いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち

嘘のような現実に大学教授たちがブチ切れた!

社会からはじき出された理系学者たちが合法ドラッグ製造で人生の一発逆転を狙う姿をユーモア&皮肉たっぷりに描き、イタリアでスマッシュヒットを記録した痛快コメディ「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」の続編。大学を追われてしまい職を失った神経生物学者ピエトロ・ズィンニは、仲間たちと一儲けを企んだのは合法ドラッグ製造。しかし、その試みも虚しく逮捕されてしまう。刑務所に収監されたピエトロは、新型ドラッグの蔓延に手を焼いていたパオラ・コレッティ警部から取引を持ちかけられ、犯罪履歴の帳消しと引き換えに捜査に協力する。かつて合法ドラッグを一緒に製造した仲間たちに新たなメンバーも加わり、事件解決に挑むが…。

原題:Smetto quando voglio: Masterclass / 製作:イタリア(2017年) / 日本公開日:2018年5月26日 / 上映時間:119分 / 製作会社: / 配給:シンカ、樂舎 / 前作:『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』

★【スタッフ】
監督:シドニー・シビリア
脚本:シドニー・シビリア、フランチェスカ・マニエーリ、ルイジ・ディ・カプア
撮影:ブラダン・ラドビッチ
音楽:ミケーレ・ブラガ

★【キャスト(キャラクター)】
エドアルド・レオ(ピエトロ・ズィンニ)、グレタ・スカラーノ(パオロ・コレッティ)、バレリア・ソラリーノ(ジュリア)、バレリオ・アプレア(マッティア・アルジェリ)、パオロ・カラブレージ(アルトゥーロ・フランティーニ)、リベロ・デ・リエンゾ(バルトロメオ・ボネッリ)、ステファノ・フレージ(アルベルト・ペトレッリ)、ロレンツォ・ラビア(ジョルジョ・シローニ)、ピエトロ・セルモンティ(アンドレア・デ・サンクティス)、マルコ・ボニーニ(ジュリオ・ボッレ)、ロザリオ・リスマ(ヴィットリオ)、ジャンパオロ・モレッリ(ルーチョ・ナポリ)、ルイジ・ロ・カーショ(ヴァルテル・メルクリオ)

【無料動画】

映画『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』予告編

(C)2017 groenlandia srl /fandango srl


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品動画をさらに知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.9/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【インタビュー】
・シドニー・シビリア監督「ある数学教授の話ですが、40歳くらいの男性で大学からの収入は月に約300ユーロでした。三ヶ月ごとの短期契約で非常に不安定な生活です。ある日、両親に数学の他に現実的にやれることはないのかと諭されて、コメディアンならやってみたいと言ったそうです。その後、彼は本当にスタンダップコメディアンとして成功しています」

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年5月22日) 
アイディア勝ちです。ユーモアと皮肉混じりの笑いが絶えない作品としての完成度は高め。実力はあるものの、運が悪かったり、処世術が下手だったりで、なぜか監獄暮らしの教授たちという発想が、風刺が効いています。しかも、これは全部フィクションとして切り捨てられるものでもなくて、実際に苦労に苦労を重ねている教授のリアルな現実があるらしく…。どこの国でも格差というのがあって、搾取されている人たちはいるものなのですね。
●映画FUN (2018年5月23日) 
第1作を見ていなくても十分面白い。その点は保証できる。とあるミッションに向けたドタバタ劇なのだが、セリフがいちいち笑える。もうツボに入るものばかり。私のお気に入りは記号学者と碑銘学者のコンビ。彼らが出てくると目が離せない魅力がある。全員が分野のプロフェッショナルで優秀なのに、なぜか社会では下に見られているという現実。この映画はそのクソみたいな世の中に笑いで勝負している。全国の教育関係者は必見の映画です。
●VUDU (2018年5月24日) 
天才と馬鹿は紙一重というが、ほんと絶妙。通常続編は無駄に豪華になるだけで、なんだかイマイチなノリになってしまうことも多い中、この作品はさらにブーストをかけてきた。スケールも格段にがあがり、なおかつ中身が凝縮しまくってとんでもない密度になっている。個人的には全然知らない俳優なのに、皆を大好きになっている自分がいる。こんな体験、初めてだ。ここまで見事なコメディはなかなか見つかりません。大げさではなくマジで。