万引き家族(2018)

カンヌが称賛した、日本の家族の物語

カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したことで話題となった、是枝裕和監督による、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して人と人とのつながりを描いたヒューマンドラマ。東京の下町。高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、家主である初枝の年金を目当てに、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀がひっそりと暮らしていた。彼らは初枝の年金では生活には足りないため、不足の生活費を万引きで稼ぐという社会の底辺にいるような一家だった。それでもいつも笑いが絶えない日々を送り、不幸であると感じることのない姿がそこにあった。そんなある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れ帰り、信代が娘として育てることになる。そして、ある事件を発端に仲の良かった家族はバラバラになっていき、それぞれが抱える秘密や願いが露わになっていく。

原題:万引き家族(Shoplifters) / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年6月8日 / タイム:120分 / プロダクション:AOI Pro. / 配給:ギャガ

『万引き家族』予告編

(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼U-NEXT(31日間無料)
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▼dTV(31日間無料)
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『万引き家族』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の生き方を模索しながら助け合っていくヒューマンドラマはじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを使いましょう。あまりこの手のサービスを使わない人もいるでしょうが、それでも試してみる価値はあります。難しい作業が必要ではなく、むしろネット慣れしていない人でも簡単な便利さがあるので、気軽に手を出して見ましょう。

「無料」で感謝!
しかも、希望のコースがここに。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

これは危険!
違法サイトは使ってはいけません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

迷ったときは?
ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信スタートする新鮮な作品から、終了するものまで実にガラリと変わってしまいます。「万引き家族」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フリムビ2にはそんなリンクは皆無です。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

見たい動画をメモしよう
フリムビ2は作品リスト機能も完備。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「ウォッチリストに登録」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。「万引き家族」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

動画はフルの方がいい
カットされずにフルで見たい人も必見。「万引き家族」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

『万引き家族』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『万引き家族』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:是枝裕和(関連作品:『三度目の殺人』)
脚本:是枝裕和
撮影:近藤龍人
音楽:細野晴臣

★俳優(キャラクター)
リリー・フランキー(柴田治)、安藤サクラ(柴田信代)、松岡茉優(柴田亜紀)、池松壮亮(4番さん)、城桧吏(柴田祥太)、佐々木みゆ(ゆり)、緒形直人(柴田譲)、森口瑤子(柴田葉子)、山田裕貴(北条保)、片山萌美(北条希)、柄本明(川戸頼次)、高良健吾(前園巧)、池脇千鶴(宮部希衣)、樹木希林(柴田初枝)、毎熊克哉、堀春菜

★『万引き家族』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.5 100% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.8 ??? 4.0
フリムビ2推奨度
S(最高)

★『万引き家族』の受賞
第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でパルムドールを受賞。

★『万引き家族』の反応
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑鋭い批評が炸裂。

●無料ホームシアター
今までみた是枝監督の作品の中で一番好きだとハッキリ断言できる。それくらいの不動の名作でした。シナリオ、キャラクター、演出、撮影、あらゆる要素が完璧に適合して補強し合うことで絶妙に結びついているのです。それはまるで劇中で描かれている家族のようです。バラバラに見える異なるものをつなげてひとつにする。こういうことは家族も学校も会社も映画製作も同じなのでしょうね。例え「異」を内する存在どうしでも共有はできるのです。
●Cレポーター 
今までの是枝監督の作品のテーマがたくさん合わさった集大成というのは頷けるクオリティでした。この映画が世界で認められたのはとても嬉しい事です。なぜなら日本は社会の風刺においてはすっかり百歩遅れているような状況下で、その停滞をぶち破ってくれたとも言えるのです。この映画は反日だと意味不明な文句をつけている人がいるらしいですが、日本万歳なプロパガンダ映画でも作れば世界が褒めてくれるとでも思っているのでしょうか。
●Sアナリスト 
家族の本質は心の繋がりにある。そう言いたいところだが、昔から日本の家族は血縁を重視してきた。父を中心とした血統と家訓を柱にして、家族を力で支配する。その従来的な家庭観をいまだに振りかざす人もいるが、それはすっかり崩壊していることも日本人であれば百も承知だ。そこに対してこの映画はセンセーショナルな家族観を投げかけるものではない。「万引き」というワードに騙されてはいけない。本作は家族って何?と疑問を投じる。
●Bジャーナリスト 
切ない作品だった。邦画の未来は明るい。この映画が評価されないのであれば、絶望的だが。人を殺した人間、親に捨てられた人間、親に虐待された人間、家出した人間、それぞれ悲しい背景を持った人達が共同で暮らす、それを「家族」と呼んでいいのかは不明だが、コミュニティであることは間違いない。本作を鑑賞して何を思うだろうか。視聴体験はあなたに何をもたらすだろうか。その印象を忘れず日々を生きてほしいと思う映画だった。