現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

2重螺旋の恋人

鬼才による極上サスペンス

アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案し、性格が正反対な双子の精神分析医と禁断の関係にのめり込んでいく女性の姿を、官能的に描き出した心理サスペンス。原因もよくわからない謎の腹痛に悩まされるクロエは、精神分析医ポールのカウンセリングを受けることになる。すっかり痛みから解放された彼女はポールと恋に落ち、その流れで一緒に暮らし始める。ある日、クロエは街でポールに瓜二つの男性ルイと出会う。ルイはポールと双子で、職業もこれまた同じ精神分析医だという。ポールからルイの存在を知らされていなかったクロエは、真実を突き止めようとルイの診察室に通い始めるが、優しいポールと違って傲慢で挑発的なルイに次第に惹かれていく。

原題:L'amant double(Double Lover) / 製作:フランス(2017年) / 日本公開日:2018年8月4日 / タイム:107分 / プロダクション: / 配給:キノフィルムズ 

『2重螺旋の恋人』7つの罠を見抜け!(予告有)

(C)2017 - MANDARIN PRODUCTION - FOZ - MARS FILMS - FILMS DISTRIBUTION - FRANCE 2 CINEMA - SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『2重螺旋の恋人』の無料動画は見れる?▼

大人のドラマが展開される濃厚な色気が漂う映画は、ひとりでじっくり見たいことも多い作品です。そこで役に立つのが、現在利用者急増中の動画配信サービスです。旧作であればネット配信で扱われている場合、スマホやパソコンなどで自由に視聴ができます。高画質で安定した再生環境があり、さらにはサービスの中にはダウンロード機能も備えているものもあるので、通信量も心配せずに気軽に利用できます。

さらに劇場公開の新作でも、登録時や月初めなどにもらえるポイントで交換できる割引クーポンを使って、お得に鑑賞ができます。最大で無料になるという嬉しいサービスであり、チケット代を払わずに気分よく映画館を堪能できる体験はなかなかありません。全ての映画を見るのは不可能ですが、見たい作品を絞っていれば、非常に便利なものです。ネット購入では利用できない場合があるので、クーポンの使用時にはよく確認しましょう。

加えて、無料お試しキャンペーンがあります。限られた期間内であれば、サービスを無料で利用できるので、当然、作品動画をタダで見られることも可能です。対象作品はサービスで扱われているものになります。無料お試しでもポイントがもらえるのでコンテンツ課金でもちゃんと視聴はできます。退会は気軽にできますので、安心して利用してください。

ネット配信された場合に動画配信サービスで見ようと思ったとき、どのVODで配信されているかを判断する必要があります。その時はこのページで整理しているサービスを参考にしてください。フリムビ2では情報を適宜更新しているので該当作品の配信VODを探すときに役に立ちます。自分の利用していないサービスを優先して試して見るのがいいでしょう。

『2重螺旋の恋人』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『2重螺旋の恋人』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:フランソワ・オゾン(関連作品:『婚約者の友人』)
脚本:フランソワ・オゾン
撮影:マニュ・ダコッセ
音楽:フィリップ・ロンビ

★俳優(キャラクター)
マリーヌ・バクト(クロエ)、ジェレミー・レニエ(ポール/ルイ)、ジャクリーン・ビセット(クロエの母)、ファニー・セイジ(サンドラ)、ミリアム・ボワイエ(ローズ)、ドミニク・レイモン(婦人科医)

★『2重螺旋の恋人』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.2 71% 70
映画.com Yahoo! Fm
3.4 ??? ??
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『2重螺旋の恋人』の受賞
第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品。

★『2重螺旋の恋人』の反応

●無料ホームシアター 
ぐいぐいと引き込まれてミステリアスというものはやはりたまらないもので、それが実力のある監督の手で繰り広げられるのであれば、なおさらの満足さ。悪趣味すぎて身震いし、嫌悪感でゾワゾワして喉に何かが引っかかっている違和感が消えない。スッキリしたいならこのフィルムのどこを探してもそんな紐はない。そういう観客の希望は最初から受け付けていない。フランス界の天才は眼中にない。この累々と重なる人の性の螺旋に溺れていくだけだ。
●Mコメンテーター 
エロスとタナトスという定番のテーマに、深淵な映像美と物語性の沼が広がっていました。何を言ってもネタバレになる系映画という扱いなので、今作は事前情報は封印しておこうと思った方がいい。精神分析や臨床心理学の立場からの解説もできそうだが、そこを狙っているのかは不明で、正直に言えばなんの断定もできない。監督に聞かないかぎり。双子にしか理解できない世界があるなんてワンダフル設定もリアルではありうるのかなと考えてみるけど。
●STREAMANGO 
主人公の女性が嵌る禁断のエロです。結構攻めてます。ガッツリなエロいシーンも多いです。オゾンの超ど変態妄想大爆発で床も壁も画面も散らかっちゃったような。前半はヒッチコックの諸作品の影響が有るような雰囲気がムンムンするしそこからはまさかの…。ラストまで目が離せない怪しさでもう何も信用できないのが最悪。左右対称さは双子の喩えという解釈でいいのか。最後にポールと呼ばれる男がタバコを取り出した姿を2秒くらい映したのはなぜ?
●VUDU
エロティック・スリラーといってもいい乱れるシーンが満載。恋人と同じ顔なのに性格が真逆の男との間でウロウロするというのはロマンスではありえそうな設定ですけど、これはどうなのか。観客の頭に「?」が浮かんでいると明かされるのは衝撃の…。見事に終わる余韻に放り出されるという完璧な放置プレイ。邦題の誤訳は意図なのかもしれないと思うが、実際はどうなのか。オゾンは自分の趣味または美意識を恥ずかしげもなく出すので本当に好き。