劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

世界を救う最高の罪人、集結!

「週刊少年マガジン」の看板コミックとして人気を集める「七つの大罪」を、原作者・鈴木央の描き下ろしネームをもとにした完全オリジナルストーリーでアニメ映画化。国王の誕生日という記念すべきイベントを祝うため、幻の食材・天空魚を探しに辺境の地にやって来た「七つの大罪」のメンバーたち。しかし団長メリオダスと人語を話す豚ホークは、雲の上にある世界「天空宮」へ飛ばされてしまう。天空宮では翼を持つ天翼人たちが、3000年間封印されている凶悪な魔獣の解放を防ぐための神聖な儀式の準備を着々と進めていた。そんな彼らの前に、危険極まりない魔獣の封印を解こうとする魔神族の集団「黒の六騎士」が現われる。

原題:劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人 / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年8月18日 / 上映時間:99分 / 製作会社: / 配給:東映 

【無料動画】

『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』本予告

(C)鈴木央/講談社 (C)鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

人気コミックのアニメシリーズは非常に人気が高く、その映画化ともなればファンは見ないわけにはいきません。そんな作品を幅広く押さえたいのであれば、動画配信サービスは心強い仲間になってくれます。ネット配信を楽しめるこのサービスは、さまざまな媒体で楽しめるだけでなく、通常のテレビアニメも多数取り揃えています。見逃してしまったあの話数もきっちり視聴して、ストーリーに置いていかれる心配もありません。

違法なアップロードによる動画を提供しているようなサイトを利用するのは良くないのは言わずもがなですが、それは単に法的な問題もありますが、その他にも不適切でユーザーに損害を与える広告の表示や、視聴機器に負荷を与えるなど、デメリットだらけ。その点、VODはオフィシャルで安定した動画再生環境を持っているので言うことなしです。

しかも、初回無料トライアルによって、登録から一定の間であれば、自由に機能を試しながら、作品も視聴できます。タダで動画を見れる方法はそうそうありません。もちろん、期間内に解約すれば料金の請求はないので、安心してください。無料期間として設定されているタイムスケジュールは、各サービスごとに違いますが、それもじゅうぶんな時間が用意されています。焦ることはないでしょう。

新作でもネット配信がスタートすればVODで鑑賞できるのですが、問題になるのはその動画配信サービスで観ることができるのかということ。自分の見たい作品がないVODに登録するのは損です。そこでこのページでは視聴可能なVODを整理してまとめています。フリムビ2では情報を更新しており、確認する作業を短縮できるので活用してみてください。

『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
総監督:阿部記之(関連作品:『黒執事 Book of the Atlantic』)
監督:西片康人
脚本:上江洲誠
キャラクターデザイン:佐々木啓悟
音楽:澤野弘之、和田貴史

★【キャスト(キャラクター)】
梶裕貴(メリオダス)、雨宮天(エリザベス)、久野美咲(ホーク)、悠木碧(ディアンヌ)、鈴木達央(バン)、福山潤(キング)、高木裕平(ゴウセル)、坂本真綾(マーリン)、杉田智和(エスカノール)、代永翼(ソラーダ)、戸松遥(エルラッテ)、鈴木れい子(バネス)、大塚明夫(ゾリア)、森川智之(ベルリオン)、日笠陽子(ガラ)、櫻井トオル(ダハーカ)、天田益男(デロッキオ)、黒田崇矢(アトラ)
シルクロードパンプ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
4.0/5.0???/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
澤野弘之さんの音楽は劇場のサウンドで聴くことに価値があるとハッキリ認識させるにはじゅうぶんなクオリティ。アニメの映画化の連発はうんざりという人もいますが、それも一理あります。でもそういう見方もあるのではないですか。有名な七つの大罪とは「憤怒」「嫉妬」「強欲」「怠惰」「色欲」「暴食」「傲慢」の7つ。この作品は映画の楽しさを教えてくれるという功績を果たしたので罪は一つなくなったとポジティブに考えておきましょう。
●映画フリー  
七つの大罪というとどう考えてもヴィラン側の悪のイメージが強いが、そのイメージをガラッと逆転させたヒーロー像に、チート対チートの激しい王道インフレバトルが売りの人気コミックのシリーズ。七つの大罪それぞれに見せ場がちゃんとあったので、スタンダードな面白さは確保済み。必殺技名を叫んだり、合体技は燃えるけど、技名を文字として画面に出す演出は最近の流行なのかな。個人的にはこれは好みが分かれると思う。ましてや映像だし。
●BILIBILI 
エスカノールが出ているので二期の後の話ですね。聖騎士長とかは出てきません。七つの大罪と天翼人と魔神族で話が構成されて進みます。ディアンヌーキング、マーリンーエスカノール、メリオダスーエリザベス、メリオダスーバンの友情、それぞれにいつもより濃いめでお送りしている感じ。タレントキャスティングをしてないのがナイスな判断。ホークの出番も多くて癒されるのですが、ギャグのテイストが低年齢化している気がしなくも…?