現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが欠落しています。2019年8月1日にサイトリニューアル予定です。

イット・カムズ・アット・ナイト

それは夜にやってくる。暗闇とともに…

ゴッサム・インディペンデント映画賞でも評価された、恐怖におびえる家族の変化がさらなる恐怖を呼び寄せる姿を不気味に描いたホラー。未知の病原体が人々を震撼させていた世界。ポールは自分の家族を守ろうと必死で奮闘していた。そこへある家族が避難場所の提供を求めてやって来たために、判断に迫られた結果、ポールはやむなくその願いを聞き入れることに決める。当初、2つの家族の関係は一見すると良好なものだったが、いつ終わるとも知れない未知の恐怖に耐え続ける状態が続いたことで、いつの間にか家の中で相互不信と狂気が渦巻き、心を支配していった。さらには、外部の脅威が強まるにつれて、ポールの内面にも深刻な変化が生じていた。彼が内に秘めていた確実に目覚めつつあった…。

原題:It Comes at Night(「イットカムズアットナイト」) / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2018年11月23日 / タイム:91分 / プロダクション:Animal Kingdom / 配給:ギャガ

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』予告編

(C)2017 A24 Distribution,LLC


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。

▼『イット・カムズ・アット・ナイト』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
日常がジワジワと恐怖に汚染されていく怖さは映画特有のものがあり、見ごたえがあります。そんな戦慄の走るホラー映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く用いましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですけど、それではいろいろと面倒です。店に時間をかけて向かうくらいなら、家で映画を見る時間を増やしましょう。その方が充実しています。ネット配信はノンストップで映画を見続けることもできるので楽しいです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
お金の心配はそこまで必要はないです。「本音は全部をDVDで揃えたいけどさすがにそれはいくらお金があっても…」そういう場合の助っ人です。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

ダメなこと!
違法サイトは使ってはいけません。「ネットには危険がいっぱい」そうわかっていても怖い時は怖い。「セキュリティ対策はバッチリだし、大したことはないだろう」それはただの油断です。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

いちはやくウォッチ!
見て良かったと納得な作品から二度三度と見たくなる作品までVODは鑑賞意欲を増幅。これであなたも今日から映画マニアです。「いつも配信タイミングを見逃してしまうのだよな~」そんなモヤモヤも致し方ありません。「イット・カムズ・アット・ナイト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。「いつの情報だと判断すればいいのか」その答えはページ上部の日付です。「情報はいつも同じなのでは?」そんなことはありません。更新されます。「ちょっと手を出したことのない初見サービスが…」だったらなおさらピッタリです。

お試し無料はいつまで?
お試し期間はフル1か月か、月末か。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「クリストファー・アボット」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、いきなり全然関係のない不快極まりないアダルト広告を表示してくるものもあり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フリムビ2は安心安全をモットーに、「イット・カムズ・アット・ナイト」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

『イット・カムズ・アット・ナイト』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『イット・カムズ・アット・ナイト』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:トレイ・エドワード・シュルツ
脚本:トレイ・エドワード・シュルツ
撮影:ドリュー・ダニエルズ
音楽:ブライアン・マコンバー

★俳優
ジョエル・エドガートン、クリストファー・アボット、カルメン・イジョゴ、ケルビン・ハリソン・Jr.、ライリー・キーオ

★『イット・カムズ・アット・ナイト』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.2 88% 78
映画.com Yahoo! Fm
2.9 ??? 3.1
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『イット・カムズ・アット・ナイト』の反応

●無料ホームシアター
このネットリした嫌な感じ。まるで蒸し暑い夜の暗闇で目に見えない恐怖と戦っているような、もしくは体に突き刺さるような寒さの中で誰かの視線を感じて震えがするような。映画全体が恐怖を体現している、つまりホラー映画としては最高の体験でした。この映画は極限の心理スリラーという言葉がふさわしく、人間は最悪のときこそ、他人を疑ってしまうことがよくわかります。他人不信になったら最後、それは恐怖にとって格好の餌になるしかないです。
●Cレポーター 
ジョエル・エドガートンは不気味なキャラを演じている方が似合っている。佇まいひとつでは、何か底知れぬ闇を抱えているのではと思わせる。実に上手い役者だ。さすが「ザ・ギフト」を監督した男。ホラーの神髄をわかっている。しっかり観客を絶望に突き落とすコツを理解したうえで、意表もついてくる。翻弄されっぱなしだ。人の感情を弄ぶ、実に最悪の体験をさせてもらった。これはぜひとも暗い環境で観るべきな気がする。怖さが倍増するはずだ。
●SPACEMOV  
急に幽霊や怪物がワッと出てきたり、ショッキングな出来事が起こったり、そういうギャーギャー叫ぶ系のある意味誰でも楽しめるエンターテインメントなホラー作品を期待している人は、ちょっとこの映画にはハマらないかもしれない。むしろ、その逆でひたすらどんよりとした悪い感情が熟成されていく光景を、まるで試験管の化学反応を眺めるように見物するのが好きなら、本作はオススメだ。しだいに増幅するスリルの先に待つものは衝撃の展開である。