現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

ホスタイルズ / Hostiles

クリスチャン・ベイル、伝説の陸軍大尉を熱演

スコット・クーパー監督とクリスチャン・ベイルが『ファーナス 訣別の朝』に続いて手を組んだ、伝説の陸軍大尉を描く西部劇のクライムドラマ。1892年。伝説の陸軍大尉と呼ばれた男が、死に瀕したシャイアン族の酋長とその家族を、部族の所有地まで護衛して送り届ける。ニューメキシコにある隔離された軍の前哨地点からモンタナの大草原まで悲惨で危険な旅をする間、かつての敵同士は平原で家族を殺された若い未亡人と出会う。旅の途中で遭遇する過酷な状況や敵対するコマンチ族に打ち勝つため、彼らは共に力を合わせることはできるのか。

原題:Hostiles / 製作:アメリカ(2017年) / 日本未公開: / タイム:134分 / プロダクション:Waypoint Entertainment / 配給: / 製作費:3900万ドル / 興行収入:

HOSTILES Official Trailer (2017) Christian Bale Movie HD

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼『Hostiles』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の生き方を立場を越えて共有していくドラマはじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを使えないか検討してみましょう。ネット配信は大作ばかりではありませんし、劇場では大きく扱われなかったマイナー作品も存在しています。変わった作品を見つけるためにもちょっとした出会いに期待してこのサービスを使い始めるのも良いでしょう。試す価値ありです。

「無料」を見逃すな!
失望することはありません。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

ダメなこと!
違法サイトは使ってはいけません。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

使うべきはどれ?
GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。でも、少し注意です。「思い切って登録したけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないように充分に慎重に留意しけなければなりません。「Hostiles」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

試写も良いけど…
試写はマニアには狙い目の方法です。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。

お試し無料はいつまで?
お試し期間はフル1か月か、月末か。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「クリスチャン・ベール」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

『Hostiles』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『Hostiles』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:スコット・クーパー(関連作品:『ブラック・スキャンダル』)
脚本:スコット・クーパー
撮影:マサノブ・タカヤナギ
音楽:マックス・リヒター

★俳優
クリスチャン・ベール、ロザムンド・パイク、ウェス・ステューディ、ジェシー・プレモンス、アダム・ビーチ、ロリー・コクレイン、ベン・フォスター

★『Hostiles』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.3 73% 65
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? ??
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『Hostiles』の反応

●無料ホームシアター 
クリスチャン・ベイルがちょっと俳優休業?を挟んでまたもや主演で復活。しかも、お相手はあのスコット・クーパー監督とくれば、盤石の布陣ではないか。以前もチームだったこともあり、全く心配はいりません。いつも思いますが、こういういろいろなものを背負った男の役が非常にベストフィットしており、やはり主役の顔です。時代を感じるファッションと口ひげがクールで、その映画でのビジュアルだけでもじゅうぶん惚れてしまいそうです。
●Cレポーター  
西部劇でしかも先住民族との協力関係を築いていく系のチーム映画でもあります。時代背景もあって重たいテーマであり、民族問題について考えさせられる濃い一作といえるでしょう。長きに渡る戦いの敵であるシャイア族のトップと手を取り合う必要性が生じ、自分の過去と決別し、未来に向かって前進する、実に西部劇らしい展開です。敵同士が協力しあっていくうちに男同士の信頼みたいなのが徐々に芽生えてくのは必見。ラストシーンは涙腺崩壊。
●OPENLOAD  
残酷描写が結構、容赦ないことになっていますので、好きな人は期待して、苦手な人は気を付けて鑑賞を。物語は2つの視点が大まかに言ってあるわけですが、人物描写量にすごく差があって、ネイティブアメリカンは中心となる族長でさえ圧倒的に少ないのはやむ無しか。登場人物として描かれているというか、主人公側を偏見から解放するための、あるいは主人公側で起きるドラマを印象的に盛り上げるための舞台装置といった風に見えるのは気のせいかな。