スターリンの葬送狂騒曲

スターリンの葬送狂騒曲

スターリンが死んだ! 権力争いの時間だ!

フランスのグラフィックノベル「La mort de Staline」を原作に、スターリンが死亡したことでソ連最高権力の座をめぐって熾烈に繰り広げられる争いをブラックユーモアたっぷりに描いたコメディ。1953年3月2日、一人の男が危篤に陥る。その人物とは、ソ連の絶対的独裁者、ヨシフ・スターリン。今、うまく立ち回れば、自分に後釜のチャンスがと、最高権力の座を目指し、色めき立つ側近たち。そして姑息で熾烈な頭脳戦はやがて次々と珍妙な展開を迎えていく。

原題:The Death of Stalin(「ザ・デス・オブ・スターリン」「デスオブスターリン」) / 製作:イギリス・カナダ・フランス・ベルギー(2017年) / 日本公開日:2018年8月3日 / 上映時間:107分 / 製作会社:Main Journey、Quad Productions / 配給:ギャガ

【無料動画】

THE DEATH OF STALIN - OFFICIAL TRAILER [HD]

(C)2017 MITICO - MAIN JOURNEY - GAUMONT - FRANCE 3 CINEMA - AFPI - PANACHE -PRODUCTIONS - LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE - DEATH OF STALIN THE FILM LTD


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
AuVideo
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:アーマンド・イアヌッチ(関連作品:『チューブ・テイルズ』)
脚本:アーマンド・イアヌッチ

★【キャスト(キャラクター)】
スティーブ・ブシェーミ(ニキータ・フルシチョフ)、サイモン・ラッセル・ビール(ラヴレンチー・ベリヤ)、ルパート・フレンド(ワシーリー・スターリン)、ジェイソン・アイザックス(ゲオルギー・ジューコフ)、マイケル・ペイリン(ヴャチェスラフ・モロトフ)、アンドレア・ライズボロー(スヴェトラーナ・アリルーエワ)、ジェフリー・タンバー(ゲオルギー・マレンコフ)、オルガ・キュリレンコ(マリヤ・ユーディナ)、パディ・コンシダイン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.2/1096%88
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
??%??点??点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
政治家の権力争いを徹底的に風刺しまくった一作であり、今作の舞台はロシア。スターリンが死んだら、お悔やみムードかと思いきや、そんなの役に立たないと早々に切り上げ、私が次のトップだ!と勝手に椅子取りゲームを開始。勝手にしてろよという感じですが、いかんせんこれは国の未来に関わる話。好き勝手にされたらかなわないのですが、当人たちはまず自分の利権が一番大事。国民など二の次。どこの国もいつの時代も同じものですよ。
●映画フリー
これはプーチン激怒映画なんじゃないかと思ったら、案の定、ロシアはこれは反ロシア戦略の一環だと反発しているようです。でもこういうユーモア作品とは相手が怒れば怒るほど、逆にオイシイので効果なしですね。そして、そんな現実とシンクロするように映画内でもみっともない国家の見栄のためのバトルが勃発しているさまを面白おかしく描いています。さすが、イギリス製作なだけあってジョークが上手い。もう誰も殺されませんよ! 本当です!
●SPACEMOV
スターリンが可哀想になってくるくらいの、何度もツッコミを入れざる負えない惨めな政治闘争が、コミカルに映し出されます。批評家からの評価も高いことからわかるように、非常に風刺コメディとしては秀逸な作品で、皮肉がピリピリと効いています。本作の主題はロシアですが、こういう権力をめぐる政治家の喧嘩はどの国でも共通していますから、皆が笑えるのですよね。スターリンの死がここまで面白い映画になったら、本人も笑ってくれるかな…?