ジュラシック・ワールド 炎の王国

「ワールド」シリーズ第2弾。パークの終わりが迫る

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『ジュラシック・ワールド 炎の王国』の動画リンクへ。

シリーズ14年ぶりの新作として2015年に公開され、記録的な大ヒットとなった『ジュラシック・ワールド』の続編となるSFパニックアドベンチャー。製作総指揮はスティーブン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ。ハイブリッド恐竜のインドミナス・レックスとT-REXが激闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を有したイスラ・ヌブラル島。非常事態が過ぎ去り、平穏な恐竜の世界となったかに見えた島に、火山の大噴火の兆候が表れ、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、あるいは危険を冒してでも救い出すか、人間たちは判断を迫られていた。そんな中、恐竜行動学のエキスパートのオーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアとともに、恐竜たちを救うべく行動を開始する。そこには懐かしい恐竜の生命が息づいていた。しかし、その活動も虚しく、対応していた矢先に島の火山で大噴火が発生し、大混乱に巻き込まれてしまい…。

原題:Jurassic World: Fallen Kingdom(「ジュラシックワールド2」「ジュラシックワールド フォールン・キングダム」) / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年7月13日 / タイム:128分 / プロダクション:Universal Pictures / 配給:東宝東和 / 前作:『ジュラシック・ワールド

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』日本独占!【最終予告】

(C)Universal Pictures


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)

▼『ジュラシック・ワールド 炎の王国』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
もはや恐竜映画の王者となったシリーズの新章第2弾。こういう続編ではまず過去作が気になります。出来ればすべてを押さえておきたいところ。そんなときに有用なのが動画配信サービス。あの過去作品や関連作も一気に視聴することができるかもしれません。しかも、お試し期間の利用で無料で視聴することも可能。たくさん見たい作品があればあるほどお得なので、関連作の連続鑑賞に最適です。また、劇場公開作でも割引に使えるポイントがあるので、非常に便利です。一石二鳥のシステムといえるでしょう。一方で最新作でもいつかはネット配信されます。そんなときはこのページで紹介している動画配信サービスをチェックしましょう。どれで配信を取り扱っているのかが一目でわかります。ときに「配信がなかった!」という失敗をするような人も、事前にチェックすれば安心度が高まります。実際の取り扱いはVODリンクの先で確認するようにしてください。配信に関しての確定的な情報公開はできないので、その都度確認が必要です。本作は字幕と吹き替えも前作同様に非常に素晴らしいという評判ですので、安心してどちらでも好きな方を見るとよいでしょう。非常に今作も映像がダイナミックかつパワフルなので、画面に注意しなければ吹き替えの方がいいかもしれません。日本語字幕も捨てがたいですが。

「無料」の恩恵にあずかろう!
お金の心配はそこまで必要はないです。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

アウトです!
違法サイトは使ってはいけません。それで「ジュラシック・ワールド 炎の王国」の視聴はダメです。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

配信しているのはコレ!
号泣必須な作品からハイテンションな作品までVODは感情をグラつかせます。見過ぎて眠れなくなっても知りません。一方で、VODのハードルを上昇させている難点として、複数社が乱立しているので適切なサービスを判断できないという困った状況になってチンプンカンプンになったりも。「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

情報の充実度はピカイチ
丁寧な配信サイトの紹介をしています。特定のサービスから一つを選び、「なんか見たいものないかな~」と眺めているだけでもワクワクしてきます。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「フアン・アントニオ・バヨナ」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

パスワードは大事
パスワードは強固にしましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは複雑なものにすること(「password」「123456」などはダメ)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「ジュラシック・ワールド 炎の王国」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

高画質で見られる?
高画質で動画を見たい人も必見。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で綺麗な「ジュラシック・ワールド 炎の王国」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
視聴媒体が自由自在のVOD。その中でも最高級にリッチな体験ができるのはホームシアターです。自宅にホームシアターシステムを構築できれば、もはやスマホやパソコン鑑賞なんて馬鹿らしく思えるほど。映画館を家に用意してチケットも要らずに無料で出入りしているようなものです。「ジュラシック・ワールド 炎の王国」も最高級に。夢のような時間を過ごせます。

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ジュラシック・ワールド 炎の王国』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:フアン・アントニオ・バヨナ(関連作品:『怪物はささやく』)
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
撮影:オスカル・ファウラ
音楽:マイケル・ジアッキノ

★俳優
クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レビン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム

★『ジュラシック・ワールド 炎の王国』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.4 63% 51
映画.com Yahoo! Fm
3.4 3.49 3.8
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『ジュラシック・ワールド 炎の王国』の反応

●無料ホームシアター 
往年の名作にして恐竜映画の金字塔、映像革命でもあった「ジュラシックパーク」シリーズを最新映像で続編シリーズ化した「ワールド」の第2弾。1作目は「ワールド」のわりには全然世界スケールのようなものはなく、基本は過去作の焼き直しのような、アホな施設管理者によって恐竜が逃げ出して大パニックというお約束の流れだったわけですが、2作目となり今度は今までにないミッションが追加され、フレッシュになりました。人間はバカなままですが。
●Cレポーター  
邦題が発表されて以降、各地でブーイングが聞こえてきた本作。確かに「炎の王国」というネーミングセンスはダサい。今回は噴火もあるから、炎ということにしたのだろうが、結果的に過去に類を見ない味気ない作品名になってしまった。この時点で映画は損をしていると思う。そんなカッコ悪いタイトルに騙されず、ぜひ映画の方は鑑賞してほしい。完全に前作からストーリーが続き、キャラクターも続投しているので、おさらいも忘れずにいきましょう。
●STREAMANGO 
ワールド2となったことでオリジナルから脱却し、シリーズを新しい方向に持っていこうとする意志を感じました。どうしても強い恐竜をひたすら出演しまくって「これが強い」「いや、今度はさらに最強のやつだ!」「なにを、それより凄いのはコレだ!」というムシキングならぬ恐竜キング・ゲームになってしまっているのは否めないが、これさえもお決まりのパターンとして素直に楽しめれば問題ない。「炎の王国」の邦題はマズかったけどね…。