リミット・オブ・アサシン

復讐に与えられたのは24時間限りの命

スタントマン出身で「X-MEN」シリーズなどで第2班監督を務めてきたブライアン・スムルツが監督を手がけ、イーサン・ホークが主演し、24時間というタイムリミットの中で復讐のため戦う暗殺者を演じたノンストップアクション。大切にしていた家族を無残にも失い、任務中に命を落とした実力のある暗殺者のトラヴィスは、組織の蘇生実験で命を吹き返す。それは禁断の復活であり、第2のチャンスだった。しかし、組織はトラヴィスが手に入れた情報を聞き出すと、すぐに用済みになった彼を処分しようとする。その場をなんとか逃げ延びたトラヴィスは、自分が組織に捨て駒として利用されただけだったことを悟り、自らの犯した罪と向き合い、組織のさらなる陰謀を食い止めるため復讐を誓うが、与えられた命には24時間という制限があった。

原題:24 Hours to Live / 製作:アメリカ・中国(2017年) / 日本公開日:2018年6月16日 / タイム:93分 / プロダクション: / 配給:クロックワークス

殺し屋に与えられたのは24時間限りの命 『リミット・オブ・アサシン』 本予告

(C)24 HTL CO., LIMITED 2017


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『リミット・オブ・アサシン』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンス&アクションは目を離せない面白さがあります。そんなスリル満載の映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く活用するのが良いです。レンタル店でDVDを借りるのも便利ですが、ネット配信はさらに利便性がアップ。動画サイトと基本は同じような感覚で使えるので、そこまで新しい作業を覚える必要はありません。そのまま気軽に利用を開始できると思います。

「無料」ですよ!タダ!
利用料は親切設計。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

これに決めた!
それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「リミット・オブ・アサシン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。情報は基本的に記事更新日(ページ上部に記載)の状況をベースにしていますので、目安にするにはじゅうぶんな材料です。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

あなたはどっち派?
字幕でも吹き替えでもオールオッケー。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。「リミット・オブ・アサシン」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「リミット・オブ・アサシン」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。そこまで難しくもないです。

『リミット・オブ・アサシン』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『リミット・オブ・アサシン』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ブライアン・スムルツ
脚本:ロン・ミタ、ジム・マクレイン、ザック・ディーン
撮影:ベン・ノット
音楽:タイラー・ベイツ

★俳優
イーサン・ホーク、シュイ・チン、ポール・アンダーソン、リーアム・カニンガム、ルトガー・ハウアー

★『リミット・オブ・アサシン』のREVIEW

IMDb RT Mt
5.7 44% 37
映画.com Yahoo! Fm
3.0 ??? 3.2
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『リミット・オブ・アサシン』の反応

●無料ホームシアター
宣伝はなぜか「ジョン・ウィック」を強調していますが、そういう雰囲気はありません。たぶんスタント出身の監督だからそう関連付けたのか、はたまた今一番ヒットしたアクションの新作がそれだったからなのか。とにかくあんまり日本のプロモーションに惑わされないように。ポスターにさえ堂々と書いていますが、スルーしてください。中身は割といたって普通なアクションです。もちろんイーサン・ホークのファンであれば観ないという選択はないです。
●Mコメンテーター 
イーサン・ホークってこんなガンガンとアクション出来る俳優だったのですね。「マグニフィセント・セブン」よりもしっかり主役でバトルに大活躍しています。現代を舞台にしたイマドキ感溢れるジャンル映画に出演するとは、芸が広いというか、なんでもこなす器用な人です。個人的には落ち着いたヒューマンドラマ系でみせる演技が好きなのですけど、今回のようなバリバリと暴れる彼の姿もたまにみるにはいいかもしれません。良い刺激になりました。
●シネマソムリエ 
「ジョン・ウィック」シリーズを手掛けたプロデューサー陣が製作に参加しているそうです。それだけですが。大ベテラン俳優のルトガー・ハウアーが出ていることに注目していたのですが、結構悲しくなる存在でした。あと中国が製作に関与しているだけあって、バッチリ俳優も中華ナイズしてましたね。本国ではオンデマンド配信も同時だったそうなので、日本でも動画配信とかでさっさと公開すればよかったのですが、勢いが削がれた感もありますね。