アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

この結末を見逃すことはできない

「アイマンマン」「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」などマーベルコミック原作で、世界観を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース」に属する各作品からヒーローが集結するアクション大作「アベンジャーズ」シリーズの第3作。6つ集めれば世界を滅ぼす無限の力を手にすると言われる「インフィニティ・ストーン」を手中におさめるべく、地球に襲来した宇宙最強の敵サノスは、その圧倒的な力で目的達成に向けて突き進んでいく。アイアンマン、ハルク、ドクター・ストレンジ、スパイダーマン、ソー、キャプテン・アメリカ、ブラックパンサーなどヒーローたちは結集して戦いに挑むが、それはかつてないほどの激しさで大苦戦していく。

原題:Avengers: Infinity War(「アベンジャーズ3」「インフィニティウォー」) / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年4月27日 / タイム:150分 / プロダクション: / 配給:ディズニー / 前作:『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編
AVENGERS: INFINITY WAR | Behind the Scenes Featurette

(C)Marvel Studios 2018


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼auビデオパス(30日間無料)
毎月540円相当のビデオコインがもらえるので、実質ではかなりのお得度。常に映画を観たい人には最高です。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
世界レベルで絶大な人気を誇り圧倒的な熱狂で大ヒット現象を巻き起こした驚くべき大作はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠です。そんなエンターテインメント娯楽をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く活用しましょう。シリーズものはレンタル店でDVDを借りるとかなり探すのが大変。そのぶんネット配信ならば容易に一気見できますし、一挙配信していることもあるので、非常に利便性が高いです。

「無料」で感謝!
しかも、希望のコースがここに。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

アウトです!
違法サイトは使ってはいけません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

迷ったときは?
ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

字幕・吹替、選択は自由
字幕でも吹き替えの悩みはこれで終わり。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の面白さの発見につながるかもしれません。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、安易にサービスが悪いと怒る前に、まずは自分の用いている通信機器や設定を確認です。「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。意外に簡単に解決するかもしれません。

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
脚本:クリストファー・マルクス、スティーブン・マクフィーリー
撮影:トレント・オパロック
音楽:アラン・シルベストリ

★俳優(キャラクター)
ロバート・ダウニー・Jr.(トニー・スターク/アイアンマン)、クリス・ヘムズワース(ソー)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・エバンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ベネディクト・カンバーバッチ(スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、トム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ/ブラックパンサー)、ポール・ベタニー(ヴィジョン)、エリザベス・オルセン(ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ)、アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン/ファルコン)、セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー)、ダナイ・グリラ(オコエ)、レティーシャ・ライト(シュリ)、トム・ヒドルストン(ロキ)、イドリス・エルバ(ヘイムダル)、ベネディクト・ウォン(ウォン)、ポム・クレメンティエフ(マンティス)、カレン・ギラン(ネビュラ)、デイブ・バウティスタ(ドラックス)、ゾーイ・サルダナ(ガモーラ)、ビン・ディーゼル(グルート)、ブラッドリー・クーパー(ロケット)、グウィネス・パルトロウ(ペッパー・ポッツ)、ベニチオ・デル・トロ(コレクター)、ジョシュ・ブローリン(サノス)、クリス・プラット(ピーター・ジェイソン・クイル/スター・ロード)

★『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のREVIEW

IMDb RT Mt
9.2 86% 68
映画.com Yahoo! Fm
4.1 4.42 4.2
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の反応
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式・映画評書き起こし
 ↑鋭い批評が炸裂。

●無料ホームシアター 
なんということでしょう。あっという間の2時間半。この驚異的な体感時間。きっとこれはタイムストーンの力に違いない。もう何が起こったかを口で説明していると、それだけで1時間くらいかかるので、絶対に映画を観た方がいいです。そして、一度の鑑賞では脳が追い付かず、反芻しないと整理つきません。頭のオーバーヒートが終了してから落ち着かないと…。これはどうなってしまうんだ。そして結末の意味するものとは。しばらく熟睡できないかも。
●Cレポーター 
いやいやもう10年MCUを見てきたのはこの映画のためだと言うぐらいアガったと太鼓判を押せます。これぞフィナーレのための前菜。これがまだ最初の皿だなんて。メインディッシュはどうなるのやら。個人的にはサノスの驚異的なウルトラパワーに痺れました。これはチート。勝てないよ。超大作を超える大作らしい映画で、過去作とは比べ物にならないほどのスケール、ストーリー展開、ビジュアルセンス。これは伝説になる映画じゃないでしょうか。
●STREAMANGO  
あれだけ多くのヒーローが乱れ撃ちのように登場し、全員のキャラクターに見合った華のある見せ場がある。さらに、アクションシーンが贅沢すぎるほど満載でありながら、地球の様々な場所や宇宙で展開する物語も混乱なくわかりやすく進んでいく手腕は天才のなせる技。加えてギャグシーンもしっかり用意されて息抜きもあって、もう最高としか言いようがない。これ以上はネタバレになるので言及できないのがツラい。オチは茫然自失の幕引きですよ。