現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

海を駆ける(2018)

カンヌが認めた深田晃司監督がディーン・フジオカと組む

深田晃司監督が、ディーン・フジオカを主演にインドネシア、スマトラ島のバンダ・アチェでオールロケを敢行したオリジナル脚本によるファンタジードラマ。インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すいかにも怪しいその男は、海で発見されたことからインドネシア語で「海」を意味する「ラウ」と名づけられた。NPO法人で災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシ、親戚のサチコは、記憶喪失ではないかと診断された正体不明のラウをしばらく預かり、身元捜しを手伝うこととなる。ラウはいつもただ静かに特段の大きな感情を見せることなく、ほほ笑んでいるだけだったが、そんなラウの周辺ではさまざまな不可思議な現象が起こりはじめていた。

原題:海を駆ける / 製作:日本・フランス・インドネシア(2018年) / 日本公開日:2018年5月26日 / タイム:107分 / プロダクション: / 配給:東京テアトル

映画『海を駆ける』予告編

(C)2018「海を駆ける」製作委員会


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『海を駆ける』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の存在を発揮していくヒューマンドラマはじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。ひとつは単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプ。もうひとつは対象作品が見放題になる定額タイプ。どちらも有用ですが、使用感覚が異なるので事前にしっかり下調べしておくと良いです。

「無料」を見逃すな!
失望することはありません。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

これは危険!
違法サイトは使ってはいけません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

使うべきはどれ?
GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「海を駆ける」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フリムビ2は無意味な誘導リンクはゼロです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「海を駆ける」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。決済方法は自由に選択可能。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

フェアにオススメします
フリムビ2では特定サイトを贔屓することはありません(コンプライアンスとして重視しています)。各々が固有の長所短所を持っているものなので、どれがフィットするかはユーザーしだいです。単純に「海を駆ける」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

『海を駆ける』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『海を駆ける』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:深田晃司(関連作品:『淵に立つ』)
脚本:深田晃司
撮影:芦澤明子
音楽:小野川浩行

★俳優(キャラクター)
ディーン・フジオカ(ラウ)、太賀(タカシ)、阿部純子(サチコ)、アディパティ・ドルケン(クリス)、セカール・サリ(イルマ)、鶴田真由(貴子)

★コメント
・ディーン・フジオカ「インドネシアのクルーと日本のクルーは相性が良かったですね。毎日楽しかったし、深田さんもにこやかで陽気にしていました」

★『海を駆ける』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.2 ??? 3.3
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『海を駆ける』の反応

●無料ホームシアター
日本では全然評価されず、世界で評価されている監督が次に描くのは海外を舞台にしたものだった。日本とインドネシアのハーフであるタカシは、18歳の時に日本とインドネシアどちらの国籍を取るのか選ばされて、最終的には自分の道を選ぶ。これ自体がなんというか監督の今の位置づけのようなものではないか。白黒ハッキリ付けておく必要がない。これはあくまで人間のアイデンティティをどこに置くかなのだ。それを受け入れてくれる場所を探して…。
●Mコメンテーター 
津波と戦争の記憶が残る、インドネシア、アチェを舞台にした異色の寓話で、かつてないほどの抽象的なメタファーに富んだストーリーになっている。海を介した日本とインドネシアとの重なり合う歴史などのモチーフは面白く、インドネシア版の「ロスト・イン・トランスレーション」的な味わいも内包していて、解釈はもちろん、読み方も人によって全て違ってくるのが魅力。「淵に立つ」とは世界が開けた感じでまた印象は異なるのもいい。
●Sアナリスト 
インドネシアの過去を下敷に、生命力を操る不思議な海男により手繰り寄せられた運命をともにする若者男女4人の淡い感情のぶつかり合いが丁寧に描かれる。最初はなぜインドネシアなのかと疑問に思ったし、これ自体は話のつかみどころのなさもあって、意味不明だという意見も聞くが、最後まで鑑賞して今の日本との関係性を踏まえてみれば考察できる部分もあるだろう。不穏さを交える人間の描写スタイルが監督の定番であり、病みつきになってしまう。