ザ・プレデター(2018)

ザ・プレデター

最強の戦闘生物が戻ってきた

1987年の1作目公開以来、世界中に多くのファンを生み出した「プレデター」シリーズの正統続編として製作されたSFアクション。元特殊部隊員の傭兵クイン・マッケナは、メキシコのジャングルに突如として墜落した宇宙船と、その船に乗っていた謎の生物プレデターを目撃。凶悪で危険なプレデターの存在を隠匿しようとする政府に拘束されてしまう。クインは、墜落現場から持ち帰っていたプレデターのマスクと装置を自宅に送り届けていたが、クインの息子で天才的な頭脳をもつ少年ローリーが、ふとしたことが理由で装置を起動させてしまう。装置から発せられるシグナルによってプレデターがローリーのもとに出現、さらにそのプレデターを追い、遺伝子レベルでアップグレードした究極の戦闘スキルを持ったプレデターまでもが姿を現し、事態は混沌を極める。

原題:The Predator / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年9月14日 / 上映時間:107分 / 製作会社:Davis Entertainment / 配給:20世紀フォックス 

【無料動画】

映画『ザ・プレデター』予告 究極のプレデター降臨編

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
AuVideo
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

ハラハラドキドキのスリルを提供してくる映画は皆のお楽しみには欠かせない刺激です。そこでそんな映画をたっぷり見るのであれば動画配信サービスがよく注目されます。これはネット配信を多数取り揃えた、インターネット版レンタル店のようなものですが、サービスの中には映画館で使用できる割引クーポンに交換できるものがあります。割引は最大で無料。劇場公開作をタダで視聴できる、レアな経験をしてみたいと思う人は押さえておきましょう。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ザ・プレデター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『ザ・プレデター』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:シェーン・ブラック(関連作品:『ナイスガイズ!』)
脚本:フレッド・デッカー、シェーン・ブラック
撮影:ラリー・フォン
音楽:ヘンリー・ジャックマン

★【キャスト(キャラクター)】
ボイド・ホルブルック(クイン・マッケナ)、トレバンテ・ローズ(ネブラスカ・ウィリアムズ)、ジェイコブ・トレンブレイ(ローリー・マッケナ)、キーガン=マイケル・キー(コイル)、オリビア・マン(ケイシー・ブラケット)、スターリング・K・ブラウン(トレーガー)、トーマス・ジェーン(バクスリー)、アルフィー・アレン(リンチ)、アウグスト・アギレラ(ネトルズ)、ジェイク・ビューシイ(ショーン・キース)、イボンヌ・ストラホフスキー(エミリー・マッケナ)、ブライアン・プリンス(プレデター)、マイク・ドプド、ニオール・マター、ピーター・シンコダ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.5/1035%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
B級大作としてのビックパフォーマンスなエンタメムービーだと思えば全然許されるレベル。こんな大雑把な一作を作れるのもアメリカらしい芸当。映画の内容は1週間後に覚えている自信ないほどの典型的な構成になっているのですが、それは置いといても、暇つぶしとして考えるなら合格です。これ以上うるさく言う奴は、プレデターに殺されてしまいますよ。一番強い奴選手権としてまだまだこれからも強敵が登場しそうですがどうなのでしょうか。
●映画FUN 
僕の心を掴んで離さない「プレデター」の待望の新作はフェチズムを刺激し続ける最高のご褒美だった。まるで犬に大量のドックフードを与えたように、私は尻尾をぶんぶん振り回して涎を垂らしたのでした。下品だが小気味で心地よい会話、頭を潰し腕を切り裂くゴアゴアしまくりな血生臭い戦闘描写、強くパワフルでスマートなヒロイン像、はぐれ者の少年という要素など、とにかく一部のファン向けだけに特化したつくりになっているのが素晴らしい。
●STREAMANGO 
シェーンブラックは21世紀を代表する最高の娯楽映画作家の一人として堂々のランクインで良いと私の中で、くす玉が割れました。おめでとう。あなたが100人目のプレデターです! そんなジョークは別としてたぶん心の清らかなごく普通の上品な生活を送っている大衆の皆さんは今作は気に入らないと思う。これは一般人は完全にスルー前提で作っている。マニアックなピンポイント狙い撃ちだ。R15だから子供が観れないけど年齢に達したら見てほしい。