英国総督 最後の家

英国総督 最後の家

独立を目前に激動のインドを描く

1947年、独立前夜のインドを舞台に、激動する歴史に翻弄された人々の姿を描いたヒューマンドラマ。最後のイギリス統治者として、インドのデリーにある総督の家に訪れたルイス・マウントバッテン。宮殿のごとき豪華絢爛な総督の邸宅では、ヒンズー教、イスラム教、シーク教など立場の異なる宗派の教徒たち500人が一斉に同じ使用人として懸命に働き、ルイスと家族が暮らす2階では、政治のエリートたちが、独立後に統一インドを望む多数派と、分離してパキスタンを建国したいムスリムたちとに分かれ、連日連夜の論議を続けていた。そんな日々の中、使用人のインド人青年ジートと令嬢秘書のアーリアが、宗派の違いを超えて惹かれあうのだが…。

原題:Viceroy's House / 製作:イギリス(2017年) / 日本公開日:2018年8月11日 / 上映時間:106分 / 製作会社:Pathé / 配給:キノフィルムズ 

【無料動画】

『英国総督 最後の家』予告映像 2018年8月11日(土・祝)全国公開

(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED, RELIANCE BIG ENTERTAINMENT(US) INC., BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND BEND IT FILMS LIMITED, 2016


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

●劇場公開映画を無料で見るならコレ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。

●劇場公開映画を安く見る方法は他にも!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼無料動画を見る方法▼

遠く離れた異国の歴史に触れる最も身近な手法は映画を観ることです。そこでたくさんの作品に出会えるチャンスの多い動画配信サービスを活用しましょう。こちらではさまざまなジャンルのその国ごとの歴史を描いた作品が多数ネット配信というかたちで揃っています。配信と言ってもDVDなどで見るのと変わりありません。高画質で安定した再生環境を備え、かつスマホやパソコン、テレビでもどの媒体でも視聴できるのです。

さらに無料お試しキャンペーンが用意されているので、登録したらしばらくの一定期間は無料で利用することができます。あの作品もこの作品も動画をタダで見られるというのは嬉しいものです。当然、期間内に視聴が終わって、その間に解約すれば、普通に料金を請求されることはありません。退会も簡単にでき、面倒な手続きも必要ありませんから、とにかく気軽に試すことができます。公式なので情報管理も万全。安心してください。

ネット配信が行われるようになったら、さっそくVODで視聴したいところですが、どのVODで自分の見たい作品が取り扱っているのかを判断する必要があります。そこでこのページでは各作品ごとに視聴可能なVODを整理して、まとめています。配信状況は変化しますが、それに合わせて更新もしているので、情報確認の参考にしてください。

『英国総督 最後の家』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:グリンダ・チャーダ(関連作品:『ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日』)
脚本:ポール・マエダ・バージェス、グリンダ・チャーダ、モイラ・バフィーニ
撮影:ベン・スミサード
音楽:A・R・ラフマーン

★【キャスト(キャラクター)】
ヒュー・ボネビル(マウントバッテン卿)、ジリアン・アンダーソン(エドウィナ・マウントバッテン)、マニシュ・ダヤル(ジート・クマール)、フマー・クレイシー(アーリア)、マイケル・ガンボン(ヘイスティングス・イズメイ)、ダンビール・ガニー(ジャワーハルラール・ネルー)、オム・プリ(アーリアの父)、ニーラジ・カビ(マハートマ・ガンディー)、サイモン・キャロウ(シリル・ラドクリフ)、デビッド・ヘイマン(エワート)、デンジル・スミス(ムハンマド・アリー・ジンナー)、リリー・トラバース(パメラ・マウントバッテン)、ジャズ・ディオール(トゥリープ)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.6/1071%53
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.9/5.0???/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
「インドの独立」と「パキスタン建国」の成り立ちについてあなたはどれだけ知っているだろうか。この作品はその無知な自分とおさらばする絶好の機会になる。それは世界史の勉強というだけでなく、今では必須の知識ともいえる他国を知るということだから、やっておいて損はない。当時のインドは「ヒンドゥー」と「ムスリム」の宗教対立が激化していた。それは今の時代とも重なる。過去を理解して、現在を再考し、未来につなげる。良いことだ。
●映画FUN  
「ヒンドゥーもムスリムも、どちらの宗教(神)も本物です。宗教によって国を分ければ、それは対立を生むだけです」そんな偉人の言葉の意味を知ることができました。綺麗ごとではない、本当の融和の大切さです。「インドとしての単一国家としての独立」か「インドとパキスタンへの分割」かという悩みはじゅうぶん理解できます。しかし、その発想は祖国を思うが故。なので、本来は応援されるべきことであり、悪い事はないのですがね。
●SPACEMOV 
インドの女性監督の作品とのことで、新鮮な気分で鑑賞。最後の総督、マウントバッテン卿は、妻とともに、全面的に理想的かはわからないが善意の人と描かれている。しかし、彼のインドを平和裡に独立させるという努力は、結局は、結論が決まっていた世界を統べる大国間の政治力学の中で、ひとつの駒として踊らされていた虚しいものだった。それもまた歴史であり、現実なのかもしれない。それを踏まえてもこの作品はとても興味深いものだった。