志乃ちゃんは自分の名前が言えない(実写映画)

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

伝わらなくてもいい、伝えたいと思った

漫画家・押見修造が実体験をもとに描いたコミックを、南沙良と蒔田彩珠のダブル主演で実写映画化した青春ドラマ。言葉を話すのが上手くできないために周囲となじめずにいた高校1年生の大島志乃。しかし、同級生の岡崎加代と校舎裏で出会ったことをきっかけに、彼女と一緒に過ごすようになり、友達ができる。コンプレックスから周囲と距離を置き、無意識に卑屈になっていた志乃だが、加代にバンドを組もうと誘われて今までにない変化を経験していく。やがて、志乃をからかった同級生の男子・菊地が強引にバンドに加入することになり…。

原題:志乃ちゃんは自分の名前が言えない / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2018年7月14日 / 上映時間:110分 / 製作会社: / 配給:ビターズ・エンド 

【無料動画】

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』予告編

(C)押見修造/太田出版 (C)2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

心温まるヒューマンドラマは私たちの人生に思わぬきっかけを与えてくれます。そんな映画を観ることはかけがえのない価値です。では作品にたくさん触れ合うにはどうすればいいのでしょうか。オススメは動画配信サービスです。利用したことのない人は、ネット配信で作品をいっぱい見れるものくらいの認識しかないかもしれませんが、それだけでなく、映画館での割引クーポンがあったり、配信されたばかりの準新作をポイントで購入できたりします。さらには無料試用の期間が用意されているので、その期間はタダ。あの映画も無料で見れてしまうのです。そんな美味しい話があるかと思うかもしれませんが、これはちゃんと公式が提供しているれっきとしたサービスです。解約したいときはすぐにできるので安心してください。

では新作のレンタルorネット配信が始まったら、動画配信サービスのなかで視聴可能なものはどれなのか。その情報については、このページでは視聴可能なVODが整理しているので、判断の役に立つはずです。フリムビ2では特定のサービスだけを推奨するような贔屓はしていません。あくまで観ることができるVODを平等にリストしています。掲載がない場合は、作品が配信されるかどうか情報の更新をお待ちください。

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:湯浅弘章(関連作品:『THE NEXT GENERATION パトレイバー 第6章』)
脚本:足立紳
撮影:今村圭佑
音楽:まつきあゆむ

★【キャスト(キャラクター)】
南沙良(大島志乃)、蒔田彩珠(岡崎加代)、萩原利久(菊地強)、山田キヌヲ(小川悦子)、奥貫薫(大島由美)、小柳まいか、池田朱那、柿本朱里、中田美優、蒼波純、渡辺哲

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.03.62/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
何度もリピートしたくなる素晴らしい映画でした。この鑑賞後の気持ちをどう表せばいいのか、本当に困る。吃音で人と上手く話せない、音痴、空気が読めない、その他、コミュ障な要素として働いてしまうものの数々。そんな「誰かに何かを伝える力」に何処か難を抱える、高校生たちの物語が優しく展開されるのです。なぜか涙が止まらない。これは観客によっては心に深く突き刺さるようなメモリアルな作品になることは絶対にそうだと断言できる。
●映画フリー 
もう涙で前が見えない。前半に、かよちゃんが、しのちゃんに言った「また明日ね 」が、後半では、「じゃあね、バイバイ」になる。あのバスに乗らずに、ぎりぎりまで、お互い何を言うか、何を言わないでおくか、考えていたのかなとか、いろいろ考えてしまう。それくらい劇中のキャラクターに感情移入してしまうのだった。激烈で感動的なサクセスでなくとも人にはドラマがある。そこにあるのは私だけの物語。でも共感させられる。不思議だ。
●BILIBILI 
「ずっとそんな喋り方だったの?」じゃないだろ!って作中の教師の世間知らずに怒りが湧いたのですが、実際にどういう対応が正しいのかはわからない。というか、正しさなんであるのか。人付き合いに正解なんてないのかも。だからこんなに悩むんだ。そんな気持ちになった。ラストは思ってたのとは全く違う展開。最初のカラオケのシーンでは胸に突き刺さるものがあったから、もっと歌声を聴きたいのが本音。これはどこかで聞けないのかな。