スティール・サンダー

スティール・サンダー

二大アクションスターが夢の共演

ジャン=クロード・ヴァン・ダムとドルフ・ラングレンという2大アクションスターがタッグを組み、テロリストたちが収容されている潜水艦の内部で繰り広げる戦いを描いたアクション。CIAの極秘情報を流出させた容疑者を追っていたウィーラーは、謎めいた武装組織に突然襲われて身柄を拘束され、テロリストたちの収容所になっている堅牢な密室である潜水艦「ブラック・サイト」に連行される。艦内にはマルコという謎の男が幽閉されており、CIAの流出したデータにアクセスするために必要な鍵について尋問されたウィーラーは、隙を突いて取調室を上手く脱出し、その秘密を抱えたマルコに協力を依頼。マルコを独房から解き放ち、潜水艦からの脱出を図るが…。

原題:Black Water / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年7月28日 / 上映時間:105分 / 製作会社: / 配給:インターフィルム 

【無料動画】

映画 『 スティール サンダー 』 劇場用公式予告

(C)2018 BLACK WATER LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

俳優マニアにとってアクション映画はフィルモグラフィの中でも追いかけるのが楽しい作品群ジャンルです。個性豊かな作品で共通したアクションセンスは燃えてきます。そんな俳優関連作を観たいのであれば動画配信サービスが役に立ちます。ネット配信によって作品をたくさん見ることのできる便利なツールですが、検索機能や関連作紹介機能も充実。この俳優が出演している作品だけを探すことも一瞬でできます。どんどん視聴が止まらなくなって止め時が見つからないほどハマってしまうかもしれません。さらに無料お試しキャンペーンが用意されていますから、タダで映画を観ることが一定期間中はできてしまうという嬉しい特典も。無料動画のような感覚で体験すれば、まず間違いなく快適さを実感できるしょう。解約についてはすぐに可能なので安心してください。

そうなってくると気になるのが自分の見たい作品がどの動画配信サービスで扱っているのかという疑問。そこでこのページでは視聴可能なVODをレコメンドしています。配信中のVODは整理して、一覧化しており、情報を更新していますので、参考にご利用ください。

『スティール・サンダー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:パシャ・パトリッキ
脚本:チャド・ロウ
撮影:パシャ・パトリッキ
音楽:スペンサー・クリーガン

★【キャスト】
ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ドルフ・ラングレン、アル・サピエンザ、ジャスミン・ウォルツ、パトリック・キルパトリック、クリス・バン・ダム、コートニー・ターク、アレクサンダー・バイシェルボイム、ランス・E・ニコルズ、マーク・シャーマン、カフル・ペンドレッド、アーロン・オコンネル、イアン・ネイルズ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
4.6/100%16
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
世の中のアクション俳優にとってコイツとコイツが一緒に戦ったら最高だよなと考えて妄想することはもはやご飯の献立を考えるのと同意義といえるのだが、それはわかる人にしかわからないようだ。カップリングみたいなものだと思うのだが、なぜ通じないのか。そんな夢のバディやマッチとして、このヴァンダムとラングレンというカードは手が震えるものであるのは当然といえる。どちらも渋い活躍で華々しい映画界の成功から離れている存在だけど。
●映画FUN 
海外版のポスターはカッコいいのですよ。ヴァンダムの口にガムテープが貼られてただならぬ雰囲気。またヴァンダムは酷い目に遭うのかと往年のファンは彼の身を心配するいつものコースを辿るはず。しかし、なぜか日本のポスターはガムテープなし。なぜ? ヴァンダムに配慮したの? いや、そんなの逆にファンはがっかりだよ。彼は苦境に立たされてこそ強くなる存在なのに。そのへんわかっているのですか。そんなことを問い詰めたい今日この頃。
●STREAMANGO 
ヴァンダムといえば蹴り。しかも大股のド派手なやつ。毎回これでもかとサービス精神でキック&キックを披露してくれるのがまた最高。なのになぜか今作は舞台が潜水艦。蹴りどころか激しいアクションをするのには絶望的な状況。これによってヴァンダムの魅力ゲージに甚大なダメージが入り、大幅なパワーダウンが発生。脳筋率は少し少なめになってしまったが、そのぶんの駆け引きやどんでん返し、軽口要素は含まれているのでそれで勘弁して。