料金よりもお得な価格でチケットを事前に購入できます。確実に観たい映画には便利です。
  • 鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズ・レディースデイ、ポイントサービスもあり、常に何かしらの割引を受けられることが多いです。劇場によって異なるので事前の確認を忘れずに。

▼『閃光少女 Our Shining Days』の無料動画は見れる?▼

国が違っても青春は同じ。共通点の多いジャンルなので意外にハマってしまうことも多いです。そんな作品に触れてみたいなら、動画配信サービスを利用してみましょう。利用者も急増しているこのサービスは、今では作品鑑賞には欠かせないツールでもあり、スマホ(Android・iPhone)からパソコン、テレビまで、あらゆる媒体に対応しているので、自由な需要にこたえて、急速に利用者を増やしました。お得に鑑賞するなら、利用しない手はないでしょう。

しかも、フリーお試しは嬉しいです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法サイトは使ってはいけません。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

NEWな作品からOLDな作品までVODは勢揃い。配信作品数もどんどん増加中で目移りするほどです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「閃光少女 Our Shining Days」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『閃光少女 Our Shining Days』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『閃光少女 Our Shining Days』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ワン・ラン

★俳優(キャラクター)
シュー・ルー(チェン・ジン)、パン・ユーチャン(リ・ヨウ)、リュー・イョンシー(シャオマイ)、イーソン・チャン、ルー・チャオホワ(ベイベイ)、ハン・チョンユィ(ターター)、リー・ヌオ(サクラ)、ルオ・ミンチエ(ワン・ウェン)、チェン・ユィシー(チョン・ヨウアン)、ラー・スーホン

★『閃光少女 Our Shining Days』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.9 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
4.0 ??? 3.8
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『閃光少女 Our Shining Days』の反応

●無料ホームシアター 
こんな映画を待っていた。強引ながら流麗に面白さを持続させるポップでコミカルなノリ。それでいて邦画にあるようなウザさはない。純粋にエモくひたすら熱い。これぞ清純の学校もの定番の魅力。わざとらしい演出なんて使わくなても彼女彼らの青春は光り輝いているのだ。そんなことを思わせる。少女漫画のような突っ込みどころ満載でありながら、それを恥ずかしいと思わない清々しさを大人はもう一度思い出してほしいと痛感するばかりでした。
●Mコメンテーター 
オタク描写では黒執事とかラブライブとか日本のコンテンツが出てくるあたりに、漫画やアニメの影響力を思わせる。ここで描かれるのはいわゆるコスプレこみで楽しむ系のビジュアル・オタクだけど、それが楽器がめちゃくちゃ上手くて実は天才なんて設定も、明らかにラノベ的で、このあたりも含めてこれは現在のオタクたちに向けた作品になっているのだろうな。それを知らない大人の世代は、これが今のアジアの若者たちなんだとわかってほしい。
●Sアナリスト 
予想以上にいい。邦画でも、この手の作品では良く使われる恒例演出がほとんどだけど、その使い所といい、度合いといいクドくも無く、物足りなさも無く、バランスが良かった。コスプレ・アニメ・マンガと中国伝統音楽が融合したスーパー青春ムービーで、最後の音楽パフォーマンスといい、やりたいことをやった、だから後悔はない!という気持ちが溢れている。青春はこれだからいい。世間体を気にせず、体当たりで今を生きる。素敵な一瞬だ。