現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

クレイジー・リッチ!

アジア俳優尽くしでまさかの大ヒット!

シンガポールを舞台に不動産王の御曹司である恋人と、彼の裕福な一族との間で揺れながら本当の幸せを探求する独身女性の葛藤を、アジア系キャストをメインに描いたハリウッド製ラブユーモア満載笑劇。ニューヨークで仕事するレイチェルは、親友の結婚式に出席する恋人のニックと一緒にシンガポールへ赴く。初めてのアジア旅行への期待と、初めてニックの家族に会うことの緊張感を高めるレイチェルが出発当日の空港で案内されたのはファーストクラス。シンガポールの不動産王の超有名一族の御曹司で、社交界の女性たちから熱い注目を集める人気の独身男という、ニックの一面を知ってしまう。そのニックの恋人として場違いではと不安を高めるなか、2人の交際をよく思っていないニックの母や家族親戚一同、さらには元カノとの対立と、レイチェルは苦境に立たされてしまう。

原題:Crazy Rich Asians / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年9月28日 / タイム:120分 / プロダクション:SK Global Entertainment / 配給:ワーナー・ブラザース 

映画『クレイジー・リッチ!』予告【HD】2018年9月28日(金)公開

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『クレイジー・リッチ!』の無料動画は見れる?▼

気分爽快に大笑いして素直にリフレッシュしたいときは、コメディ映画で心も体もストレスを吹き飛ばしましょう。動画配信サービスでは笑い疲れるほどたくさんの作品が揃っています。数多のネット配信作品が勢揃いしており、スマホからパソコン、テレビまで幅広いメディアで視聴可能。さらに高画質で、余計な広告もなしに、安定した再生環境が完備されているので、安心してください。

しかも、ユーザーにとって非常にお得な特典があります。それが無料お試しキャンペーンです。初回登録時から一定期間、料金の請求なしで機能をお試しできるものですが、当然のようにアカウントを作って終わりではなく、作品動画を観ることもできます。最初の5分しか見れないなんてことはなく、ちゃんと全編を観ることが可能です。「一度登録したら解約できないなど、トラブルがあるのでは?」と心配する声もあるかもしれませんが、簡単に数ステップで退会できるので問題ありません。

「VODは旧作を見るものでは?」そんな声もあるでしょうが、実は劇場公開作品を観るのにも使えます。登録時にもらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをもらえるサービスがあるものもあるのです。割引といっても最大で無料になるほどなので、意外と簡単にタダで映画館で鑑賞する体験を手に入れることも夢ではありません。ポイントは月ごとにたまるので早めに登録しておくと、ポイントがためることができます。

新作でもネット配信されれば、VODでももちろん配信されることになりますが、肝心のVODは種類がたくさんありすぎてどれを選べばいいのか困るのが難点。「いざ登録したけど、観たい作品がない!」なんてことになったらストレスがたまるだけです。VODの配信作品は流動的で、確認は面倒です。そこでこのページでは視聴可能なVODを作品ごとに整理しています。配信しているならバナーでレコメンドするので参考にしてください。他の類似サイトのように情報の更新がないなんてことはありません。適宜にバージョンアップをして情報がリニューアルするので新鮮です。

『クレイジー・リッチ!』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『クレイジー・リッチ!』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ジョン・M・チュウ(関連作品:『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』)
脚本:ピーター・チアレッリ、アデル・リム
撮影:バーニャ・ツァーンユル
音楽:ブライアン・タイラー

★俳優
コンスタンス・ウー、ヘンリー・ゴールディング、ジェンマ・チャン、リサ・ルー、オークワフィナ、ハリー・シャム・Jr.、ケン・チョン、ミシェル・ヨー、ソノヤ・ミズノ

★『クレイジー・リッチ!』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.7 93% 74
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? ??
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『クレイジー・リッチ!』の反応
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑鋭い批評が炸裂。

●無料ホームシアター 
欧米文化圏のアジア人蔑視は体験したことがある人にしかわからないが、それはいまだに根深いので、嫌になっている人も多い。しかし、この映画はやってくれた。オールキャストアジア人でひたすらアジアンなつくりなのに、ついに未知の領域に踏み込んで新しい壁を開いた。誰が大ヒットすると予想しただろうか。そんな奇跡に思わず身震いしてしまう。これはアジア人必見のとてつもない珍事件だ。これを見逃すとアメリカ映画史を語れない。
●Cレポーター 
タイトルどおり。ケバケバ趣味悪成金ファミリーがクレイジーに暴れ回るというその無茶苦茶に観客は爆笑するだけ。ただ、邦題はなぜ「アジアン」を抜いてしまったのか。そこは残念でならない。そこが重要なのに。日本が一番アジアを軽視しているようで悲しくなってくる。今からでも邦題を変更できないものか。イエローという差別用語がついに反転するその盛り上がりを実感できる人はいなかったのか。日本の島から出ていないなら無理か…。
●Sアナリスト 
アジア人メインのハリウッド作品がすっかり現れてきた。これがその先発隊として花火を打ち上げた。それも豪華な、とびっきりのド派手なやつを。キャストを全てアジア人にしてホワイトウォッシングを綺麗に洗い流したので、この爽快感を味わってほしい。とても気持ちよく既存の偏見を浄化している。もちろん皮肉も込めて。ただ、ちょっと中国人が多いのは残念。もっと日本人がデビューしていく必要があるなと思ってしまったのも本音です。