現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

リンクル・イン・タイム / A Wrinkle In Time

未知の世界へ飛び込め

マデレイン・レングルによるSFファンタジー小説で、2003年にはディズニーによりTV映画化されたこともある原作を、キャストを一新して再映画化。メグマーリーは物理学者の父親アレックスと生物学者の母親ケイトを持つ学者一家の娘だった。ある日、物理学者の父は空間のもつれに関する研究を行っていた時に突如、行方不明となってしまう。この行方不明に対してメグはショックを受け、裏に何かがあるのではないかと考え始める。そしてメグは弟であり、人の考えていることを読む力を持つチャールズと友人のカルヴィンの3人で調査を開始する。そんな中メグたちの前に謎の女性ら3人が現れて別の惑星に飛ばしてしまう。

原題:A Wrinkle In Time / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2019年4月(DVDスルー) / タイム:109分 / プロダクション:Walt Disney Pictures / 配給: / 製作費:1億ドル / 興行収入:

A Wrinkle in Time Official US Trailer

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼『リンクル・イン・タイム』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
独創的な設定で観客を不思議な体験に誘うユニークなファンタジーはじゅうぶん満足できるでしょう。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを効果的に使えないか検討してみましょう。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるよりも早いです。パッケージディスクを手にしてしまった後に配信に気づくとガッカリしますし、苦労が水の泡。もっと最短で動画を見る手段を見逃すことにならないためにも注目です。

「無料」より安いものなし!
しかも、ビギナーにもラッキーです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

ダメなこと!
違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

配信しているのはコレ!
号泣必須な作品からハイテンションな作品までVODは感情をグラつかせます。見過ぎて眠れなくなっても知りません。一方で、VODのハードルを上昇させている難点として、複数社が乱立しているので適切なサービスを判断できないという困った状況になってチンプンカンプンになったりも。「リンクル・イン・タイム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「リンクル・イン・タイム」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。決済方法は自由に選択可能。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

邪魔な広告は無し!
他サイトでは嫌な思いをすることもあります。その点、フリムビ2は安心安全をモットーに、「リンクル・イン・タイム」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

『リンクル・イン・タイム』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『リンクル・イン・タイム』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:エバ・デュバーネイ(関連作品:『13th 憲法修正第13条』)
脚本:ジェニファー・リー
撮影:トビアス・シュリッスラー
音楽:ラミン・ジャワディ

★俳優
オプラ・ウィンフリー、リース・ウィザースプーン、ミンディ・カリング、ストーム・リード、ザック・ガリフィアナキス、クリス・パイン、ググ・バサ=ロー、マイケル・ペーニャ、リーヴァイ・ミラー、オプラ・ウィンフリー、ストーム・リード、アンドレ・ホランド

★『リンクル・イン・タイム』のREVIEW

IMDb RT Mt
4.2 40% 53
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? ??
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『リンクル・イン・タイム』の反応

●無料ホームシアター
原作そのものが日本ではあまりにも無名だし、ほとんど知名度はないに等しいため、さすがのディズニーでも日本公開はためらうのではないかと不安になってくる一作。中身もファンタジーというよりはSFで、肝心の物語もその解釈がかなり難しかったりと、安易な子ども向けとは思えない感じ。つまり、コアなSFファンが手を出すぐらいの一品なのです。こういうSFが好きな人は、ぜひ鑑賞を検討して、チェックしてみるのも良いと思います。
●Mコメンテーター 
国際児童文学賞全集の一巻にあった作品で、原作を読んだ人はあまりいないでしょう。原作の時点で邦題はいかにもファンタジーアドベンチャーのような雰囲気を醸し出していますが、そうはなっていません。原題は「時間にしわを寄せる」といった意味なので、時空間に皺を寄せて一瞬に移動するいわゆる「ワープ」を指していると思えばいいでしょう。今のディズニーもこんな挑戦的な題材を選ぶのは、ただのネタ切れなのかもしれませんが。
●OPENLOAD
ロー・ファンタジーな世界観で、何も考えず楽しめる子どもは問題ないかもしれませんが、よくある大作ファンタジーエンターテインメントを期待する大人は少し注意がいるかも。美麗な映像による幻想的もしくは不気味な世界の表現も面白いけど、大人の見どころはキャストかな。個人的にはクリス・パインとマイケル・ペーニャに出会えて良かったです。物語の中にあるメッセージは前向きだし、リッチな映画ではあるので、無価値ではないのだけど。