現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが欠落しています。2019年8月1日にサイトリニューアル予定です。

search サーチ

検索だけで展開する新感覚

物語がすべてパソコンの画面上を捉えた映像で進行していくサスペンススリラー。16歳の女子高生マーゴットが突然姿を消し、行方不明事件として通常の流れで捜査が開始されるが、家出なのか誘拐なのかが判明しないまま37時間がむなしく経過する。娘の無事を信じたい父親のデビッドは、自分でも何かをしようと、マーゴットのPCにログインして、Instagram、Facebook、Twitterといった娘が登録しているSNSにアクセスを試みる。だがそこには、いつも明るくて活発だったはずの娘とは別人の、デビッドの知ることはなかったマーゴットの姿が映し出されていた。

原題:Searching / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年10月26日 / タイム:102分 / プロダクション:Bazelevs Company / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 

映画『search/サーチ』予告(10月26日公開)

(c) 2018 Sony Pictures Entertainment, Inc.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『search サーチ』の無料動画は見れる?▼

心臓がドキドキ、背中がゾクゾクするようなサスペンスを味わいのであれば、動画配信サービスは欠かせないツールです。レンタル店で借りるよりも、充実したラインナップからネットですぐに視聴できるこのサービスは、今では当然のように日常的なものになりました。スマホやパソコン、テレビなど自分に合った好きな媒体で視聴できるのも嬉しいポイント。出演者の過去作や関連作も同時に検索できて、動画視聴が止まらなくなります。

しかも、ビギナーにもラッキーです。「お試しがあれば気軽に自分に合うかどうかじっくり検討できる!」そんなユーザーのためにあるものです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。「なんでこんなどうでもいいページに移動するんだ」と怒る経験はもううんざりです。「なによりも公式がベスト」それがこちらにとっても太鼓判を押せます。

ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。「一番困るのは類似サービスが氾濫しすぎということで…」そんな懸念にもバッチリ対応。「search サーチ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったらこのページを参考にしましょう。「どれがいいのだろう?」という迷いにアンサーを提示できます。「どれも同じサービスしか紹介していないのでは?」という疑問はノープロブレム。個別に違います。「このサイトは利用したことがない!」それはむしろ幸運です。チャンスと考えましょう。

『search サーチ』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『search サーチ』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:アニーシュ・チャガンティ
脚本:アニーシュ・チャガンティ、セブ・オハニアン
音楽:トリン・バロウデイル

★俳優
ジョン・チョウ、デブラ・メッシング、ジョセフ・リー、ミシェル・ラー

★『search サーチ』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.9 92% 71
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? ??
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『search サーチ』の反応

●無料ホームシアター 
2018年のベスト級の一作で、これを観ずにはこの年は語れません。WindowsXPのホーム画面から始まり、PC画面やYouTubeのフォーマットの変わり様で時間経過を見せるという、なんかのCMかと見間違うようなスタイリッシュな冒頭からワクワクさせるのです。そして、次々起こる展開。といっても全てはスクリーンの中。いや、ディスプレイの中というべきか。この斬新なスリルは一度味わえば病みつきになるので、騙されたと思って一回見てほしい。
●Mコメンテーター 
これぞイマドキな作品。逆にネットに疎い人はちんぷんかんぷんで、情弱にはツラいかも。そんな人は見ないだろうけど。facebook、instagram、tumblr、Gmailと片っ端から調べていくと浮かび上がるのは自分の知らない身近だと思っていた存在の裏側。エゴサとかは誰でもしたことがあるかもしれませんが、これは最悪です。インターネットあるあるネタがうまく話に落とし込まれているので、この語り口こそ褒められるべき一点なのでしょうね。
●SPACEMOV 
企画モノでカメラアングルも窮屈さを感じるのでは?という当初の懸念は観てしまえば「なるほど!」と払拭されたが、それにしてもこのアイディアは見事。地味に主人公がアジア人なのも新鮮。こういうタイプの作品がヒットするアメリカの傾向は、日本にはないので羨ましい。もっと日本も同じような大作ばかりでなかう、こういうインディペンデント系を推していくべき。これだって日本でも普通に作れてしまうのだから。サーチするまでもなく明白だ。