現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

3D彼女 リアルガール(実写映画)

美女とオタクが恋に落ちた

リア充美少女と恋愛経験ゼロのオタク男子の純愛を描いた那波マオ原作の人気コミックを、中条あやみ&佐野勇斗主演で実写映画化。ある日、リア充女・五十嵐色葉からなぜか猛烈なアプローチをされたオタク高校生・筒井光。ゲームやアニメの2次元の女の子だけでじゅうぶん満喫した人生を送っていた光は、初めてのリアルな恋愛に、新手のいじめではないかと疑うなど被害妄想にとりつかれて困惑を隠せない。一方、校内はオタク男とリア充女のありえない組み合わせに理解不能の人が相次ぎ、騒然となる。色葉と光の交際を不快に思うイケメン男子や2次元オタク後輩女子からの告白など、光を取り巻く状況は考えられない変化を見せ、光自身のコミュ力も限界を突破してしまう。

原題:3D彼女 リアルガール / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年9月14日 / タイム:114分 / プロダクション: / 配給:ワーナー・ブラザース 

映画『3D彼女 リアルガール』予告【HD】9月14日(金)公開

(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (C)那波マオ/講談社


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『3D彼女 リアルガール』の無料動画は見れる?▼

世の中にはいろいろな恋愛があってそれを疑似体験しているような気分になれるのも恋愛映画の良いところ。そんな豊かなロマンスを楽しむなら、動画配信サービスはオススメです。あの俳優とあの俳優の共演で、さまざまなイチャイチャやドキドキが詰まっています。可愛いシーンもカッコいいシーンも思う存分楽しみましょう。ネット配信なので自由に視聴できますし、劇場で割引になる特典もあるものもあります。

しかも、スタートはラクチン。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。でも、少し注意です。「思い切って登録したけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないように充分に慎重に留意しけなければなりません。「3D彼女 リアルガール」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『3D彼女 リアルガール』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『3D彼女 リアルガール』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:英勉(関連作品:『未成年だけどコドモじゃない』)
脚本:高野水登、英勉
撮影:小松高志
音楽:横山克

★俳優(キャラクター)
中条あやみ(五十嵐色葉)、佐野勇斗(筒井光)、清水尋也(高梨ミツヤ)、恒松祐里(石野ありさ)、上白石萌歌(綾戸純恵)、ゆうたろう(伊東悠人)、三浦貴大(間淵慎吾)、神田沙也加(魔法少女えぞみち:声)、濱田マリ(筒井紀江)、竹内力(筒井充)、荒木飛羽(筒井薫)

★コメント 
・佐野勇斗「挙動不審と言うか、分かり易い動きがあった方がいいなと思っていたので、昔から大好きな『電車男』の映画版とドラマ版を両方見直して、これは使えるなと思ったお芝居を参考にしました」

★『3D彼女 リアルガール』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.7 ??? 3.4
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『3D彼女 リアルガール』の反応

●無料ホームシアター 
爆笑が空間に広がっていくというとても気持ちのいい映画体験でした。コミュ障オタクと美少女のやり取りをかなり大げさに、でもコミカルに入り込みやすく演出しています。この恋愛の発端はなんだったのかが曖昧でそこは少し気になっちゃうけど、華やかに青春しているのでごちゃごちゃ言うことじゃないかもね。どういう二人で恋をするのに理由も要らないので好きにしていいと思います。それがどういう相手でも本人が幸せならいいんですよね。
●Mコメンテーター 
甘ったるい学園ラブストーリーではなく、ラブコメディとして成立しているあたりは、しっかりしているスタンダードな一本。物語が突然リアリティラインを超えて非現実な世界になるのは、この監督の得意分野なんでしょうね。ラストの方は少々首を傾げてしまうが、笑えるところもあり、普通に主人公を羨ましく思った映画だったので、観て良かったと思えました。実写ではかなりコメディ色が強いせいか前半のシーンではかなり異色でしたね。
●Sアナリスト 
劇中で「二次元の常識は三次元の非常識」、「三次元にリセットボタンはないが、リスタートは出来る」なんていう言葉がありましたけど、そのあたりについての考えはあれど、フレッシュに恋愛を異なる世界を行き来して描いているので素直に面白い一作でした。これは恐らく男子目線だと個人的には解釈するのですけど、2Dも3Dも一緒に選べる共存出来ると自分は考えているので、このオチは私以外にも思うところはあるのではないでしょうか。