パシフィック・リム アップライジング

パシフィック・リム アップライジング

巨大ロボットと巨大怪獣の白熱バトル、再び!

人が乗り込み操縦する巨大ロボットのイェーガーと「KAIJU」と呼ばれる巨大モンスターの戦いを大スケールで描いて話題となったSFアクション大作「パシフィック・リム」の続編。人類の最後の望みをかけたイェーガーとそれに登場した勇敢な戦士たちが凶悪化し続けるKAIJUの出現の連鎖を食い止めた世紀の激闘から10年後。平穏を取り戻しはずの地球に、さらなる進化を遂げたKAIJUが現れる。この緊急事態をきっかけに、新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロットたちは新しい戦いに挑んでいく。

原題:Pacific Rim Uprising / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年4月13日 / 上映時間:111分 / 製作会社:Legendary Pictures / 配給:東宝東和 / 製作費:1億5000万ドル / 興行収入: / 前作:『パシフィック・リム

★【スタッフ】
監督:スティーブン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーブン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
撮影:ダニエル・ミンデル
音楽:ジョン・ペーザーノ

★【キャスト(キャラクター)】
ジョン・ボイエガ(ジェイク・ペントコスト)、スコット・イーストウッド(ネイサン・ランバート)、アドリア・アルホナ、ジン・ティエン、チャーリー・デイ、バーン・ゴーマン、菊地凛子、新田真剣佑、カイリー・スパイニー

【無料動画】

『パシフィック・リム:アップライジング』日本版本予告

(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket

▼作品動画をさらに知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.1/1045%46
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.2/5.03.32/5.003.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年3月21日) 
巨体な二足歩行ロボットと凶暴な怪獣がガチンコバトルを繰り広げるという小学生の夢を、ビックバジェットで映像化してしまったご褒美のような映画「パシフィック・リム」。日本公開時も子どもの心を持つ大人たちが大盛りあがりしたもので、心に残る一作となった人も多いはず。その続編であるこの映画は、また心を沸き上がらせるにはじゅうぶんな魅力を持っている。今回は続編というだけあってあらゆるスケールが純粋にパワーアップしている。
●映画フリー (2018年3月22日) 
前作では菊地凛子がメインキャラで出演していましたが、今作では新田真剣佑が出演。ロサンゼルス出身で英語は当然のように堪能なので、こういう役がもらえて本当に良かったと思うし、同じ日本人としてハリウッドで活躍してくれるのは嬉しい。日本だとどうしても学園モノの映画しか仕事がないからね。本音を言えばもっと出番を増やしてほしかったけど。そして、平然と出演していない前作の主人公は凄い謎ですが、そこは大人の事情ですからね。
●OPENLOAD (2018年3月23日) 
アカデミー賞監督賞受賞のデルトロが生み出した至極の作品がついに続編として再始動。この時を待っていた人はどれほどいただろうか。そして、その期待に応えるだけの熱量がこの作品には込められている。新しく監督をつとめたスティーブン・S・デナイトもじゅうぶんなオタク魂を持ち合わせており、そのへんの心配はいらない。2作目とは言わず、3作目、4作目と続けていってほしいし、発展の仕方はいくらでもあるので、これからにさらに期待だ。