ちはやふる 結び

人気シリーズ最終章。私たちの青春は続いていく!

末次由紀の大ヒットコミックを広瀬すず主演で実写映画化した『ちはやふる 上の句』『ちはやふる 下の句』の続編。瑞沢高校競技かるた部の1年生・綾瀬千早がクイーン・若宮詩暢と壮絶な戦いを繰り広げた全国大会から早くも2年が経っていた。3年生になった千早たちは個性派揃いの新入生たちに振り回されながらも、高校生活最後の全国大会に向けて活動を開始する。一方、藤岡東高校に通う新は全国大会で千早たちと堂々と戦うため、かるた部の創設に奮闘していた。そんな中、瑞沢かるた部で思いがけないトラブルが起こる。

原題:ちはやふる 結び / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年3月17日 / タイム:128分 / プロダクション: / 配給:東宝 / 前作:『ちはやふる 下の句

「ちはやふる -結び-」予告

(C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『ちはやふる 結び』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
青春の1ページを切り取るようなキラキラした輝きを見せてくれるヒューマンドラマはじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな気持ちの良い映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのは時代遅れ。ネット配信がスタンダードです。家にパソコンやテレビがなくても大丈夫。スマホでOK。ダウンロード機能を使えば、通信制限を気にすることなく外出先でも見ることができます。

「無料」ですよ!タダ!
利用料は親切設計。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

これは危険!
違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

いちはやくウォッチ!
見て良かったと納得な作品から二度三度と見たくなる作品までVODは鑑賞意欲を増幅。これであなたも今日から映画マニアです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「ちはやふる 結び」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

試写も良いけど…
試写はマニアには狙い目の方法です。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを普及させることの方が、有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「ちはやふる 結び」合法視聴方法を拡散しましょう。

『ちはやふる 結び』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ちはやふる 結び』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:小泉徳宏
脚本:小泉徳宏
撮影:柳田裕男
音楽:横山克

★俳優(キャラクター)
広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、新田真剣佑(綿谷新)、上白石萌音(大江奏)、矢本悠馬(西田優征)、森永悠希(駒野勉)、優希美青(花野菫)、佐野勇斗(筑波秋博)、清原果耶(我妻伊織)、松岡茉優(若宮詩暢)、賀来賢人(周防久志)、清水尋也(須藤暁人)、坂口涼太郎(木梨浩)、松田美由紀(宮内妙子)、國村隼(原田秀雄)

★コメント
・広瀬すず「みんなに対して信頼感がものすごく強く、不安要素がなにひとつなかったので、“引っ張っていくんだ”という特別な気持ちはありませんでした」

★『ちはやふる 結び』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
4.2 4.12 4.1
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『ちはやふる 結び』の反応
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑鋭い批評が炸裂。

●無料ホームシアター
青春映画の傑作だと思います。上の句、下の句とは別次元の面白さです。前作と同様に、ユーモアのあるコミカルなシーンはとことん笑いをとり、白熱の手に汗握る勝負のシーンはとことん美しく決める。このメリハリがテンポ感につながってドラマにグッと入り込みやすくしています。映像も綺麗で、ところどころ挟まれる美麗なアニメーションが物語を彩っていました。何度でも言えますが、この作品は間違いなく青春映画のトップクラスですので必見です。
●Mコメンテーター
前作から少し時間があいて明らかにキャスト陣の成長を感じさせる内容になっていました。演技面での進化を感じさせます。みんな若いですからどんどん向上していくのでしょう。特筆すべきはヒロインを熱演した広瀬すず。彼女の演技力は今作で化物クラスに開花しており、天井知らずの成長力を見せつけていた。他の役者陣も素晴らしく、松岡茉優や上白石萌音など陰で作品を支えているような人物さえも演技のクオリティが尋常ではないのが凄い。
●Sアナリスト 
号泣してしまいました。映画が終わった後は拍手したくなる出来でした。こういう漫画原作だと、オリジナルに合っているかどうかなどがポイントになりますが、この実写化シリーズに関して言えば、そんな議論は論外なくらいの完成度です。映画独自の溢れんばかりの魅力が全方位に発散されており、もはや映画が原作だといってもいいぐらいです。観て損をするような映画で絶対にないので、迫力の映像と音と演技を必ず体験しておきしましょう。