マガディーラ 勇者転生

マガディーラ 勇者転生

これがインド大作の原点

インド映画史上歴代最高興収を達成し、日本でもロングランヒットを記録した『バーフバリ』のS・S・ラージャマウリ監督によって2009年に製作されたスペクタクルアドベンチャー。1609年、ウダイガル王国・国王の娘ミトラ姫と愛を深めていた近衛軍の伝説的戦士バイラヴァは、王国とミトラ姫を手中に収めようとする軍司令官ラナデーヴの陰謀によって、無念の死を遂げる。それから400年後という長い月日が経過したインド・ハイデラバード。バイクレーサーのハルシャは町で偶然にある女性の手に触れた瞬間、かつての記憶が脳裏に現れ、自身の前世が戦士バイラヴァだという衝撃の過去を自覚する。やがてハルシャは、ミトラ姫の生まれ変わりであるインドゥと400年の時を経た運命的な再会を果たすが、2人の仲を引き裂いた悪名高いラナデーヴもまた、インドゥの従兄弟ラグヴィールとして転生していた。

原題:Magadheera / 製作:インド(2009年) / 日本公開日:2018年8月31日 / 上映時間:139分 / 製作会社:Geetha Arts / 配給:ツイン 

【無料動画】

「マガディーラ 勇者転生」本予告映像

(C)GEETHA ARTS, ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Youtube】公式配信


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

●劇場公開映画を無料で見るならコレ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。

●劇場公開映画を安く見る方法は他にも!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼無料動画を見る方法▼

インド映画は日本人の心をつかんで離さない魅力があるのか、魅了されてしまう人が続出しています。まだ観たことがない? であれば今すぐウォッチしてみましょう。そんなときは動画配信サービスを活用するといいです。ネット配信というかたちですぐに視聴できますし、余計な広告も、頻繁に動画が停止する劣悪な再生環境もないです。セキュリティも心配いりません。

しかもサービスには基本的に無料のお試しキャンペーンが用意されています。初めての登録から一定の期間(たいていは最大で1か月)、サービスを無料で使えるというもので、当然ながらその間は無料で動画を見ることも可能です。期間中に解約すれば、料金の請求はないので、もし必要なくなったら退会しても問題ありません。解約は登録よりもさらに簡単に済ますことができるので面倒な作業はなしです。

ネット配信が始まった場合は、VODでも取り扱う可能性が高いのですが、問題は自分の見たい作品が配信されているVODはどれなのかということです。そこでこのページでは視聴可能なVODを整理一覧化して、レコメンドしています。フリムビ2では適度に情報を更新しているので、安心して利用しながら、VOD選びの参考になります。自分の利用した経験がないVODがあれば、ラッキー。無料動画のチャンスです。

『マガディーラ 勇者転生』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:S・S・ラージャマウリ(関連作品:『バーフバリ 伝説誕生』)
脚本:S・S・ラージャマウリ
撮影:K・K・センティル・クマール
音楽:M・M・キーラバーニ

★【キャスト(キャラクター)】
ラーム・チャラン(バイラヴァ/ハルシャ)、カージャル・アグルワール(ミトラ/インドゥ)、デブ・ギル(ラナデーヴ/ラグヴィール)、スリハリ(シェール・カーン/ソロモン)、サラット・バーブ(ヴィクラム・シン)、ラオ・ラメシュ、スニール

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.7/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
もう言わずともわかるだろう、その知名度は一瞬にして日本に旋風を巻き起こした。誰もがその名を呼んだ。彼の名前は「バーフバリ」。その一大ムーブメントを生み出した創造神であるS・S・ラージャマウリ監督がかつて生み出した別の転生ストーリー。それが本作。すでに本国では大ヒットを記録済みらしいが、日本では完全にその存在が知られていなかった。それがこうやってきっかけになって顔を出すのだから本当に良かったと思える話だ。
●映画FUN  
映画としては古めだけど、見てくれは悪くない。いや、堂々たるクオリティだ。なによりそのプロットに自信が溢れている。きっとバーフバリとの比較が気になるだろうが、これは同じ要素を兼ね備えつつ、別のアイデンティティを持ったまさに源流を一緒にする兄弟作。現代的な舞台にも飛躍するので、雰囲気はかなり変わってくる。ポスターイメージはそこまで引っ張られることもないだろう。共通するのは感銘を受ける人間的正しさ自体だ。
●BILIBILI  
なんと本作はインドのオリジナルバージョンがYoutubeで無料公開されている(無論、無料だ)ので、それを見ることもじゅうぶん可能だ。しかし、たいていの日本人は言語が不明だろうし、ぜひとも機会があれば字幕付きで見てほしい。インドらしいスケールのデカさで人生の一瞬を最大のインパクトで描くこの映画を映すのであれば、小さなモニターは心もとない。必要なのは巨大なスクリーンと雄大な心と真摯な観客の受け手なのだから。