ブリグズビー・ベア

世界中が感動した。25歳で初めて知った外の世界

赤ん坊の頃に誘拐され、偽の両親のもとで彼らが制作した教育番組「ブリグズビー・ベア」だけを見て育った25歳の青年が、初めて外界に出たことから巻き起こる騒動を描いたコメディドラマ。外の世界から隔絶された小さなシェルターからなる狭い空間で、両親と3人だけで暮らす25歳のジェームス。子どもの頃から毎週届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、現在はその世界の研究に没頭するということに人生を費やしていた。そんなある日、シェルターにいきなり警察がやって来て、両親は逮捕されてしまう。実はこれまでジェームスが両親だと思っていた男女は誘拐犯だったという衝撃の事実が判明する。ジェームスは生まれて初めて外の世界に連れ出され、“本当の家族”と一緒に暮らすことになるが…。

原題:Brigsby Bear / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年6月23日 / タイム:97分 / プロダクション:Lord Miller Productions / 配給:カルチャヴィル

『ブリグズビー・ベア』 6月23日(土)公開!

(C)2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▼dTV(31日間無料)

▼『ブリグズビー・ベア』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
独自の設定で観客の好奇心を惹きつけて予想外の物語でワクワクさせるユニークな映画はそれだけで気になってきます。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用するのがオススメ。ネット配信は利点も多く、例えば店に行く必要もなく、貸し借りの煩雑な作業もなしで、極力時間を掛けたくない人に最適。スマホも使えるので場所を選ばずに自由自在に鑑賞して好きなタイミングで見ることができます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
お金の心配はそこまで必要はないです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

アウトです!
違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

あなたの選択は自由!
ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全部同一ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「ブリグズビー・ベア」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フリムビ2は無意味な誘導リンクはゼロです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

試写も良いけど…
試写はマニアには狙い目の方法です。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。

無料動画サイトとの違い
動画が見れないのはうんざりです。VODはそれらの心配が一切ない、「ブリグズビー・ベア」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

『ブリグズビー・ベア』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ブリグズビー・ベア』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:デイブ・マッカリー
製作:フィル・ロード、クリストファー・ミラー
脚本:ケビン・コステロ、カイル・ムーニー
撮影:クリスチャン・スプレンジャー
音楽:デビッド・ウィンゴ

★俳優(キャラクター)
カイル・ムーニー(ジェームス)、マーク・ハミル(テッド)、ジェーン・アダムス(エイプリル)、グレッグ・キニア(ヴォーゲル)、クレア・デーンズ(エミリー)、マット・ウォルシュ(グレッグ)、アンディ・サムバーグ、ミカエラ・ワトキンス

★『ブリグズビー・ベア』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.4 81% 68
映画.com Yahoo! Fm
3.9 ??? 4.0
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『ブリグズビー・ベア』の反応
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式・映画評書き起こし
 ↑鋭い批評が炸裂。

●無料ホームシアター
これをコメディというジャンルで紹介するのとは違うと思うけど、でもかなり分類しづらい映画であることは確かで、なかなかない体験をさせてもらった。予想外の隠し玉であり、おそらく多くの人はノーマークだと思うけど、いざ観てみるとその良質っぷりに意表を突かれる。2018年のナンバーワンだと絶賛する人がいるのも頷ける出来で、オーバーではなく心の底から推薦したい一作です。感情をこらえることができずボロボロに大泣きしてしまいました。
●Mコメンテーター  
新生児のときに可哀想にも誘拐されてその流れで監禁されながらも本人は本当の両親のように育てられて自覚することなく、毎週新作がはいるブリグズビーベアーのドラマを楽しみにしているという娯楽だけを満喫している、哀れでさえない25歳の男のお話。「ルーム」に設定が似ているように思えますが印象は全然異なります。誘拐監禁の被害者の映画ではなく、普通の成長ムービーなのです。その純真さに不意を突かれたように心を動かされました。
●VUDU  
B級の匂いしかしないビジュアルに「どうせつまんないチープなドラマだろ?」と馬鹿にしていました。今だから言えます。ごめんなさい。間違っていました。この映画は生涯に残る最高の作品になりました。ブリグズビーベアの記憶は観客である私にも刻まれました。この思いは絶対に忘れないだろうな。ということでより多くの人にもこの映画の魅力を普及したいと思いますし、私と同じように見た目で舐めているなら、それは大きな誤解だと言いたいです。